現代はインターネットが当たり前のように使われており、店舗を選ぶ際も「まずはホームページで情報をチェックしてから」というユーザ行動が多くなっています。

これは逆に言うと、ホームページがない、というだけで信頼性を失いかねない可能性があるということです。ホームページにしっかりと情報を掲載することがユーザの安心感や信頼感につながり集客に結びつくのです。しかし、ホームページを作ったことがない方は、「自分にできるか不安」「何から手をつけてよいか分からない」ということも多いでしょう。そのような方のために、ここでは誰でも簡単にできるホームページの作り方を解説していきます。

ホームページ制作は必要なの?

ホームページの制作方法の解説の前に、そもそもホームページがなぜ必要なのかを見ていきましょう。ホームページがなくても、すぐに店舗の業績が悪くなる、法令に違反する、というわけではありません。それでもホームページが必要とされるのは、店舗にとって最も重要な「集客力」に大きな差がつくからです。

先述したように、ホームページで情報をチェックしてから来店する、というユーザ行動が一般化しています。裏返して言えば、ホームページがない場合、ホームページがあれば来店してくれたであろう顧客をロスしてしまうことを意味しています。また、継続的な宣伝効果がなくなってしまう、というデメリットがあります。チラシ等は一過性の販促ツールです。しかし、ホームページは基本的に一度制作すればインターネット上に残ります。更新やSEO対策といった取り組みは必要となりますが、持続的な宣伝効果が得られる媒体なのです。

現在は、どの業界でも競争相手がまったくいないということはほぼあり得ません。集客力を落とさないためにホームページを制作しておきましょう。

ホームページ制作にはどんな方法があるの?

ホームページの制作方法を大別すると、以下の2通りになります

制作会社等に依頼する

まず、制作会社やクラウドソーシング等を利用して外注する方法があります。これは最も手っ取り早く、プロに任せるため品質も一定担保されます。プロと相談しながら安心して制作を進めることができ、完成してからも不明な点を確認できる相手がいるので心強いでしょう。

しかし、制作を外注すると、大きなコストが発生します。ホームページは重要ですが、ホームページ以外に予算を使うことができなくなってはビジネス効率が良いとは言えません。ホームページは作って終わりではなく、定期的な更新が必要となるため、初期投資だけでなく運用コストもかかります。

また、制作会社はホームページ制作のプロですが、依頼者の業界のプロではありません。制作者によってスキルに差があることもあります。そういったことが原因ででき上がりがイメージしていたものとはかけ離れてしまった場合でも、費用は発生してしまいます。

自分で作成する

一方で、自分で作成する方法もあります。この方法の何よりのメリットは、費用を安く抑えられることです。ホームページ制作で浮いたお金を別の業務に割り当てることができます。また、ホームページは定期的に更新して情報鮮度を保つことが重要ですが、自分で制作しておけば、いつでも自由に更新が可能です。小規模な店舗でホームページに専用の人員を配置できない場合、交代で更新するなどの工夫で対応できるでしょう。

しかし、自分で制作する場合にもデメリットがあります。ゼロからホームページを作ろうとすると、制作に多くの手間と時間がかかることです。ホームページを制作するには、デザインの知識だけでなく、サーバをどこで設置するか、ドメインをどうするか、どのようにプログラミングしていくか、といった高度な専門知識も必要です。本業をこなしながら、このような専門知識を取得してホームページを制作するのは大変な労力を要します。

ホームページ制作ツールを使おう!

外注する場合にも自分で制作する場合にも、それぞれデメリットがありました。それでは、外注する予算もなく、自分で制作するために専門知識を習得する労力も割くことができない場合には、ホームページの制作をあきらめなければならないのでしょうか。結論から言うと、決してそのようなことはありません。

自分で制作する方法のひとつに、ホームページ制作ツールを活用するというやり方があります。ホームページの制作ツールとは、HTMLやCSSといった専門知識がなくても、テンプレートを選んで文字を入力するだけのシンプル操作でホームページが作れるセミカスタマイズの制作ツールです。自分で制作するときのメリットである費用負担の軽減、いつでも更新可能といったメリットを保持しつつ、制作にかかる労力を大幅に軽減できます。創業したばかりで予算がない、本業が忙しくホームページ制作にあまり時間をかけられない、といった方におすすめです。

Feather cloudはこんなに便利!

手軽にホームページが作れるホームページ制作ツールもさまざまなものがリリースされています。おすすめはテンプレートの数が多い、ビッグローブの「Feather cloud」。

制作ツールを利用する場合にネックとなることのひとつが、デザインテンプレートの枚数です。テンプレートが少ないと、「どこかで見たぞ」というデザインになりかねません。また、デザインは自店舗のイメージに合うことが大前提なので、数が少ないとぴったりのものが見つかりにくくなります。Feather cloudには豊富なテンプレートが用意してあり、その数は200以上。カスタマイズも可能なので自分らしいデザインにすることができます。

店舗経営の場合、特に外出先(スマホ)からの検索に対応する必要があります。Feather cloudでは、スマホの普及に対応して、スマホ用のサイトも簡単操作で作成できます。

マップやSNSとの連携も可能なので、ユーザが外出先で地図サービスの検索をした際に、地図上で上位表示させて来店を促進させる、といった集客活動にも取り組むことができます。このようなWeb集客活動は、ホームページを作ってから個別に取り組むこともできますが、管理負担が増えるとミスを起こす原因になりかねません。その点、Feather cloudなら一元管理が可能なので便利です。

また、制作する時間がないという方には「初期制作代行」サービスがあります。このサービスを利用すれば、ホームページに関する自社の業務は基本的に更新作業だけになるので、別業務に時間を確保できます。オプションなので通常料金よりも高くなりますが、制作会社等に外注することに比べれば、ぐんと金額を落とすことができます。

そのほか、ホームページの制作を超えて、創業・開店の相談サービスもあります。店舗運営のお手伝いを専門として各種サービスを開発してきた経験から、各種お悩みに対応しています。

Feather cloudは、初期費用無料、月額は2,000円(税別)からと低価格で始められるので、ぜひ一度検討してみてください。

※独自ドメイン(オリジナルのURL)を利用する場合、別途月額290円(税別)が必要です。

早く、簡単に優れたホームページを作る

ホームページは現代の集客活動に不可欠のツールと言っていいでしょう。しかし、多額の予算を費やして別業務に投資ができなくなる、自分で制作するために専門知識の勉強に多大な労力を使う、というのは経営効率を悪くしてしまいます。簡単で自分のお店にあったデザインのホームページが作れるサービスを活用して、インターネットからの集客に力をいれてみてはいかがでしょうか。

※本記事内の情報は2020年1月9日現在のものです。

Feather cloud