Webサイトの構築や管理に便利なCMSの導入を検討する企業が増えています。CMSは静的CMSと動的CMSに分類でき、それぞれの特徴があるので、CMS導入の前にはぜひ両者の違いについて把握しておきましょう。今回はその静的CMSと動的CMSの違いや、選ぶ際のポイントについて解説します。

CMSとは

CMSとは、Content Management System(コンテンツ管理システム)の略で、Webサイトの管理が簡単にできるシステムのことです。従来、Webサイトの構築や管理にはHTMLやCSSなどの専門知識が必要でした。CMSを使えばこれらが自動的に作られるので、専門知識がなくてもWebサイトを扱えるようになります。

そして近年、Webサイトの重要性が高まるにつれ、企業は数多くのWebページやサイトを制作・管理する必要に迫られています。その結果、運用面での負担が大きな問題となっていました。CMSは複数のサイトを一元管理できるという特長もあり、Webサイトの管理・運用上の負担の軽減にも役立っています。

「静的CMS」と「動的CMS」の違い

CMSには、「静的CMS」と「動的CMS」の2種類があります。両者の違いは「HTMLが生成されるタイミング」です。

静的CMSは、事前にHTMLが作成されます。頻繁に更新しない団体や企業のホームページは、静的CMSが使われているケースが多いです。

これに対し動的CMSは、ユーザーのリクエストに応じて、HTMLが作成されて表示されます。検索機能を持つページ(物件サイトや求人サイトなど)や、ユーザーごとに表示される情報が異なるマイページ・会員専用ページなどには、動的CMSが使われます。

「静的CMS」と「動的CMS」の特徴

静的CMSと動的CMSの違いについてより詳しく知るために、それぞれの特徴を解説しましょう。

表示速度

表示速度は、すでに生成済みのHTMLを表示させるだけの静的CMSのほうが速くなります。毎回作り直すことになる動的CMSは、表示するまでに時間がかかります。つまり、性能面では静的CMSが有利です。

セキュリティ

動的CMSはシステム上、CMSが直接インターネットに接続されている構成となる場合が多くなります。また、動的CMSは内部構造がどうしても複雑化してしまうので、脆弱性が発生しやすい特性があります。

一方で、静的CMSはWebサーバーとCMSサーバーを切り分けられるので、セキュリティ面でより安全です。そのため官公庁や金融機関などの多くは静的CMSを導入しています。総合的に見て、セキュリティ面では、動的CMSより静的CMSのほうが堅牢だといえます。

サーバーダウン時の被害

サーバーにトラブルが発生した場合にも両者に違いが見られます。動的CMSは常にインターネットに接続されていなければいけないため、サーバーがダウンすれば当然Webサイトが表示できません。

一方、静的CMSではCMSサーバーとWebサーバーが分離独立しているため、CMSサーバーがダウンしても、Webサーバー側に問題がなければ、ページを表示させることができます。

企業サイトへのアクセスが不能になることで、企業イメージや顧客満足度が下がるリスクがあるので、影響を最小限に抑えることができる静的CMSに優位性があるといえるでしょう。

SEO効果

検索エンジンで上位表示を狙うSEOについては、内部構造がシンプルなほうが有利といわれています。また検索エンジンによるサイト評価の基準として、表示スピードが速いほうが優位といわれているので、動的CMSより静的CMSのほうがSEO効果は高いでしょう。

更新や拡張のしやすさ

静的CMSでは、ページの更新や拡張の際には再構築が必要なため、どうしても時間がかかります。一方、動的CMSではページの更新や拡張が比較的簡単です。

検索機能やマイページ機能

動的CMSの特徴は、検索機能やマイページ機能を持つページを実現できることにあります。静的CMSで同じようなページを作るのはとても難しいです。

CMSを導入する際のポイント

それでは最後に、CMSを導入する際のポイントについてまとめます。

目的や規模などに応じて選定する

静的CMSと動的CMSには、それぞれ得意・不得意があるということをお分かりいただけたと思います。そのため、Webサイトの目的、規模、予算、運営体制などを事前に考えておき、それらに応じて選定することが大切です。例えば、単に情報を載せるだけのページなら静的CMS、検索機能やマイページ機能を持たせたサイトを作るなら動的CMSがおすすめです。

セキュリティの高いものを選ぶ

情報漏えい・改ざんなど、サイバー攻撃による被害が増えつつある昨今。企業においては特にセキュリティの重要性が増しています。CMSはサイバー攻撃で狙われやすいため、CMSを選ぶ際にはセキュリティの高いものを優先し、経営課題に備えるべきでしょう。

CMS選びで失敗しないために

今回は静的CMSと動的CMSの違いについて解説しました。それぞれに得意・不得意がありますが、セキュリティの重要性が増している今日にあっては静的CMSを導入する企業が増えています。実際にCMSを選定する際にはさらに製品ごとに異なる特徴も考慮する必要があります。CMS選びで失敗しないためにも、事前にしっかりとシミュレーションを行ってください。

クラウド型CMSを導入するならPattern Style CMS