WordやExcelもメールシステムも、場合によっては労務管理でさえ、最近はクラウドサービスを利用する企業が増えています。自社でさまざまなアプリケーションを持つより、プロが運用しているサービスを利用する方が確実で低コストだからです。Webサイト運用を効率化するCMS(コンテンツマネジメントシステム)も、当然その流れの中にあります。クラウド型CMSとはどういうもので、どのような観点で選べばよいのかを解説します。

CMSの種類

CMSはWebサイトの管理を効率化するもので、HTMLやCSSのような専門知識のないスタッフでもサイトの更新ができるというメリットから、多くの企業で導入が進んでいます。CMSは世界中にありますが、開発形態や提供形態の違いでグループ分けできます。

オープンソース型CMSと商用型CMS

開発形態では、オープンソース型商用型に分けられます。

オープンソースとは、プログラムソースが公開されていて、誰でも無料で利用・改編することができるツールです。一方、商用型とは、企業が開発したソフトウエアをライセンス料を支払って利用するものです。

ライセンス費用がかかることを理由に、無料のCMSを自社運用してリスクを抱えるよりも、有料CMSを使って運用委託した方が、長い目で見るとお得になることがよくあります。セキュリティの安全性を含め、トータルで見る必要があります。

商用型のメリット

  • 大規模サイトに対応している
  • 承認フローなど、企業として運用するために必要な機能を有していることが多い
  • ベンダーのサポートが受けられるため、わからないことが発生した時の解決が早く、安心できる
  • 不具合対応もベンダーに任せられ、教育コスト、調査コストが抑えられる
  • マニュアルやトレーニングが充実している

商用型のデメリット

  • ライセンス料がかかる

オープンソース型のメリット

  • 無料で使える
  • 無料のプラグイン(拡張機能)が豊富にある
  • 利用者が多いツールの場合、インターネット上にも多くの情報がある

オープンソース型のデメリット

  • 大規模サイトには耐えられず、CMSが動かなくなる(後に別の商用CMSに載せ替える必要がある場合も)
  • ソースコードが開示されているため、プラグインを含め、脆弱(ぜいじゃく)性を狙われるセキュリティリスクが高い
  • 開発者によるサポートがないので、トラブルが合った場合に自己解決するスキルが必要
  • アップデートや不具合対応は自己責任
  • 海外製の場合は日本語のドキュメントが不十分なことがある
  • 上記すべての運用対応コストを含めると、商用型CMSよりコストがかかることがよくある

パッケージ型CMSとクラウド型CMS

提供形態では、パッケージを自社サーバにインストールするパッケージ型と、インターネットを通じてCMSサービスを使うクラウド型に分けられます。

パッケージ型は、インターネットに接続しない環境での利用が可能です。一方でクラウド型は、インターネットを通じての利用となるため、セキュリティ対策が重要です。自社運用では不安がある場合は、セキュリティの考慮ができる事業者のCMSのサービスを選定するのがよいでしょう。

クラウド型CMSのメリット

冒頭で述べたように、最近はさまざまなアプリケーションがクラウドで提供されています。クラウドとは、事業者が運用しているシステムをインターネット経由でサービスとして利用するものです。企業にとっては、以下のようなメリットがあります。

(1)迅速に導入できる

自社でシステム構築する場合は、ハードウエアの調達やインストール作業などが必要で、使い始めるまでに時間がかかります。クラウドの場合は短期間で利用開始できます。

(2)メンテナンスやセキュリティ対策から解放される

ハードウェア・ソフトウェア・OSなどの管理やセキュリティ対策は事業者側の責任で行われるので、自社でセキュリティ情報の監視やメンテナンスを行う必要がありません。

(4)どこからでも利用できる

基本的に、インターネットにつながっていればどこからでも利用できます。クラウド型CMSは、リモートワークが日常となった今では必須といえるかもしれません。

クラウド型CMSの選び方

CMSを選定する時には、将来的なページ数を見込んでおくことが必要です。サイトのページ数が多くなってきたら、CMSの動作が著しく悪化して使いものにならなくなったという話はよく耳にします。そのため、最初から大規模企業サイトでも利用可能なCMSを選定しておくと安心です。

また、組織で運用する場合は、承認フローや権限管理、スケジュールなどの情報管理機能や、操作履歴管理、バージョン管理、リンクチェックなどのガバナンス機能といった、企業のWebサイト運用で求められる機能が搭載されているかどうか、も選ぶ時のポイントになります。導入前にしっかりと調べておく必要があります。

さらに、CMSサーバだけでなく、Webサーバのインフラ管理まで事業者が担ってくれるものもあります。一貫してサービスを任せることができると、不具合が発生した際も原因の所在が分かりやすくなるため安心です。

BIGLOBEが提供するCMSサービス

BIGLOBEが提供するPattern Style CMSは、Webrelease2をセキュリティ強化したサーバで提供するCMSです。大規模サイトに対応しており、企業用機能が充実しています。また、CMSサービスだけでなく、Webサーバの構築・運用保守サービスも行っており、ワンストップでサービスを利用できるのが特徴です。運用を快適にするCMS選びの候補として、ぜひご検討ください。

クラウド型CMSを導入するならPattern Style CMS