スマートフォンを使ってお店を検索しているお客様に、自分のお店を見つけてもらいたい。オーナーさんはきっとそう考えていると思います。

そんなとき効果的な「MEO対策」をご存知ですか?

例えば、旅先で「蕎麦屋」を探すとします。「蕎麦屋」とGoogleの検索窓に入力すれば、今いる場所に近いお店の候補をスマホの画面上に出してくれますよね。

これは、実はGoogleマップが勝手に表示している情報ではありません。お店のオーナーが管理している店舗情報をGoogleマップが表示させているのです。店舗情報をしっかりと管理し、正しい情報を掲載させることが、集客につながる「MEO対策」です。

スマートフォン検索で集客できているお店がやっている「MEO対策」。具体的にはどんなものなのでしょうか。

店舗を経営しているならやっておくべき「MEO対策」とは?

MEOとは、Map Engine Optimizationの略称で、日本語で言うと「マップエンジン最適化」です。主にGoogleマップ検索において店舗情報をウェブ上で最適化し、検索上位に表示させる対策を「MEO対策」といいます。

Googleマップに表示される店舗などの情報は、Googleが提供している「Googleマイビジネス」の情報が元になっています。それ以外にもGoogleが独自でインターネット上に存在するあらゆる情報の中から店舗や施設・企業情報を見つけて、その情報をもとにGoogleマップ上に自動的に表示させているのです。

Googleマップ上の店舗情報は間違っていることも……

ただし、掲載されているものが誤った店舗情報になっているケースも多くあります。なぜなら、Googleは店舗オーナーに掲載されている情報が正確かどうかをいちいち確認するわけではないからです。

「Googleが独自に表示させている」というのはこのことを意味します。元にしたウェブ上の情報が古いものであったり、間違って発信されていたりする場合は、店舗情報も誤ったまま掲載されてしまいます。

MEO対策って実際に何をするの?

スマホを使ってお店を探しているときの自分を想像してみてください。マップに出てくる情報に電話番号があれば、その場ですぐに予約や問い合わせができます。住所があれば、現在地から店舗までの経路もマップですぐに確認できて、とても助かりますよね。

画像で店舗内の様子や提供されている商品・メニュー・サービスを掲載しておけば、外観からはわからない店内の雰囲気や様子を知ることもできます。営業時間も正確に載せておけば安心して店舗に行くことができます。

これらの情報をGoogle マップに正しく掲載するためには、実際何をすればいいのでしょうか?

Googleマイビジネスを使って店舗情報を登録する

意外に思われるかもしれませんが、マップ上の店舗情報元になっている「Googleマイビジネス」は無料で利用できます。

Googleマップの店舗情報を見てみると「このビジネスオーナーですか?」と表示されていることがあります。これは、現状掲載されている情報が、オーナーからの提供ではないことを意味しています。Googleがウェブ上で拾ってきた情報か、もしくはオーナーではない利用者などが提供した情報であることが推測できます。

MEO対策としてやるべきことは、オーナーがGoogleマイビジネスのアカウントを取得し、「Googleマイビジネス」に正確な店舗情報を登録したり、不足している情報を追加することです。

まずはGoogleマイビジネスのページへいってみましょう。そこに掲載されている登録手順を踏んで、Googleに店舗オーナーとしての承認申請をおこないます。承認されるとオーナー自身で「Googleマイビジネス」への登録が可能になります。

MEO対策は効率よく行い、集客につなげよう

スマホがこれだけ普及している現在、MEO対策は集客手段として欠かせないものになっています。適切なMEO対策をしていけば、時間はかかっても着実に集客につなげることができると考えられています。

さらに、MEO対策はGoogleマップ(Googleマイビジネス)だけではなく、FacebookなどのSNSや旅行に関する口コミサイトTripAdvisorなどをはじめ、海外の検索エンジンにも有効です。

これらを一元管理できる「BIGLOBEマップ管理」のような便利なツールもあります。今後ますますお店を繁盛させていきたいという方は、ぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

BIGLOBE店舗マップ管理