「Webサイトやブログのアクセスを増やしたい!」と考えたときに重要なのが、SEOです。SEOを理解しているか、していないかで、サイトへのアクセス数は大幅に変わります。この機会にぜひ、SEOについて理解を深めましょう。

SEOとは

SEOとは「検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)」の頭文字を取った略称です。

検索エンジンとは、Googleをはじめとしたインターネット上のサイトを検索できるシステムのことで、多くの場合はGoogle検索を指します。最適化とは、検索エンジンにあなたの作ったサイトを評価してもらえるよう、構成やコンテンツの内容を整えていく取り組みのことです。

検索エンジンによってサイトやコンテンツが高い評価を受けると、検索結果で上位に表示されるようになります。SEOとは、Google検索で上位表示を目指す取り組みのことなのです。

上位表示を目指すメリットとは

では、そもそもなぜ上位に表示されることを目指すのか、その理由をご存知でしょうか?それは、上位表示であるほどアクセスが集まりやすいから。実際に、インターネット検索で情報を探す際、検索結果の一番目から順にクリックする方が多いのではないでしょうか。そしてよほど見つけにくい情報ではない限り、下の方までスクロールしたり、2ページ目以降を探したりすることは少ないでしょう。つまりそれだけ、検索結果の上位と下位ではアクセス数に大きな違いが出るということです。

SEOの基本的な考え方

次に、SEO対策を行うにあたって理解しておきたい、基本的な考え方を解説します。

ユーザーファーストのコンテンツ

Googleは検索エンジンの開発にあたり、ユーザーを最優先すること(ユーザーファースト)を方針として掲げており、ユーザーにとって適切な検索結果を表示することを目指しています。

つまり、検索結果の上位に表示されるためには、ユーザーに価値を提供できるコンテンツである必要があります。ユーザーファーストのコンテンツを制作するにあたって、以下の点を意識しましょう。

  • ユーザーの検索意図に合ったコンテンツ内容であること
  • コンテンツ内容が充実していること
  • 独自性があること
  • 情報提供のスピード感
  • 情報の更新性があること(古い情報のまま掲載していないか) など

ユーザーにとって有益なサイトほど、高い評価を得る仕組みになっていますので、ユーザーの目線に立ったサイト・コンテンツを作れているか、を常に意識しましょう。

専門性や信頼性のあるコンテンツ

専門性や信頼性のあるコンテンツも評価のポイントとなります。この要素はE-A-Tと呼ばれ、以下の頭文字を取ったものです。

  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trustworthiness(信頼性)

つまり、誰がこのコンテンツ(記事)を書いたか、もしくは誰の監修、インタビュー等によって書かれたのか、が重要になります。特に専門性のあるコンテンツ(医療や法律など)については、それらの専門家に内容を確認するなどして、正しい情報を掲載することで信頼性のあるコンテンツを提供できるようにしましょう。

モバイルフレンドリーなサイト作り

世界的なスマホの普及に伴い、Googleはモバイルファーストインデックスを導入しました。モバイルファーストインデックスとは、Google検索エンジンにおいてスマホサイトを評価の主軸にするという方針のことです。

スマホでのサイトの使いやすさは、今やSEO対策において重要なポイントとなっています。スマホでの使いやすさの代表的な例としては、以下のようなものが挙げられます。

  • レスポンシブウェブデザイン(パソコン、スマホ、タブレットなど、ユーザーが使用するデバイスに合わせて最適なサイトデザインに変わる方法)
  • 見やすいフォントサイズ
  • タップしやすいボタン など

わかりやすいサイト構造

サイト内のカテゴリ分け、タグ分類などの階層が、ユーザーにとってわかりやすい構造になっていることも重要です。それは同時に検索エンジンのクローラーがクロールしやすいサイトでもあります。正しく、スムーズにクロールしてもらえるよう、複雑なサイト構造にならないように注意しましょう。

具体的なSEO対策

SEO対策の基本をお話したうえで、より具体的なSEO対策についてご説明します。

SEOキーワードの選定

SEO対策において、キーワードの選定は非常に重要です。

特に、ページタイトルはとても重要です。ここには必ずキーワードを入れるようにしてください。タイトルに入れるキーワードは、自分たちの狙いだけではなく、ユーザーのニーズや検索のボリュームを加味する必要があります。キーワードを重視するあまり、内容が分かりづらいタイトルにならないように注意する必要があります。

また、タイトルの文字数が多すぎると、Google側でタイトルが省略されることがあります。タイトルはシンプルに、30文字程度にしましょう。キーワードはタイトルの前半に入れると、SEO効果が高くなるとされています。

さらに、本文中の見出しなどにキーワードを入れることもSEO対策になります。ただし、不必要に多くのキーワードを入れすぎると評価が下がります。あくまでも、良質なコンテンツを提供することを第一に考えなくてはなりません。

meta descriptionタグと見出しタグの設定

meta description(メタディスクリプション)タグとは、ページの要約を伝えることができるタグです。検索結果に表示され、ユーザーがそのページにアクセスするかどうかを判断する材料になるため、一読してどのような内容なのかが簡潔かつ的確に記載されていることが大切です。文字数は120字ぐらいを目安に作成します。スマホの場合、50文字程度しか表示されないため注意しましょう。

見出しタグ(h1、h2、h3…)の設定も重要なSEO対策です。数字を飛ばさず、1、2、3…と順番に設定することで効果があります。タイトル同様に、キーワードを入れて、長すぎないようにすることがポイントです。

コンテンツの質を上げる

日本語として正しい文章になっている、リンクの遷移先が正しい、など基本的な部分がきちんとできていることが大切です。すでに公開しているコンテンツで情報が古くなっているものがあれば、情報を最新化しましょう。また、他のサイトにはないオリジナル性があると、SEOにおいても効果的です。

質の高いリンクを増やす

リンクはページを評価するうえで重要な要素の一つです。ただし、業者などを使って、低品質な外部リンクを増やすことは逆効果になるので注意しましょう。

リンクで重要なのは、Twitterなどで拡散された「自然発生したリンク」です。したがって、リンクを増やす際は機械的に増やすのではなく、質の高いリンクが増えるようにする必要があります。

モバイルユーザビリティやモバイルフレンドリーの対応

スマホでの操作性は、Googleの評価において非常に重要な要素です。チェックツールなどを活用して、自分のサイトに課題がないか、ある場合は対策を行いましょう。

サイトの表示速度を上げる

Googleは、表示速度の遅いページに対して評価が下がる仕組みを取り入れています。これはSpeed Updateと呼ばれ、モバイル検索でのページ速度を評価要因に含めるというものです。表示速度が遅いWebサイトは、ユーザーの離脱要因にもなりますので、早めに対策を行いましょう。

SEO対策で活用できるツール

最後に、SEO対策で活用できるツールについてご紹介します。キーワード選定ツールなどは、ユーザーニーズを捉えたコンテンツを制作するうえで役立ちます。

サジェスト機能

Googleの検索ボックスに文字を入れた際に、候補となるキーワードが表示されたり、キーワードの後にスペースを入れると、よく一緒に検索されている他のワードが表示されたりしますよね。これがサジェスト機能です。

特に、一緒に検索されている他のワードは相性の良いワードですので、コンテンツ制作の際に参考になります。制作者が自分のアイデアを広げるためにも効果的なツールです。

Google キーワードプランナー

サジェスト機能と使い方は同じですが、こちらは検索ボリュームまで把握できるツールです。狙いたいキーワードと関連の高いキーワードも見つけられます。そのキーワードの競合性も分かるので、コンテンツを制作する際の指標になります。

Google サーチコンソール

サイトの傾向を分析する際に便利なツールです。サイトに訪問したユーザーが、どのような検索ワードで到達したのか、ページの表示数やクリック率などが把握できます。

クローラーが読めなかったページや、Googleからペナルティを受けているかどうかが分かるので、最適なコンテンツを作るための更新や修正などにも役立ちます。

また、サイトマップの送信など、Googleに対してアクションを起こせるのも特徴です。

Google アナリティクス

こちらも同じく分析に役立つツールです。主にアクセス解析に使われます。ページビューや訪問者数など基本的なこと以外にも、どのような機器を用いて閲覧したのか、サイトに訪問したユーザーがどのような経路を辿ったのか、どれくらい滞在したのかなどのデータが把握できます。

Googleトレンド

キーワードの検索数の増減をグラフで見ることができ、トレンド調査に使えるツールです。急上昇ワードや国別・年代別のトレンドなどが分かります。時事的なコンテンツを制作する際などに効果を発揮します。

SEOの最新情報をチェックしよう!

Googleはユーザーにとってより価値のある最適なコンテンツを表示させるため、定期的にアルゴリズムを変えています。過去には効果的だった対策も今では逆効果というものもあるので、古い情報には注意し、常にアップデートしていかなければなりません。

SEOは、数あるマーケティング手法の中でも低コストで実施でき、効果の高いものです。また、運営ノウハウと良質なコンテンツが会社の資産になるという特徴があります。コツコツと地道に継続していきましょう。