クラウドサービスの活用が広がり、システム構築の際にクラウド利用を第一に考える「クラウドファースト」に踏み切る企業も増えてきました。クラウドファーストの歴史的な背景やメリット、適したシステムなどを解説します。

クラウドファーストとは

クラウドファーストとは、企業や組織が情報システムの構築や移行の際に、クラウドサービスの採用を第一に検討する方針のことです。元々は2010年頃に米国で提唱されたコンセプトですが、数年後には日本にも入ってきました。とはいえ、保守的な体制を維持していることの多い日本の大企業では、なかなか採用が進まなかったのも事実です。「初めてのものはなんとなく怖い」というだけでなく、実際に情報漏洩などセキュリティ関連の事件もあり、大きく報道されたためです。

しかし、大量の個人情報が漏れたなどの事件は、じつは利用者側の設定ミスやパスワードの使い回しが原因という場合がほとんどです(それ以外では、クラウド事業者が倒産した場合などがあります)。つまり、正しく利用すれば、セキュリティ上のリスクは想像しているほど高くないと言えます。徐々に、リスクよりもメリットのほうが多いということが知られ始め、現在では大企業だけでなく、政府機関でもクラウドの採用が進んでいます。

『政府情報システムにおけるクラウドサービスの利用に係る基本方針』というガイドラインが内閣官房IT総合戦略室から出されており、そこにはクラウド・バイ・デフォルト原則、つまり各省庁の新たな情報システムは、クラウドファーストで検討・構築されることが記載されています。各省庁の縦割りそのままにシステムを構築すると無駄が多くなるので、共通基盤を利用すべきということです。

政府や自治体などには情報システムに詳しい専門家がいるわけではないので、自分たちで構築する方が危険ということもあります。

クラウドサービスの種類と違い

クラウドとは、ITインフラやアプリケーションなどのシステムを、自社で所有するのではなく、事業者が提供するものを利用するという考え方のことです。現在はカーシェアリングなど、IT以外でも「所有ではなく利用」のシェアリングエコノミーが普及していますが、企業内ではこの考え方が以前から浸透していました。

例えば、コピー機などはリースが一般的ですし、IT分野ではインターネット経由でアプリケーションを利用するASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)というものがありました。そもそも、自社でコンピュータを導入することが稀だった1960年代には、処理を計算センターに依頼していたものです。

IaaS/PaaS/SaaSの違い

インターネットが普及した現在では、事業者が提供するサービスの利用が容易に、リーズナブルになりました。クラウドサービスにはIaaS、PaaS、SaaSという3種類があります。それぞれどのようなものを指すか、簡単に紹介します。

IaaS(Infrastructure as a Service)

サーバーやストレージなどのハードウェアからネットワークインフラまでを、提供するインターネット上のサービスです。利用者側がハードウェアのスペックやOSを好きに選べる一方で、OS、ネットワーク、セキュリティ対策の知識が必要です。

PaaS(Platform as a Service)

アプリケーションを実行するためのプラットフォーム(ミドルウェア)を、インターネットを介して提供するサービスです。インフラ運用はすべて任せて、アプリケーション開発やコンテンツ企画に集中する場合に便利です。

SaaS(Software as a Service)

事業者側のサーバで稼働しているソフトウェア(主にアプリケーション)を、インターネット経由で機能として提供するサービスです。

 

これらはいずれもインターネット経由で利用するもので、提供される範囲は、IaaS<PaaS<SaaSの順に大きくなります。そして、利用者側の責任範囲は、IaaS>PaaS>SaaSの順に小さくなります。

クラウド活用におけるメリットとは?

クラウドサービスを利用することによって得られるメリットは、主に以下の5つです。

1.効率性の向上

ハードウェアリソースを多数の利用者でシェアするので、サービスを利用する一社当たりの費用負担が軽減されます。効率化という意味では、ハードウェアの購入代金だけでなく、設置スペースや消費電力など、すべての面で効率が良くなります。

2.セキュリティ水準の向上

提供事業者側で責任を持ってセキュリティ対策を行うので、自社に詳しい人がいなくてもセキュリティ水準が一定以上に保たれます。

3.技術革新への対応

サービス提供事業者側で常に新しい技術をキャッチアップして対応していくので、利用者側は気になるサービスを手軽に試すことができます。

4.柔軟性

リソースの追加や変更が容易なので、必要になったら拡張し、不要になったら削減するといった柔軟性が得られます。

5.可用性

サービス提供事業者側では、仮想化技術を使って常にサービスが稼働している状態を作っています。例えば、サーバメンテナンスなども、稼働中のアプリケーションを他のサーバに移動させてから再起動することができるなど、利用者にとってサービスが止まらない状況にできます。

さらに、災害でオフィスにダメージがあっても、クラウド事業者のサーバは遠隔地にあるのでシステムやデータは被害を受けません。

このようなクラウドの特徴から、例えば以下のようなシステムではクラウドの利用が適しています。

  • 利用者が増減するもの
  • テスト環境など期間限定で利用するもの
  • 重要なデータを含むなど、DR/BCP(災害対策/事業継続計画)が必要なもの

また、クラウドと呼ぶにふさわしいのはこれらのメリットがあるサービスに限りますが、「クラウド」と銘打つことがビジネス的に有利なことから、名前だけの「なんちゃってクラウド」も稀にあります。利用する際には、上記5つのメリットを得られるか、十分な実績があるか、などを確認しましょう。

CMSもクラウド型がトレンド

利用者が増減するシステムでは、クラウド利用が適していると書きましたが、アクセスするユーザー数の予測が難しいWebサイトのシステムも、これにあてはまります。SaaSという形で、さまざまなアプリケーションがクラウドサービスとして提供されるようになっていますが、Webサイトの運用を効率化するCMS(コンテンツマネジメントシステム)も例外ではありません。
※「CMSって何?」という方はこちらの記事をご参照ください。

Webサイトには、サイト内検索やWeb接客、マーケティングオートメーションなどさまざまな機能を追加することがあります。また、セキュリティ機能の強化を必要とするケースもあるでしょう。そういったさまざまな機能も、現在はクラウドサービスとして提供されており、クラウドCMSというWebプラットフォームを中心に、さまざまなサービス群を連携させて一つのWebサイトを構成するという考え方がトレンドになっています。

クラウド型CMSのメリット

この設計方法のメリットは、ビジネスの変化に合わせて柔軟に機能を拡張できる点にあります。最初からすべての機能を詰め込んだ一つのシステムとして構築しようとすると、開発に時間もコストもかかりますし、メンテナンスも大変になります。しかし、優先順位の高い機能からスタートさせれば、Webサイト構築がスピードアップして失敗も減ります。

Webサイトのリニューアルを行う場合にも、個別機能のサービスを連携させることで、リニューアルプロジェクトを段階的に進めることができます。さらに、サービスを組み合わせることで複雑な運用も可能になるので、Webサイトのプラットフォームとしてはクラウドの利用がおすすめです。

クラウドファーストでビジネスを加速させる

企業で情報システムの構築や移行の際に、クラウドサービスの利用を第一に検討するクラウドファーストが広がり始めています。特に、需要予測の難しいシステムではクラウド利用が適しています。その意味で、Webサイト関連はクラウドファーストがトレンドです。

クラウド型CMSを導入するならPattern Style CMS

セキュリティ強化で人気のクラウドサービス