少し前までは、ネットショップを開くのは一苦労でした。誰かに頼まなければ自分でホームページを作る必要がありましたし、通販のシステムや取引の方法も考えなければなりません。

しかし近年は、ネットショップを開設できるサービスが続々と登場。店舗経営者はもちろん、個人でも簡単にネットショップで商品を販売できるようになりました。サービスの選択肢が増えたことで、逆に「どれを選べばいいんだろう…」と迷ってしまっている人もいるかもしれません。

本記事ではそんなサービスの中から、2つのネットショップ開業サービスを紹介。この手のサービスの中でも特に便利な「予約販売」の機能を取り上げつつ、どのように開業すればいいのかを簡単にまとめました。

「BASE」ってどんなサービス?

BASEは、誰でも無料でネットショップを作れるサービス。メールアドレスとパスワード、そしてショップURLを決めて登録するだけで、あっという間にネットショップを開くことができます。

BASEの魅力は、なんと言ってもその手軽さ。

すぐに開業でき、パソコンの操作に慣れていない人でもネットショップを運営できます。特別な知識や技術はまったく必要なく、サイトデザインもテンプレートを選ぶだけ。商品登録も簡単な操作でできます。面倒な手続きなくクレジットカード決済を導入できる点も魅力ですね。

手軽だからと言って機能が少ないわけではなく、「BASE Apps」という独自の拡張機能が存在。商品検索やカテゴリ管理、デジタルコンテンツ販売や数量制限などの設定ができ、多種多様な機能を取り揃えています。売上管理やSEO対策、HTML編集などの高度な設定も可能。

BASEで予約販売をするには

そんなBASEの機能のひとつに、「予約販売」があります。

これは文字通り、入荷前の新商品を先行販売できる機能。受注生産・販売にも対応しています。この機能を導入すれば、商品ページや購入履歴で発送予定日が表示されるため、お客様からのお問い合わせの軽減につながります。

さらに発送開始日になると、メールやダッシュボードでその旨をお知らせ。自分たちで逐一連絡することなく、お客様にスムーズに商品をお届けできる格好です。設定も簡単で、商品を選んで発送予定日を入力するだけ。初めてネットショップを運営する人でも安心して使える機能です。

オリジナルグッズを販売できる「SUZURI」

さらにお手軽なサービスとしては、SUZURIもおすすめです。

こちらはなんと、1枚の画像をアップロードするだけで、オリジナルグッズを作成できるサービス。新規ユーザー登録をして、使いたい画像をアップロードして、最後にグッズの種類を選択。ただそれだけで、自分だけのオリジナルグッズを作り、そのまま販売までできるのです。

このサービスを可能にしているのが、完全受注生産の仕組み。画像を元にしたオリジナルグッズはすぐに作られるわけではなく、注文が入ると必要な個数だけ生産され、購入者のところへ送られます。しかもその際、クリエイターは発注や梱包の作業を一切行う必要はありません。生産から販売まで、すべてサービス側で行ってくれます。

作れるグッズは、Tシャツ、スマホケース、トートバッグ、マグカップなどなど。Tシャツもシンプルなものに限らず、フルグラフィックTシャツなどの選択肢もあり、他にはパーカーやスウェットも作成可能。日用品や文房具など、作れるグッズの種類は驚くほどに豊富です。

グッズ作成・販売に際しては初期費用も一切かからず、受注生産なので赤字リスクもゼロ。在庫を抱える必要もないため、何の心配もなく手軽にグッズを出品できます。

受注生産にはデメリットも

ただし、受注生産ゆえ商品の発送に時間がかかるほか、グッズの単価も割高に。致し方ない部分ではありますが、強いてデメリットを挙げるとすれば、このようなところになるでしょうか。

とはいえ、画像1枚で簡単にネットショップを開設できるのは大きな魅力。反応次第では、より本格的なグッズ制作&ネットショップ運営に取り組むきっかけにもなります。イラストレーターさんやデザイナーさんは、一度試してみてはいかがでしょうか。

初めてのネットショップにはおすすめ!

ここでは「BASE」と「SUZUR」を紹介しましたが、ネットショップを開設できるサービスは他にも数多くあります。販売する商品のジャンルによっては別のサービスを使ったほうがいいかもしれませんし、まずはそれぞれのサービスを比較検討してみてください。

ただ、初めてネットショップを開設する人や知識がなくて不安な人には、本記事で挙げた2つのサービスがおすすめです。まずは手軽に、低リスクで始められる、これらのサービスから挑戦してみてはいかがでしょうか。

※本記事内の情報は2019年12月10日現在のものです。