起業するための情報収集の中で、「よく聞くけど、実際のところよくわからない」、そんな用語ってありませんか?「信用保証協会」もそのひとつではないでしょうか。実は、この信用保証協会。起業家や中小企業にとって、非常に重要な組織なのです。起業して間もない方、起業の検討、準備を進める方など、ぜひご覧ください。

1.信用保証協会とは?

信用保証協会とは、信用力の低い中小企業や起業家の信用を補完する役割を持っています。例えば読者のみなさんでしたら、A社とB社どちらにお金を貸しますでしょうか。

A社 株式を上場しているグローバル企業
B社 これから事業を立ち上げる起業家

お金を貸したら返して貰わなければなりません。一般的に考えればA社を選ぶ人が多いのではないでしょうか。当然ですよね。A社は上場企業でグローバルに経営しており、貸したお金が返ってくる可能性が高いと考えるからです。A社はB社にくらべ実績があるため信用があると言えます。全ての金融機関がリスク回避を考え、A社にしか貸し出しなかったら、B社の経営は成り立たなくなってしまいます。

そこで信用保証協会という団体が、B社が借り入れする際の後ろ盾となります。万が一B社が返せなくなってしまっても、代わりに信用保証協会が金融機関に返済してくれるので、金融機関としては安心して貸し出すことができます。ちなみに信用保証協会の保証なく、金融機関が独自で貸し出すことをプロパー融資といいます。

01.jpg

2.どこにある?

信用保証協会は各都道府県にあります。市単位で信用保証協会を持つ自治体もあります。
例えば横浜市や川崎市です。横浜にある中小企業は、神奈川県信用保証協会と横浜市信用保証協会どちらも利用することができます。

3.手続きの流れ

一般的に金融機関経由で申込みます。金融機関に信用保証協会の申込書類があるので、そちらに記入します。金利補助や保証料減免が受けられる制度融資を使う場合は、自治体の斡旋書を合わせて提出します。

4.審査

お金を返済できなくなった場合、信用保証協会が金融機関に返済することになるので、保証協会が保証を行えるか審査します。保証協会の審査が通ると保証書が交付され、それをもって金融機関が融資を実行します。

5.保証料

信用保証協会に保証をして貰う場合は、保証料が必要です。原則融資実行時に保証料が差し引かれて入金されますが、分割で収めることも可能です。

いかがでしたか?信用力がまだまだ足りない起業家や中小企業にとって、どれほどありがたい存在か、ご理解いただけたかと思います。融資の利用を検討する際には、思い出してみてください。

起業コンサルV-Spiritsグループでは起業コンサルタント(R)や税理士が、信用保証協会の創業融資も含めた資金調達手段を検討し、多角度からアドバイスをすることが可能です。無料相談にいつでもお越しください。

起業コンサルV-Spiritsグループ税理士法人・社会保険労務士法人・行政書士法人・司法書士事務所V-Spiritshttp://www.v-spirits.com/