新型コロナウイルス感染予防のため、公共交通機関を避け、自家用車や営業車で移動するケースが増えています。安全運転を心がけるのは当然ですが、気を付けなければならないのが、あおり運転や当て逃げといった悪質な事故やトラブルです。コロナ禍においては、自転車やバイクによる移動、フードデリバリーなども増え、それに伴うトラブルも増加しています。

そこで個人・法人を問わず、ぜひ導入をおすすめしたいのが「ドライブレコーダー」です。近年では、より便利で高性能な機種も発売されているため、新規購入はもちろん、この機会に乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか?

ドライブレコーダーの役割・メリットとは?

そもそもドライブレコーダー(通称ドラレコ)とは、運転中の映像および音声を記録する車載カメラのことです。その機能性から、近年では車のみならず、バイクや自転車で使用するケースも増加しています。

取り付けることで以下のようなメリットが得られます。

1. 交通事故の状況記録

交通事故が発生した際、運転中の記録を証拠として提出することができます。事故相手との言い分が食い違う場合や、目撃者がいない場合などは特に効果的です。映像によって、交通ルールを守って運転していたことが証明できれば、過失割合が減り、示談交渉もスムーズに進められます。

また、交通ルールを守っていたにも関わらず、誤認検挙によって反則切符を切られてしまうようなトラブルに対しても有効です。

2.あおり運転や当て逃げ、車上荒らし対策

近年ニュースでも目にする、あおり運転や幅寄せといった悪質ドライバーへの対策としても役立ちます。

製品によっては運転中以外でも、駐車している車外の様子を撮影することができるため、当て逃げや車上荒らし、いたずらなどにあった時の真相解明にも有効です。また、ドラレコを取り付けていることをステッカーなどで周知することで、悪質運転や犯罪行為への抑止力となるため、未然に被害を防ぐことにもつながります。

3.安全運転の意識向上

自身がどのような運転をしているのかも記録されるため、緊張感が生まれ、交通ルールや安全運転への意識を高めることができます。

また、運転中の映像を見返すことで、自分の運転の癖などを確認することも可能。ドラレコの企業導入が進む運送業者などでは、撮影された映像を元に運転教育を行うことで、事故率の低下に役立てています。

4.ドライブの思い出を残せる

もちろん、単純に楽しみとして映像を記録することも可能です。ドライブの風景や旅行中の車内の様子を思い出として残すことができます。

利用者の「付けていてよかった」エピソード

実際にドライブレコーダーを使っている人たちからの、「ドラレコを取り付けておいてよかった」という、さまざまな体験談を紹介します。まだ使ったことのない人は、「ドラレコさえ付けていれば……」とならないよう、早めに導入することをおすすめします。

事故の過失割合が有利に

青信号で右折しようとしたところ、対向車線から来た直進車の信号無視で事故に遭ってしまった。しかし、なんと先方は「青信号だった」の一点張り……。お互いの証言に食い違いが生じてしまったが、ドラレコの映像によりこちらの主張が認められ、過失割合を下げることができた。

当て逃げで泣き寝入りせずに済んだ

買い物を終えて駐車場に戻ってみると、当て逃げと思われる痕跡が。いつ被害に遭ったのかも分からず、目撃者もなさそうだったが、ドラレコの映像に当て逃げの瞬間と相手のナンバーが! 警察に見せたところ、無事、犯人逮捕につながり、泣き寝入りせずに済んだ。

無実が証明できた

運転中、確実に一時停止したにも関わらず、発進後、パトカーに一時停止違反で呼び止められた。説明をしても聞いてもらえず、危うく冤罪を被るところだったが、証拠としてドラレコの映像を提示。きちんと一時停止していたことが確認され、無実を証明できた。

法人ならではのドラレコ導入メリットも!

ドライブレコーダーは、個人で使用されるものばかりではありません。特に最近では、コロナ禍の影響もあって、社用車での移動や営業が増えている企業も多いでしょう。そうした背景の中で、注目を集めつつあるのが法人でのドライブレコーダー導入です。近年では、法人向けならではの機能を追加した製品も普及しつつあります。

そんな法人向けドラレコに期待できるメリットの一例としては、次のような導入エピソードが挙げられます。

事故から社員を素早く救助できた

通信機能があるため、事故発生時も速やかに救助や代車を手配できるようになった。ある交通事故では、社員であるドライバーが気絶してしまったが、事故発生の動画が管理者に送信されたため、すぐに助けに行くことができた。

業務効率が改善した

車の位置情報が分かるため、運行の遅延状況などが把握できるようになり、的確な車両配備が可能になった。緊急案件が発生した際も、近隣にいる社員が分かるため、迅速に対応できた。

また、走行情報の履歴が残るので、それらを集計することで、車両配備や走行ルートの無駄を改善。自動で運転日報も作成できるため、事務作業にかかる時間が短縮化し、1日あたりの営業件数も増えた。

業務の実態が把握できる

業務時間外にエンジンを入れると、リアルタイムで通知が来るため、運転者に勤務実態を注意できるようになった。業務外で社有車を利用していた社員も特定することができた。また、アイドリング時間も把握できるようになったため、営業マンのサボりがなくなった。

事故そのものが減った

社員による危険運転の動画が自動で送信されるため、それを基にドライバー各自の運転を分析。本人も気づいていない癖が明確になり、適確な安全運転指導ができるようになった。

また、運転評価がランキングで表示されるので、社内で公開したところ社員同士の意識が高まり、交通事故が激減。危険な運転による、苦情も入らなくなった。さらに、交通事故が減ったことにより、保険料も2割下がった。

ドライブレコーダーの選び方

個人・法人ともにさまざまなメリットのあるドライブレコーダーですが、各社多様な製品が発売されており、どれを選んでいいか分からない方も多いでしょう。

ここからは、ドライブレコーダーの機能を説明しつつ、最適な選び方をご説明します。

ポイント①録画方法

ドライブレコーダーの録画方法には、主に2つのタイプがあります。

1.常時録画タイプ

ひとつは「常時録画」で、車両の動作に関係なく、連続して映像を記録する方法です。一般的には、エンジンをかけると自動的に録画がスタート。録画可能時間は画質設定などによって異なりますが、エンジンを切るまでの間、常に最新の映像を記録することができます。

ただし容量の問題があり、一定時間をすぎると古いデータから順に上書きされてしまいます。肝心の映像データが消失してしまう可能性もあるので、注意しなければなりません。

2.イベント録画タイプ

「常時録画」の弱点を補うことができるのが、もうひとつの方法「イベント録画」です。「Gセンサー(加速度センサー)」というセンサーによって、衝突や急ブレーキといった車体への衝撃を検知。車に衝撃が加わった前後数十秒の映像を自動的に記録します。

国内主要メーカーであればほとんどの場合、これらの録画方法を組み合わせて使うことが可能です。製品によってはこれらに加え、録画ボタンなどを使って、好きなタイミングで映像記録ができる「任意録画」機能も搭載。撮り逃しを極力防げるよう工夫されています。

ポイント②カメラの性能

やはり大切なのが、カメラの性能です。

1.画像のクリアさ

まず事故やトラブルの証拠映像として使うためには、映像の鮮明さが重要です。できるだけ画素数の多い製品、フルハイビジョンに対応する200万画素以上の製品を選ぶようにしましょう。

製品によっては夜間やトンネルなどの暗い場所、逆光や明るい場所での映像に黒つぶれや白飛びが出る恐れがあります。これを防ぐためには、明暗差を補正する「HDR(High Dynamic Range)」や「WDR(Wide Dynamic Range)」、暗い所でも鮮明な映像を撮影できる「STARVIS」技術に対応した製品を選ぶといいでしょう。

また機種によっては、周波数の関係からLED信号機が映らない可能性もあるので、これについても注意してください。

2.撮影範囲の広さ

続いて気を付けたいのが、カメラの撮影範囲です。前方だけを撮影するタイプもありますが、あおり運転や当て逃げ対策を考えるのであれば、前後同時録画ができる2カメラ型を選ぶ必要があります。

また、カメラの「画角(視野角)」も重要です。場合によっては、肝心な箇所が写っていないというケースも。目安として、横の広さを表す「水平視野角」が100度以上、縦の広さを表す「垂直視野角」が60度以上の機種を選ぶといいでしょう。

また、360度全方向を録画できるタイプもあります。しかし、製品によっては画質が低下する恐れもあるので、製品選びの際は、やはり映像の鮮明さも併せて気を付けるようにしましょう。

ポイント③確実に証拠を残すための機能

この他、より確実に証拠を残すための機能が搭載されているかどうかも、注目すべきポイントです。

たとえば駐車中のトラブルに対応する「駐車録画機能」があれば、駐車中に車が受けた衝撃や、周囲を通った人の動きをドライブレコーダーが検知して、自動的に録画します。

事故発生時の位置や経路、速度などを記録する「GPS」や、衝撃を受けた際の「録画データ自動保存機能」、事故によって電源が絶たれることを防ぐための「バックアップ電源(スーパーキャパシタ)」などが搭載されている製品を選ぶと、より安心と言えるでしょう。

ポイント④通信機能の有無

こうして記録された映像は、通常SDカードに保存されます。しかし近年では、SIMカードを搭載した「通信型」のドラレコも普及しています。

通信接続を行うことにより、映像をSDカードのみならず、接続先のサーバーにも保存。より確実にデータを残せるのはもちろん、カードを取り出さずとも、サーバー上の映像記録を簡単に確認することができるようになっています。

法人向けには通信型ドライブレコーダーがおすすめ

ここまでドライブレコーダーの主な機能をご紹介してきましたが、法人向けにおすすめするのは通信型ドライブレコーダーです。

通信型ドライブレコーダーは、法人向けに特化した製品も販売されています。通信機能を利用することで、車両の現在地や稼働状況、走行ルートといった、さまざまな情報をリアルタイムで把握、解析することが可能。これらのデータを活用して、業務の効率化や安全管理を行う機能もあるので、社用車への導入におすすめです。

個人での購入であれば、機能だけでなく、価格との兼ね合いも考慮したいところ。数千円程度から4万円近くするものまで、多様な製品が販売されていますが、画質面などを考えると、最低でも7,000円以上の製品を選ぶと安心と言われています。ちなみに国内有名メーカーの製品の場合、最低クラスでも1万円前後、2万円あればかなりのハイスペック製品が手に入ります。

おすすめのドライブレコーダー

こうした点を踏まえ、おすすめの製品をご紹介いたします。

スモークガラスにも対応!Kenwood『DRV-MR450』

Kenwood『DRV-MR450』

業界トップクラスの明るさを誇る「F1.8明るいレンズ」を採用した、前後207万画素フルハイビジョン対応の2カメラドライブレコーダー。

フロントには水平122度、垂直63度(対角150度)の広視野角レンズを採用。リアカメラはスモークガラスにも対応し、後方の映像も明るく鮮明に記録。HDR機能搭載により激しい明暗差での白飛びや黒潰れを抑えるとともに、LED信号機にも対応。

また、衝撃を検知するGセンサーやGPSの他、最長24時間を誇る駐車監視録画機能も搭載。時間や場所を問わず、安定した録画を実現します。

全方位720度の撮影が可能!ユピテル『全天球ドライブレコーダー marumie Q-01』

ユピテル『全天球ドライブレコーダー marumie Q-01』

全方位720度(水平360度+垂直360度)の記録が可能なドライブレコーダー。

200万画素、HDR搭載により白とびや黒つぶれを抑え、鮮明な映像を記録。従来死角となっていた部分もしっかりと撮影できます。

駐車記録機能により、エンジンをオフにしても最大12時間の撮影が可能。GPS機能の他、Gセンサー搭載により衝撃を検知すると映像データを専用フォルダに自動保存し、事故映像の上書きを防ぎます。

360度&リアカメラで死角なし!コムテック『HDR360GW』

コムテック『HDR360GW』

最大340万画素の高画質360度(垂直240度)カメラに、水平136度、垂直70度(対角168度)のリアカメラを追加した、高性能ドライブレコーダー。HDRおよびWDR機能を搭載。LED信号機にも対応し、1台ではカバーしにくい後方の撮影もフルHD高画質のリアカメラでしっかり録画します。

最大12時間の駐車監視機能の他、スーパーキャパシタ充電、Gセンサー、GPSなどの機能を搭載。安定した映像記録が可能です。

AIによる運転アドバイスで事故リスクを軽減!エコモット『TMX-DM03』

エコモット『TMX-DM03』

法人向けにおすすめしたいのが、エコモット社の通信型ドライブレコーダー『パイオニア製高性能テレマティクス端末 TMX-DM03』です。

車内外を同時に撮影する2つのカメラ(200万画素、水平130度、垂直67度)によって、前方車両接近や中央線への片寄りなどを検出。さらにはドライバーの瞬きの間隔や頭部の位置、視線などから不注意がないか、運転中にリアルタイムでアラートを出してくれます。

また、クラウド上で実行される機械学習AIによって、事故リスクのある地形特性を分析。デバイスの位置情報と連動し、運転中のさまざまなシーンで事故の防止をサポートしてくれます。

QRコードリーダーが搭載されており、ドライバーの識別が可能。時期によって車両とドライバーが入れ替わる場合や、一台の車を複数人で使用する場合でも容易に管理することができます。

パイオニア製高性能ドライブレコーダー「TMX-DM03」

ドラレコ導入で業務効率もアップ!

このようにドライブレコーダーには、映像記録以外にも、さまざまな機能が備わっており、業務効率化などに役立てることが可能です。近年では、より高画質かつ高性能な製品が続々と登場しているので、新規導入はもちろん、最新機種への買い替えや乗り換えも検討してみてはいかがでしょうか?