「メインバンク」という言葉。誰でも一度は聞いたことがあることばではないでしょうか。メインバンクは起業家・経営者にとって重要な存在です。メインバンクについてみていきましょう。

メインバンクとは?

メインバンクとは、会社として一番親密に付き合っている金融機関ということです。メインバンクについて、起業した当初はあまり深く考えていないかもしれませんが、会社が成長し、ステージが上がるに連れ考えるようになってきます。

メインバンクのメリット

メインバンクがあれば、経営についての課題やその解決方法について親身に相談に乗ってもらえます。中でも重要なのが、旺盛な資金ニーズへの対応です。例えば、日本政策金融公庫からの創業融資や、保証協会つきの制度融資を借りたあと、さらにプロパー融資(保証協会などの保証がつかない融資)を借りたいとき、まずはメインバンクを頼るというのが慣行となっています。

さらに、経営が苦しいとき、助けてくれるのがメインバンクだともいえます。会社にとって、欠かせない協力者といっても過言ではありません。

メインバンクのつくりかた

ある銀行をメインバンクだと思っていたのに、いざ聞いてみるとメインバンクという認識がなかったということはよくあります。これは金融機関により、また支店長・担当者によりメインバンクの考え方は様々で曖昧だからです。ではどのように付き合えばメインバンクと思ってもらえるのでしょうか。以下のような要素が関係してきます。

1.売上入金のうち、大部分の入金先にする

売上の入金のうちの大部分を入金先にしていれば、金融機関の多くはメインバンクという認識を持ってくれます。金融機関は口座の内容をいつでも確認できます。多額の売上入金が自行の口座に入るということは、金融機関にとって経営の実態をいち早く把握することができます。会社としては手の内を見せるようなものです。そこまで情報を開示してくれるのだったらメインバンクとして支えましょうと金融機関は考えます。

2.融資残高が一番ある

複数の金融機関から融資を受けるというのはよくあります。その中で一番融資残高が多い場合、メインバンクと思ってくれる可能性が高いです。

3.決済を多く行っている

金融機関にとって収入源は金利と手数料です。仕入代金や経費、給料など各種支払いで振込を行うと金融機関には手数料が入ります。手数料が多ければ金融機関の売上に貢献していることになるので、メインバンクだと考えてくれる場合もあります。

4.預金が多くある

金融機関は預かったお金を融資し、金利収入を得るビジネスです。預金を多く集めてくる必要があります。預金額が多いということは、金融ビジネスの根本を支えてくれていると同時に、いざというときに預金を押さえられるという考え方にも繋がります。いくらあったらいいかは金融機関により異なります。

これらを組み合わせる

どこまでやったらメインバンクと思ってもらえるかは金融機関により異なります。これらの取引を多く行うと、メインバンクに近づくことは間違いありません。金融機関の担当者とよくコミュニケーションをとり、好みを聞いてみるのが一番です。もちろん取引金融機関が1つしかなく、全ての取引を集中している場合は、その金融機関がメインバンクだと認識してくれることでしょう。

起業コンサルV-Spiritsグループでは起業コンサルタント(R)や税理士、中小企業診断士がいろいろな資金調達手段を検討し、多角度からアドバイスをすることが可能です。無料相談にいつでもお越しください。

税理士法人・社会保険労務士法人・行政書士法人・司法書士事務所V-Spirits