今やすっかりおなじみのアプリとなった、「Instagram」。

初期の頃は「流行に敏感な若い女性向けのアプリ」というイメージもありましたが、2017年には「インスタ映え」が流行語大賞を獲得。アプリやSNSに詳しくない人も大勢使うようになり、多くの企業が自社商品やサービス等の宣伝に活用しています。

本記事では、Instagramを活用した集客例をご紹介します。

中には「今更使い始めても……」と考えている人もいらっしゃるかもしれませんが、SNSを始めるのに遅いということはありません。むしろさまざまな手法が出揃っている今こそ、効果的に活用するチャンスです。

業種を問わず実践できる方法をまとめていますので、よろしければ参考にしてみてください。

① 新商品を投稿する

基本中の基本ですが、「新商品」の投稿です。手に取れる「商品」を販売しているお店でしたら、新発売の商品をInstagramに投稿し、お客様に紹介しましょう。

ただし「写真を撮って投稿する」だけでは、なかなか興味を引くことはできません。他にも多くの「映える」写真が並んでいるInstagramでは、それなりに見栄えのいい写真を投稿しなければ、一瞬でスルーされてしまいます。

インスタ映えする写真を撮るのはもちろん重要ですが、ここでは具体的な撮影技術については取り上げません。むしろ同じくらい大切なポイントである、「ハッシュタグ」の存在について改めて指摘したく思います。

「#カメラ女子」「#インスタ映え」「#写真好きな人と繋がりたい」「#おしゃれカフェ」「#fashion」といったハッシュタグの使い方は、Instagramにおいて大切なポイント。多くのユーザーは、自分が気になる話題や商品についてハッシュタグで検索しているため、検索結果に表示されなければそもそも見てもらえません。

自分のお店の商品を表すハッシュタグはどれで、どのようなハッシュタグを付ければ見てもらえるのか――。これはジャンルにもよりますので、自ら研究して学ぶ必要があります。悩んだら、ライバル店や有名店の投稿を参考にしてみるといいでしょう。

② お役立ち情報や豆知識を投稿する

とにかく「映える」写真が人気というイメージが強いInstagramですが、「いいね!」を集める写真のすべてが、きれいでおしゃれというわけではありません。

その一例として挙げられるのが、ノウハウ系の投稿。知ってて得するお役立ち情報や豆知識など、ノウハウやハウツーをテーマにした画像は、Instagramでも注目されやすい傾向にあります。

たとえば、ファッションコーディネートや、髪型のセットの仕方、小顔に見せる化粧のテクニックに、ニキビ対策など。ファッションやエステの分野はInstagramと相性が良く、商品ではなくあえてノウハウに特化したアカウントもあるほどです。

食品や飲食店の場合は、料理の時短テクニックや、旬の食材を使った簡単レシピ、マイナー調味料にまつわる豆知識や、ドリンクと相性の良いフードの紹介など、取り扱う商品やサービスのジャンルによって、切り口はさまざまです。

ノウハウの紹介であれば、「映え」を気にすることなくお客様の興味を引けるケースもあります。もちろん画像を準備する手間はかかりますし、あまり詳しく説明しすぎてもスルーされかねませんので、程よい情報量を意識するようにしましょう。

③ 割引やプレゼントのキャンペーンを展開する

短期的に集客効果を狙うのでしたら、キャンペーン展開がオススメ。

「お店のInstagramアカウントをフォローしてくださった方は1割引」「専用ハッシュタグでツイートしてくれた人の中から、抽選で限定商品をプレゼント」といった形で、アカウントの影響力を高めつつ、宣伝効果も狙うといいでしょう。

特にハッシュタグを使ったキャンペーンは、思わぬ形で広がるケースもあります。

たとえば「専用ハッシュタグを付けて写真を投稿してもらう」形のキャンペーンで、写真が上手なユーザーによる投稿が話題になり、それを真似して他のユーザーも次々に投稿。ハッシュタグ自体が話題になり、関連する商品やお店も注目され、認知度アップにつながる――なんてことがあるかもしれません。

また、Instagramの特性を生かして、「フォトコンテスト」形式のキャンペーンを打つのもいいですね。直接的な購買や集客にはつながらなくても、キャンペーンが盛り上がれば、ある程度の宣伝効果が見込めます。しかも「ユーザーが自然と宣伝してくれる」ことになりますので、広告費をかけることなく集客につなげられます。

このように、ユーザーも巻き込む形でのキャンペーンは成果も出やすく、小規模から始められるのでおすすめです。気になる方は、既存の事例を調べてみてください。

④ お客様との交流に使う

最後に、Instagramをお客様との交流手段として用いる方法です。

必ずしも全部のコメントに返信する必要はありませんが、せっかくお客様と直にコミュニケーションができるSNSにおいて、まったく交流しないというのももったいないですよね。

お客様も親近感を抱いてくれるでしょうし、その様子を見て、興味を持ったユーザーが書き込んでくれるかもしれません。わざわざコメントしてくれるくらいですから、コアなファンか、そうでなくても、興味を持ってくださっているのは間違いないはずです。

ただし、フォロワーが増えれば、やがてネガティブな意見やクレームが付くこともあるかもしれません。誹謗中傷は粛々と対応するのみですが、クレームや意見については、なるべく真摯に答えることをおすすめします。納得いただくのが一番ですし、それがお客様の満足度にもつながります。

何より、お客様の率直な感想はありがたいもの。具体的な要望やクレームは今後の経営にも役立てられますので、丁寧に向き合っていきたいところです。

まとめ

以上、Instagramを用いた集客方法をご紹介しました。

ここで取り上げた手法は、あくまでも基本的な考え方に過ぎません。扱う商品のジャンルや目的によって運営方針は変わってきますし、他のSNSを利用する選択肢もあります。

また、②の項目でもご紹介したように、Instagramでは必ずしも「映える」写真が求められているわけではありません。何事も使い方次第ですので、まずは一度使ってみることをおすすめします。方向性に悩んだら、先行事例や競合の手法を参考にしてもいいでしょう。

今や若い女性のみならず、幅広い世代のユーザーが利用しているInstagram。写真に特化した特徴的なこのSNSは、うまく使いこなせばきっとお店のファン獲得につながるはずです。あれこれと試行錯誤しつつ、ぜひ楽しみながら使ってみてください。