「LINE公式アカウント」は、企業や店舗がLINE上にアカウントを作り、友だちとして登録したユーザーにさまざまな情報を届けられるサービスです。月1,000通までなら無料でメッセージを送ることができます。

この記事では、LINE公式アカウントの登録手順と、基本的な機能を紹介したいと思います。

LINE公式アカウントの登録手順

LINE公式アカウントの登録手順について説明していきます。

1.「認証済みアカウントを開設」を選択

PCもしくはスマートフォンで、「LINE公式アカウントの開設」にアクセスしてください。

※この記事ではPCでの登録方法を説明していきます。

すると、以下のような画面が出てきますので、「認証済みアカウント」か「未承認アカウント」かを選んでください。

  • 認証済アカウントLINEの審査を通過したアカウント
  • 未認証アカウント:個人法人を問わず、審査なしで作成できるアカウント

どちらも無料で作成できるLINE公式アカウントではありますが、認証済みアカウントはアカウントバッジが付与されるほか、「LINEアプリ内で友だち検索ができるようになる」「請求書決済ができる」「販促用ポスターデータが無料で取得できる」など、いくつかのメリットがありますので、今回は「認証済みアカウントを開設する」を選択しました。

認証済アカウント・未認証アカウントの違いについては公式情報をご確認ください。

認証済みアカウントの審査については、下記を参考にしてください。

LINE公式アカウントの審査とは|認証済アカウント申請時の注意点

LINE公式アカウント作成

2.「アカウントを作成」を選択

次に、以下のような画面が表示されますので、「アカウント作成」を選択してください。

LINE公式アカウント作成

次の画面では、個人のLINEアカウントと連携させるか、メールアドレスでの登録かを選びます。どちらでも登録できますが、今回は「メールアドレスで登録」を選択しました。

LINE公式アカウント作成

3.登録画面へ進み、必要情報を登録

登録したメールアドレスに、以下のようなメールが届いたら、「登録画面に進む」をクリックします。

LINE公式アカウント作成

LINE公式アカウント作成

こちらで登録ボタンを押し、以下の画面が出てくるので「サービスに移動」をクリック。

LINE公式アカウント作成

登録に必要な情報をすべて入力して登録を完了させると、以下の画面が出てきますので、「LINE Official Account Managerへ」をクリックします。

 LINE公式アカウント作成

すると、以下のように管理画面にログインができるようになりました。

 LINE公式アカウント作成

ここまでの作業が、およそ5分で完了しました!

実際に利用するためには、以下の設定を完了すればOKです。

写真の画像などをあらかじめ用意しておくと、スムーズに設定ができますよ。

  • アカウント名
  • ステータス設定(アカウントの下に表示される一言メッセージ)
  • プロフィール画像
  • 背景画像
  • あいさつメッセージの設定
  • 応答メッセージの設定

では、LINE公式アカウントでは、具体的にどのような機能を使えるのか、紹介していきます。

LINE公式アカウントの基本機能

LINE公式アカウントの基本的な機能は以下の通りです。

  • メッセージ機能
  • LINEチャット
  • 自動応答機能/キーワード応答機能
  • リッチメッセージ/リッチビデオメッセージ
  • リッチメニュー
  • タイムライン投稿
  • ショップカード
  • クーポン・抽選 など

メッセージ機能

友だちとして追加してくれたユーザーに対して、メッセージを送ることができます。新商品の情報やキャンペーン情報など、ユーザーが興味のあるメッセージを送ると、集客につなげられます。

LINEチャット

ユーザーとチャットができる機能です。ユーザーから個別の問い合わせを受けたり、予約を受付けたりすることもできます。

自動応答機能/キーワード応答機能

ユーザーからメッセージを受け取った際に、あらかじめ登録した内容を自動で返信できる機能です。キーワード応答機能を使えば、あらかじめ登録した特定のキーワードに対して、自動返信することもできます。

リッチメッセージ/リッチビデオメッセージ

リッチメッセージを利用すると、画像やテキスト情報を1つの画像にまとめられるので、ユーザーにわかりやすく訴求できます。

リッチメニュー

トーク画面の下部に、大きく表示されるメニューです。メニューから外部サイトへアクセスしてもらったり、クーポンやショップカードへの誘導も可能です。

タイムライン投稿

トークでメッセージを配信するだけでなくタイムラインにも投稿ができます。LINE公式アカウントから投稿された情報は、友だちとして登録してくれたユーザーのタイムライン上に表示されます。友だちがその情報を「共有」することによって、LINE公式アカウントと友だちになっていないユーザーにも共有される可能性があります。その場合、LINE公式アカウントと友だちになっていないユーザーも閲覧可能です。

メッセージ配信とは違い、友だち数以上の認知拡大が期待できるといえます。

ショップカード

ショップカードを作成できる機能です。商品購入や来店などに応じてポイントをつけて、商品や割引券と交換することもできます。紙のショップカードを用意せずに、手軽にショップカードの運用ができます。

クーポン・抽選

LINE上で使用できるクーポン・抽選を作成できます。

LINE公式アカウントの登録はスピーディーにできる

今回紹介した機能は、LINE公式アカウントに登録すれば無料で利用できます。

登録自体もスピーディーにできますので、まずは登録してみて、あなたのお店やサービスに合う運用方法を考えてみてはいかがでしょうか?

※本記事内の情報は2020年2月28日現在のものです。