TwitterやFacebookが広く普及した現在、SNSアカウントを運用しているお店は少なくありません。飲食店やアパレルショップはもちろん、美容院や雑貨店なども。最近はInstagramでお店の情報を発信するケースも多く見られるようになりました。

誰でも簡単にアカウントを作ることができ、手軽に運用できるSNSがある今、「お店のホームページ(WEBサイト)って必要なの?」と、疑問に思う人も多いのではないでしょうか。飲食店なら食べログを利用するという手もありますし、わざわざホームページを用意するのは手間でしかないようにも感じます。

実際のところ、ホームページは絶対に必要というわけではありません。ただ、「用意することで得られるメリットもある」というのも事実です。

ホームページを用意するメリット

image4.jpg
お店が発信する情報だから「信頼できる」

最近は、お店選びをする時に、お店のメニューや営業時間、評判などを事前にインターネットで調べる人が多いです。そのため、検索したときにお店のホームページがあることは、少なからずお客様の安心につながります。

インターネット上には様々な情報があふれていますが、ほかならぬサービスを提供しているお店が公開する情報なので、お客様の信頼度も高くなります。

他のお店との違い(お店の個性)を伝えられる

お店の雰囲気や看板メニュー、店主のこだわり、などをホームページに掲載することで、お客様に「このお店に行こう!」と思ってもらえるきっかけ作りができます。

幅広くいろんな人にお店のことを知ってもらえる

お店の情報を発信するなら、SNSでもいいんじゃない?という考え方もあります。そのとおりではあるのですが、誰もがSNSで情報を集めているとは限りません。

SNSはほとんど使わず、情報収集は常にGoogleやYahoo!検索。公式サイトの情報を確認するのがほとんどで、個人のブログや口コミは目に入ったら参考にする程度──。そのような人たちの存在は、今も少数派とは言い切れません。

そういった人たちにも店舗情報にたどり着いてもらうためには、やはりホームページは有効な手段だと言えます。

ホームページを用意するデメリット

ホームページの作成と管理

まず、大前提としてホームページを作成する必要があります。

また、ホームページを作成して終わりではなく、営業時間やメニューの変更などあれば、ページを更新していく必要があります。

作成や運用のコスト

ホームページは無料で作成・維持管理できるものもあれば、有料のものもあります。有料の場合、ホームページ作成と運用のコストがかかります。

ホームページ制作にはどんな手段がある?

いざ「ホームページを作ろう!」と決めたとしても、困った問題が出てきます。ホームページ制作やウェブデザインの知識のない個人は、どのようにホームページを作ればいいのでしょうか。

方法はいくつかあります。

①ホームページ制作を依頼する

image5.jpg

最も確実なのは、ホームページ制作に詳しい人に依頼する方法ですね。知り合いに詳しい人がいればお願いしてもいいですし、ホームページ制作会社に依頼するという手もあります。

ただ、制作会社に依頼するとなると、当然ながら相応の予算が必要になります。安価で済ませようとするなら、『ココナラ』などのサービスで個人に依頼するのもありですね。

ココナラでは、過去の実績から品質や納期などの高い基準を満たしている人たちに「PRO認定」というラベル付けがされています。相手のことをよく知らない個人に依頼するのは、ちょっと不安という方は、依頼の際にぜひ参考にしてみてください。

② 自分で作る

image2.jpg

とにかく安く済ませたい、クオリティはそこまで重視しないというのでしたら、自分で作ってしまうのもひとつの手。

デザインやHTMLの知識も不要、直感的な操作で簡単にホームページを作れるサービスが複数あります。基本無料で利用できるサービスもあるので、「とりあえず形だけでも作っておきたい」という人にはおすすめですね。

カスタマイズ性の高いホームページ作成サービスを使えば、自分でサイトをデザインすることも可能です。

若干の知識が必要になりますが、調べながら取り組めば不可能ではありません。わからないことはネット上で調べつつ、自分のホームページを作ったという人も多くいます。

慣れてきたら、自分でドメインを取得して信頼性を高めたり、SEOを考慮したサイト作りをすることで、ホームページのクオリティを高めることも可能です。最低限の知識は必要になりますが、自由度の高いサイト作りができるのは間違いありません。詳しくは、また別の記事でご紹介しますね。

※ドメイン:ホームページのURLの一部。よく「住所」にたとえられます。無料のホームページ作成サービスではこれを独自に決められませんが、有料でドメインを取得すれば好きなURLを設定できます。

※SEO:Search Engine Optimization。「検索エンジン最適化」と呼ばれ、Googleなどの検索エンジンに自分のホームページを見つけてもらいやすくすることを指します。

ホームページをインターネット上の「拠点」にしよう

先ほどもふれたように、お店のホームページは必ずしも不可欠ではありません。

営業上の案内や最新の情報、新商品の紹介もSNSがあれば事足ります。さらには、お客さんの質問に答えたり、ちょっとしたコミュニケーションにだって使える。そう考えると、やはりSNSアカウントは持っておきたいところですよね。

しかし一方で、そのようなSNSは誰もが使っているとは限りません。TwitterはやっていてもInstagramをやっていないという人もいますし、その逆もまた然り。付け加えると、複数のSNSアカウントを取得し、すべてを同時に運用するのは困難でもあります。

そんなときに役立つのが、お店の情報を集約した「拠点」としてのホームページです。

基本的な店舗情報や営業案内はホームページ上に掲載し、SNSアカウントへのリンクも併記しておく。ホームページならば誰でも検索してアクセスできますし、ツイートやInstagramの写真も挿入して掲載できます。

理想的なのはSNSとあわせて使い分けることですね。たとえば、「店舗情報はホームページ」「新商品や季節のおすすめの案内はInstagram」「お店の様子やスタッフの呟きはTwitter」といったように。こうして役割分担すれば運用もしやすいですし、自身も楽しく投稿できるはずです。

ただし、これはかなり上級者の使い方なので、まずはできるところから無理なく始めましょう。

現実の実店舗へとお客さんを導くための、オンライン上の「拠点」。

文字どおりの「ホーム」としてのホームページの導入を、検討してみてはいかがでしょうか。