MEO対策とは、Googleマップなどの地図検索サービスで、自分の店舗情報を上位表示させる施策のことです。

昨今、お店の位置情報だけでなく、営業時間、メニュー、内装の写真などもGoogleマップで検索することができるため、お客さんを呼び込むための施策としてMEOが必要不可欠になってきています。

しかしこのMEO対策、うまくやっていくためには注意も必要なのです。

今回はMEO対策のメリットとデメリット、MEO対策をする際の注意点などを解説します。

MEO対策とは

MEO対策とは、Map Engine Optimizationの略称であり、「Googleマップなどの地図検索サービスで上位に表示されるための施策」です。とくにGoogleマップはスマートフォンにプリインストールされていることも多く、利用者も多いことから、集客向上を狙う人にとってアツいサービスになります。

MEO対策をしっかりしておくと、Googleの検索を使ってお店を探している人に、自社の店舗や位置情報、営業時間などを正しく伝えることができるうえ、検索する人の目的に合致していれば上位に表示されるため、より多くの人を自分の店舗に集客できるようになります。

MEO対策のメリット

このMEO対策に力を注ぐメリットには、以下のようなものがあります。

  • 検索結果で自店舗が目立ちやすくなる

    MEO対策を行うと、Google 検索の検索結果に企業や店舗の「地図と店舗名、企業名」が上位表示されるようになるので、自店舗が目立ちやすくなります。

    自店舗が目立ちやすくなると、検索したユーザの目に止まりやすくなり、店舗への訪問を増やすことにつながります。

  • 店舗訪問意欲の高いユーザに訴求できる

    MEO対策を行うと、その店舗が展開している「エリア+業種」で検索をしたユーザに訴求することもできます。

    「エリア+業種」で検索をしたユーザは、店舗訪問意欲が高いと考えられます。

    つまりMEO対策を行うと、店舗への訪問意欲が高いユーザに直接アプローチができるのです。

  • スマホユーザの集客に向いている

    スマホを使って「エリア+業種」でGoogle検索をすると、画面上にGoogle マップの検索結果が表示されます。

    スマホユーザの場合は、GoogleのWeb検索で表示されたマップから、Googleマップアプリへ移動できます。

    つまりはGoogleマップにアクセスしやすくなっており、電話や問い合わせ、予約などもマップ上で出来るので、MEO対策はスマホユーザの集客に向いていると言えるのです。

  • Googleマップの利用率向上に適している

    Googleマップは口コミサイトと同様、利用客が店舗レビューを載せたり、情報を確認したりすることができます。自分がいるエリアで、立ち寄れる飲食店を探す場合、あるいは近くの書店を探す場合など、出先で検索する人にとっては便利な情報ですので、利用者は増加していると考えられます。

    言い換えれば、「Googleマップを使った集客が効果的」だということです。

    今、MEO対策を行うことは、今後想定されるGoogle マップの利用人口拡大に対応することになるのです。

MEO対策のデメリット

MEO対策には店舗集客に効果的だというメリットがある半面、以下のようなデメリットも存在しています。

  • すぐに効果が出るわけではない

    MEO対策の効果が出るには、最低でも1~2カ月ほどの期間が必要です。

    そのため短期間、例えば今週の集客数を上げたいというような場合には、合わないことがあります。

    1~2カ月から1年ほどの長いスパンで見て、認知度を高め、集客をしていこうと考えている人には、MEO対策は効果的な集客方法と言えるでしょう。

  • 良い口コミが集まるとは限らない

    MEO対策を行ったとしても、お客さんから良い口コミがもらえるとは限りません。

    実店舗での体験を高めない限り、良い口コミが集まることはなく、一度ついた悪い評価を消すことも、基本的には不可能です。不満がある口コミ(満足度の星がひとつだけついたり、一言だけ不満が書かれているものなど)は、店側にとって不都合な場合でも消すことはできません。(例外として、Googleのポリシーに違反している口コミは削除の依頼ができます)

    繰り返しますが、このデメリットへの対策は、評価の低いレビューを上回るだけの高い評価を得られるように、実店舗でのサービスを向上して顧客満足度を改善する以外はありません。

MEO対策をする際の注意点

先に述べたようにMEO対策をするためには、Googleマイビジネスにログインしたあと、店舗名、会社名、住所、電話番号、業種、サービスメニューなどを登録する必要があります。

しかしその店舗情報登録時には、いくつか注意しておかなければならないポイントがあります。

MEO対策をする際の注意点は、以下のとおりです。

店名に“店舗名や会社名以外の情報”を含めない

店舗名を入力する欄には、“店舗名や会社名以外の情報”を含めてはいけません。

例えば、営業時間や最寄り駅からの距離、価格や特徴などを含めることは禁止されています。

Googleのガイドラインに違反してしまうと、Googleから店舗情報が削除されることもあるので必ず守りましょう。

店舗名や住所、電話番号の表記揺れを起こさない

Google マップの検索結果には、“その店舗や企業のビジネスがどれくらい話題になっているか”という要素も関係しています。

この“ビジネスが話題になっている店舗や企業”をGoogleが判断する材料は、店舗名や住所、電話番号です。

もしこの店舗名や住所、電話番号の表記が開示しているすべてのメディア(ホームページやブログはもちろん、顧客カードなども含め)で統一されていなければ、Googleが店舗を正確に認識できません。

Googleで上位表示するためには、店舗名や住所、電話番号の表記はチラシ、サイトなどすべてにおいて統一したものを使用するようにしましょう。

飲食店以外でもサービスメニューを入力する

飲食店以外でも、自店舗の商品やサービスメニューを明記すると店舗商品を魅力的に見せ、訪問率を向上させることができます。

また検索キーワードにも反応することなので、飲食店以外でも商品のカテゴリーを設定し、商品やサービスの説明を詳細に入力しておきましょう。

悪質なMEO対策事業者に気を付ける

MEO対策をするためには、Googleマイビジネスへの登録やGoogleマップへの店舗基本情報(店舗名、会社名、住所、電話番号、業種、サービスメニューなど)の登録が必要です。

このGoogleマイビジネスへの登録やGoogleマップへの店舗基本情報登録は、その店舗経営者が自分で行うことも可能ですが、業務が忙しい場合は、「MEO対策を事業者に外注してしまおう」と考えがちです。

しかしこの「MEO対策を事業者に外注する」ことに危険が存在していることも認識しておきましょう。

なぜなら、Googleマップの使用率向上を利用した、「スパム行為」や「ガイドライン違反」などを平然と行う悪質な事業者も存在しているからです。

仮にそういった悪質なMEO対策事業者が、スパム行為やGoogleのガイドライン違反をした場合は、ほかのユーザにとっての検索妨害になるだけではなく、表示順位が下げられたり、Googleから情報が抹消されたりする場合があります。

そうなるとその店舗にとって大きな痛手を受けるだけではなく、二度とGoogleを使った集客ができなくなってしまう可能性もあります。

「MEO対策を事業者に外注する」ことを検討する場合は、依頼する事業者を見極めることが重要です。

なるべく自分たちでMEO対策をする

先に述べたようにMEO対策事業者には、悪質な事業者が多く存在しています。

そういった悪質なMEO対策事業者は近年、飲食店、宿泊施設、美容院、病院、医院、弁護士などもターゲットとしており、口コミ偽装やステルスマーケティング、店舗情報欄への過剰掲載によってガイドラインに違反した行為を繰り返しています。

信頼できる事業者にお願いするか、時間をかけて店舗側が自分の手でMEO対策に取り組むようにしましょう。

MEO対策にオススメのツール

MEO対策には店舗情報の掲載や口コミへの対応などが大切です。

店舗情報を詳細に掲載しなければ、Webからの集客率は思うように向上しません。また、どんなに良い口コミが集まったとしても、適切な対応をしなければMEO対策的には不利です。

SNSも使って集客をしている場合は、複数のサイトを同時に管理しなければならないので、手間がかかります。そうした場合は、適切なツールの導入を検討しましょう。

例えば、「BIGLOBE店舗マップ管理」は、管理、運用の手間を省くことができます。

  • 店舗が見つかりやすくなり、店舗情報を管理しやすくなる

    店舗住所や電話番号が変わった場合でも、「BIGLOBE店舗マップ管理」に登録している各種情報を修正するだけで、提携先のサイトに登録された情報を一括で更新できます。

    正確な店舗情報を入力することは、訪問率を向上させるために必要なことですから、その手間が省けることはメリットだと言えるでしょう。

  • 口コミ対応が手軽に

    どんなに良い口コミが集まったとしても、うまく活用できなければ、リピーター率をより向上できるチャンスを手放すことになるかもしれません。

    「BIGLOBE店舗マップ管理」を利用すると、各種サイトでの口コミ管理がやりやすくなり、返信も簡単に行えます。店舗オーナーが掲載したい写真を選んで、店舗の売りとして載せることも可能です。このように「BIGLOBE店舗マップ管理」には、MEO対策に便利な機能が数多く備わっています。

    複数のサイトで店舗情報を掲載していて、それらを管理したい方も、ぜひ「BIGLOBE店舗マップ管理」を試してみてください。

まとめ

今回はMEO対策のメリットとデメリット、注意点について解説しました。

多くのGoogleのWeb検索結果にGoogleマップの情報が差し込まれるようになり、集客率を向上させるにはMEO対策が欠かせない状況です。ただMEO対策をするにもいくつかの注意点があることを認識していくことが重要です。MEO対策をしたことが逆に店舗や会社のイメージを損なうような結果になっては元も子もありません。

注意点を確認したうえで、MEO対策に使いやすいツールを選ぶこと、信頼できるMEO対策事業者に相談することなどを検討しながら、集客につながる施策を実施していきましょう。

※本記事内の情報は2020年1月30日現在のものです。

地図検索で集客アップ!「BIGLOBE店舗マップ管理」