年が明けて、新たな気持ちで起業という夢に向かっていこうと考えている方も多いのではないでしょうか。起業の夢を叶えるためには、ビジネスアイデアをまとめて、「これで行こう!」と確信できる状態にまで持って行かなければなりません。そこで、今回は、ビジネスアイデアを決定するまでの方法について書きたいと思います。

(1)起業分野の選択

たくさんの方から起業相談を受けていますが、相談段階で起業家自身がやりたいことがはっきりと決まっていない場合や迷っている場合もあります。その場合、「まずやってみてください」とアドバイスすることがあります。それは、
① 自分が人生で実現したいこと
② 自分ができること(得意なこと)
③ 社会が求めていること
の3つが重なっているゾーンを見つけることです。

そして、そのビジネスが数字的なアプローチからみても成り立ちそうかもどうかも検証してみましょう。

01.jpg

point!
3つのポイントを言いかえると、「何のために起業したいのか?」「今までの人生で何をしてきて何が得意なのか?」「世の中で求められているのはどんな商品・サービスか?」です。これらが1つでもズレていれば、うまくいきません。

(2)ターゲット客層、商品・サービス、エリアなどを絞る

次により具体的にビジネスの内容を絞っていきます。どのような商品・サービスを、どのようなターゲット客層に、どのような分野、エリア、立地で、どのようなデザイン、雰囲気で、どのような価格帯で提供するのか。一緒にじっくりと検討しながら仮説を立てていきましょう。

point!
ここがブレたままだと全体的にブレた魅力のないビジネスとなってしまいます。起業したばかりの会社が、先行する大企業に対抗するには、とにかく強み一点に「絞り込む」ことです。お金、マンパワー、ブランド力など、全てが弱いのが起業初期段階。あれもこれもと「面」で展開するのは無理なことです。得意分野に絞り、ターゲット顧客層に「点」で刺さるようなビジネスモデルへとブラッシュアップしていきましょう。

(3)ターゲット客層の具体的な悩み、ニーズを探る

仮説を立てることができたら、ターゲット客層に直接ヒアリングをしてみます。日頃の悩みやニーズ、この商品・サービスが魅力的なものかどうか、買うとしたらいくらなら買うか、どこを改良したら買うかなどを聞いてみましょう。

point!
起業家自身が自分の商品・サービスに惚れ込みすぎていることも多々あります。この過程を経ることにより、客観的にもう一度見つめ直し、出発前に軌道修正していくことが可能となります。ただし起業家の親しい友人などに聞くのは避けましょう。お世辞を言われてしまい、参考にならないばかりか、判断を誤る可能性があるからです。

いかがでしたでしょうか。ビジネスアイデアの決定についての基本中の基本の記事を書いてみました。起業のネタを考えるときの参考にしてみてくださいね。

起業コンサルV-Spiritsグループでは起業コンサルタント(R)が、ビジネスアイデや事業計画書について、多角度からのアドバイスをすることが可能です。ぜひ無料相談にお越しください。

起業コンサルV-Spiritsグループ
税理士法人・社会保険労務士法人・行政書士法人・司法書士事務所V-Spirits
http://www.v-spirits.com/