スマホやタブレットが普及している現代では、地図サービスが欠かせないツールとなっています。例えば、近道を探す、ランチに行くお店を探す、など、地図サービスは生活に密着したサービスと言えます。

「MEO対策」とは、インターネット上の地図サービスやSNSで自社店舗の情報を正しく掲載し、お客様を呼び込むための方法です。利用者の多い地図サービスを活用して店舗の集客力を高めていくことができます。MEO対策に取り組んでいる店舗はまだ少なく、同じWeb施策であるSEO(検索エンジン最適化)と比べて競合が少ないことから効果で出やすい点も特徴です。ここでは、MEOによっていかに集客していくかを解説していきます。

MEO対策とは?

MEOとは、Map Engine Optimizationの略称で、「マップエンジン最適化」や「ローカルSEO」などとも呼ばれています。Googleで検索を行う際、掲載結果を上位に表示させるためにSEO対策を立てますが、MEO対策はGoogleマップを中心とした地図サービスにおいて検索結果を上位表示させるための手法です。

例えば、「渋谷+焼き肉」といったように検索したことはありませんか?外出先で食事をとれるお店を探したり、移動先の観光スポットを探したりなど、地図サービスを利用してさまざまなリサーチをしたことがあると思います。そういった検索が行われた際に自社店舗の情報を正しく表示させることで、ユーザーに選ばれやすくするのがMEO対策です。格安SIMの登場によりさらにスマホの普及率が高まっており、ユーザーが外出先で検索する機会もますます増えていくでしょう。検索機会が増えることは、MEO対策が集客に与える影響が大きくなることを意味するのです。

Googleマイビジネスとは?

インターネットの地図サービスにはさまざまなものがありますが、MEO対策で中心となるのはGoogleマップでしょう。このGoogleマップのMEO対策として有効なのがGoogleマイビジネスです。

Googleマイビジネスとは、GoogleマップやGoogle検索等にローカルビジネス情報を掲載することができる無料ツールです。主な特徴としては、「Google検索やGoogleマップ上に、店名、電話番号・住所などの店舗情報を掲載できる」、「外観・内観、取扱商品などの写真を掲載できる」、「口コミに返信できる」があります。無料で登録でき、管理も簡単なので積極的に活用していきましょう。

MEO対策に向いているのは、こんなお店!

MEO対策は、幅広い業種の店舗集客に役立つツールですが、より向いている店舗があります。基本的に、ローカル性のある店舗や緊急ニーズに応える店舗が特に相性の良い店舗となります。

  • 飲食店

    MEO対策が最も効果を発揮するのが飲食店と言えます。外出先や旅行先で近隣の飲食施設を検索する、というユーザー行動は一般化しています。しかしその割にMEO対策をとっている飲食店舗はまだ少なく、早めに対策をとることで集客チャンスが増えるでしょう。

  • 医療施設・ガソリンスタンド

    医療施設やガソリンスタンドは、通常はユーザーそれぞれに特定の場所があるものですが、MEO対策によって緊急ニーズを拾うことができます。緊急ニーズは数が少ないものの、しっかり拾っていけば中長期的には集客に差が出るでしょう。

  • 宿泊施設

    旅行や出張で現地のホテルを探す際にGoogleマップが利用されるケースが増えています。Googleマップには、宿泊したい人数でホテルを探すことができたり、予算別にホテルを検索できたりなど、旅行サイトと変わらぬ充実度があります。これから、ますますインバウンド客が伸びていくことが予想されており、宿泊施設のMEO対策は必須と言えるでしょう。

MEO対策のメリット

MEO対策を行うことで、さまざまなメリットがあります。

Googleのオーガニック検索でも上位表示されやすくなる

GoogleマップでMEO対策をとることで、マップ上で上位表示されやすくなると同時に、通常の検索でも上位表示されやすくなります。また、Google上で開示される情報は、ユーザーからの信頼性を高め、集客につながりやすいのもメリットです。

口コミを反映できる

現代の集客を決定づける大きな要素が口コミです。Googleマップでは口コミを反映させることができ、集客をあと押しします。

費用対効果が高い

同じWeb集客施策であるリスティング広告やSEOと比較して、費用対効果が高いのもメリットです。リスティング広告は、出稿会社が増えたことで掲載金額が高騰しています。SEOに関しても取り組み店舗が増えたことで、なかなか上位表示されにくくなりました。そのなかで、MEO対策は、まだまだ導入している店舗が少なく、比較的低コストで効果が出しやすい施策となっています。

MEO対策のやり方

現在、MEO対策の中心となっているのは、閲覧数の多いGoogleマップへの取り組みです。

まず、先述したGoogle マイビジネスへの登録が必要となります。店舗名称や住所、外観写真など、掲載できる情報はすべて掲載しましょう。掲載情報が少ないと逆に信頼を失うことになりかねないので注意が必要です。また、放置せず定期的に更新することで情報の鮮度を保つことも重要です。

次に、ユーザーと積極的にコミュニケーションを増やす努力をしていきましょう。MEOには口コミを反映できる機能が備わっているため、しっかり返信して関係を構築していくのがポイントです。口コミをしてくれた人への丁寧な対応は、顧客のロイヤルティを高めることになります。

最後に、ネット上の露出を増やすことです。MEOでは、知名度の高さが順位を決定するひとつの要素です。TwitterやFacebook、ブログ等で積極的に情報を発信していきましょう。

BIGLOBE店舗マップ管理を活用しよう

MEO対策は、Googleマップで上位表示をさせるのが王道ですが、それだけではありません。例えば、近年急増しているインバウンド需要を取り込むためには、外国人観光客がよく閲覧する地図サービスでMEO対策を立てる必要があります。

また、MEOをより効果的にするには、SNS等を通じて、定期的に情報を発信していく必要があります。しかし、さまざまな地図サービスへの対応や情報更新、口コミへの対応、各種SNSでの情報発信、といった業務を個別に管理していくのは大変です。

「BIGLOBE店舗マップ管理」は、Googleマップはもちろん、Facebook、Baidu Map(百度)、Instagram、Twitterなど20以上の地図・SNSに対応しており、一元管理ができ、管理負担を軽減することができます。中国人観光客がよく利用するBaidu Mapにも対応しているため、インバウンド対策にも活用可能です。また、集客に影響力のある口コミでは、複数の地図・SNSの口コミをまとめて表示できる機能を装備しており、返信しやすい便利な機能があります。

MEOで実店舗をメディア化しよう

スマホやタブレットの普及とともに、外出先でのローカル検索が検索スタイルのひとつとして定着しました。また、インバウンド客の増加はこれからも継続すると言われています。このような環境のなかで、地図上で自店舗を上位表示させるMEO対策は、集客に大きく貢献するでしょう。MEO対策で実店舗をメディア化して露出を拡大し、店舗集客力を高めていきましょう。

※本記事内の情報は2020年1月9日現在のものです。

BIGLOBE店舗マップ管理