自社のWebサイトを運用している企業にとって、避けて通れないキーワードのひとつに「SEO対策」があります。インターネット上での集客に欠かせないSEO対策ですが、あまり理解せずにWebサイトの運用をしている担当者もいるかもしれません。今回はそんなSEO対策について、SEO対策の意味から必要性、具体的な方法や成果を出すポイントなどをご紹介します。

SEOとは?

SEOはSearch Engine Optimizationの略で、日本語では「検索エンジン最適化」を意味します。

検索エンジンとは、Googleをはじめとした「インターネット上のサイトを検索できるシステム」のことで、多くの場合は「Google検索」を指します。最適化とは「検索結果においてできるだけ上位に表示されるように取り組むこと」です。つまりSEOとは、簡単にいうとGoogle検索で上位表示を目指す取り組みです。

上位であるほどアクセスが集まる

SEO対策は、多くの企業で行われている取り組みですが、そもそもなぜ上位表示を目指す必要があるのでしょうか。その答えは簡単で、「上位表示であるほどアクセスが集まりやすいから」に他なりません。

実際、インターネット検索で目的の情報を探す際、検索結果の一番目から順にクリックしてみるという方も多いのではないでしょうか。そしてよほど見つけにくい情報ではない限り、下の方までスクロールしたり、2ページ目以降を探したりすることは少ないでしょう。つまりそれだけ、検索結果の上位と下位ではアクセス数に大きな違いが出るということです。

SEO対策の必要性

企業がWebサイトを運用しているのは、広告・宣伝などの一環であることがほとんどです。つまり会社や商品のことをより多くの人に知ってもらい、売り上げにつなげるのが目的です。

例えばECサイトなら、インターネット上でモノを売るわけですから、現実でいえばリアル店舗に集客するようなものです。また、企業のホームページなら、会社の基本的な情報が載っているので、現実では会社見学に来てもらうようなものでしょう。いずれにしても、多くのお客さんに来てもらえなければあまり意味がありません。

アクセスを集めることが重要

したがって、企業のWebサイトにはできるだけ多くのアクセスを集める必要があります。そのための手段のひとつが、冒頭で解説したSEO対策です。

SEO対策の方法と成果を出すポイント

それでは、SEO対策の具体的な方法と成果を出すポイントについてご紹介しましょう。なお、ここで紹介する方法はあくまで一例です。

キーワードを盛り込む

検索エンジンは基本的に、知りたいキーワードをもとに検索結果を表示します。つまり検索されるサイトには、少なくともキーワードが入っている必要があります。また、キーワードと関連の深いワードが多く盛り込まれていれば、よりマッチしたサイトだと判断される可能性が高まるのです。

ただし、やみくもにキーワードを入れればよいというものではありません。文章の中に自然な形でキーワードを含ませることが大切です。

タイトルをひと工夫

ページのタイトルは、検索結果の画面で表示されるものです。そのためキーワードを含むことはもちろん、工夫が必要になります。例えば、タイトルをパッと見たときに「ここに探している情報がある」ということが分かれば、クリックしてもらいやすくなるでしょう。また、タイトルは長すぎても読みづらいので、1行(だいたい30字くらいまで)に収めるようにしてください。

コンテンツの質を上げる

SEOではコンテンツの質も重要です。例えば、日本語として正しい文章になっていることはもちろん、他のサイトにはないオリジナル性があれば差別化が図れ、SEOにおいても効果的です。

被リンクを増やす

被リンクとは、他サイトからの自社サイトへつながるハイパーリンクです。たくさんのサイトからリンクが貼られているということは、それだけ多くの人が必要としているサイトということですから、検索エンジンの評価も高くなるといわれています。

スマホからの視認性や操作性(モバイルファースト)

近年、特に重要になってきているSEO対策が「モバイルファースト」です。以前は、Webサイトを閲覧する場合、パソコンから見る人が多かったのですが、最近はスマホから見る人の方が多くなってきました。そのため、Googleが公式に「今後パソコンサイトではなく、スマホサイトを優先的にインデックスして、スマホサイトを基準に検索順位を決定する」と発表しています。

CMSを使う

手っ取り早くSEO対策がしたいという場合におすすめなのがCMS(content management system)です。

SEO対策は上述した方法以外にも、サイトの内部構造が複雑化しないようにしたり、リンク切れをなくしたりなど、たくさんの方法があります。ただ、そういったサイトの構築・管理に関わるところは、初心者にはなかなかハードルが高いものです。CMSにはSEO対策に便利な機能が多数盛り込まれており、初心者でも簡単に運営できるのです。

試行錯誤を繰り返して改善していく

SEO対策の方法をインターネットで検索すれば、情報はたくさん出てきます。しかし、それらを試したからといって、上位表示できるとは限りません。また、各サイトの状況はリアルタイムで変化していますので、上位表示を継続させるためには、試行錯誤を繰り返し、毎日のようにWebサイトをブラッシュアップしていく必要があります。

クラウド型CMSを導入するならPattern Style CMS