今回は「職場定着支援助成金」についてお話しします。せっかく苦労して採用してもすぐやめてしまう、そんな事業者のために用意されたのが職場定着支援助成金です。さまざまな施策を行って、従業員の職場への定着を図ろうとする事業者に対して助成が行われます。

1.助成金の概要

まずは、この助成金の概要を把握しましょう。2の助成内容の種類と例をご覧ください。このような離職の防止につながる施策を実施し、1年間の離職率を表の目標値を上回るほど低下させた場合、60万円が支給されます。

対象事業所における
雇用保険一般被保険者の人数区分
1~9人 10~29人 30~99人 100~299人 300人以上
低下させる離職率
(目標値)
15% 10% 7% 5% 3%

2.助成内容と受給額

種類 支給額
評価・処遇制度 ・評価・処遇制度の導入
・昇進・昇格基準の導入
・賃金制度(退職金制度・賞与を含む)の導入
・各手当制度(通勤手当・住居手当・転居手当(異動手当)・家族手当・単身赴任手当・役職手当など)の導入
10万円
研修制度 新入社員研修、管理職研修、幹部職員研修、新任担当者研修、マーケティング技能研修、 特殊技能研修 などの研修制度の導入 10万円
健康づくり制度 ・人間ドック 労働安全衛生法に定める定期健康診断を含み、かつ、次の項目のいずれか1つ以上の項目を含む健康診断(胃がん検診・子宮がん検診・肺がん検診・乳がん検診・大腸がん検診・歯周疾患検診・骨粗鬆症検診)などの導入 10万円
メンター制度 通常の労働者に対するキャリア形成上の課題および職場における問題の解決を支援するためのメンタリングの措置の導入 10万円

人材の定着に頭を悩ませる会社は数多くあります。助成金をうまく活用しながら、離職率を低下させられるなら、会社にとってこれほど良い話はありません。ただし、助成が受けられるとはいえ、制度導入には会社にとって一定のコストがかかります。どの制度を導入すれば自社の離職率を下げられるのかといったことも考えながら、導入する制度を選択しましょう。

いかがでしたでしょうか?
自社のケースではどうなのかなど、気になった方もいらっしゃるのではないでしょうか?
さらに詳細をお知りになりたい方は下記の無料相談に申込みください。

起業コンサルV-Spiritsグループでは、常駐の社会保険労務士がいろいろな助成金の可能性の診断、相談に応じております。無料相談にいつでもお越しください。

税理士法人・社会保険労務士法人・行政書士法人・司法書士事務所V-Spirits