「自分のお店を持ちたい!」と思い立っても、リアル店舗を経営するには、家賃や光熱費など、固定費が多くかかります。自分のお店を持ちたい人には、まずネットショップがおすすめです!

今回は、ネットショップを開設する際に知っておきたい「ECモール」と「ショッピングカート」の違いについて解説していきます。

ECモールとショッピングカートとは?

ネットショップと一口に言っても、実は「ECモール」と「ショッピングカート」の大きく2つに分けることができます。商品を購入するユーザーにとってはあまり気になりませんが、サイト運営を考えているなら、この違いを押さえておく必要があります。

ECモール:商店街やショッピングモールに出店するようなもの

ECモールは、ネットショップのプラットフォームに自分のお店を出店するタイプです。たとえば、「Yahoo!ショッピング」や「楽天市場」が有名です。お店が集まったショッピングモールや商店街に、自分のお店を出店するイメージです。

ショッピングカート:自宅をお店に改装するようなもの

ショッピングカートは、独自ドメインのサイトなどでネット販売できるサイトを立ち上げる方法です。

ショッピングカートと一口にいっても、さらに大きく分けて2種類あります。1つは、大きな企業がよく利用する方法で、Webサイトからカートシステムまで0から開発する方法です。GMOペパボ株式会社が運営する「カラーミーショップ」などが有名です。

もう1つは、ASPを利用する方法です。ASPは、「アプリケーション・サービス・プロバイダ」の略で、すでに用意されているサーバー、Webサイト、カートシステムを利用する方法です。この方法なら、個人や小規模なお店でもすぐにネットショップを始められます。最近では初期費用や月額無料で利用できる「BASE」や「STORES」といったサービスが人気です。
※手数料は別途

この記事で紹介する「ショッピングカート」は主にこれらを指しています。

無料で始めるネットショップ 作成&運営&集客がぜんぶわかる!

ECモールとショッピングカートのメリット・デメリット

ECモールとショッピングカートでは、サービスの特性が異なります。この2つのメリットとデメリットを考えてみましょう。

ECモールのメリット

ECモールを利用する最大のメリットは集客力です。「Yahoo!ショッピング」や「楽天市場」など、あらかじめ知名度のあるプラットフォームには、買い物を目的としたユーザーが集まっています。検索サイトから自分のショップにアクセスさせるより、プラットフォーム内で検索をしてもらったほうが、集客しやすいという魅力があります。

ECモールのデメリット

デメリットとして、出店料などの経費がショッピングカートに比べて高いことがあります。月額の利用料だけではなく、販売手数料、出品手数料、システム手数料などの名目でコストがかかります。資金力のない小規模のお店にとっては、参入しにくいかもしれません。

加えて、ECモールでメリットにもデメリットにもなりうる存在が、購入者のレビューです。もちろん自社の商品がお客さんに認められ、高評価がつけば、商品の売上にいい影響を与えます。逆に、低評価やクレーム的なレビューがつけば、売上が減るだけでなくお店の信用問題にかかわります。ECモールではレビュー対策も必要だと言えるでしょう。

ショッピングカートのメリット

ショッピングカートを利用すれば、独自ドメインのWebサイト(自社HP)にショッピング機能をつけることが可能です。そのため、ECモールのようなプラットフォームはありません。自分たちのWebサイトなので、デザインや機能面など、ショップ運営の自由度が高いのが特徴です。自社のブランドイメージや世界観をネットショップに反映させることが可能です。

コスト面では一般的に、ECモールに比べて安く抑えることができます。ASPのショッピングカートなら比較的手軽にネットショップをはじめることができると言えるでしょう。基本の利用料は無料、販売手数料のみで使えるサービスもあります。ハンドメイドの個人販売など、小規模な出店に適していると言えそうです。

ショッピングカートのデメリット

デメリットは集客力です。自分のネットショップにお客さんを誘導できなければ、お店の存在を知られることはありません。検索で上位表示されるためのSEO対策や、SNSを活用したマーケティングは必須だと言えるでしょう。ECモールと比較すると、特に集客に力を入れる必要があります。

公式本 こうやれば簡単に売れる! BASE 120%活用術ネットショップ開業から集客・販売の方法まで

人気ネットショップの比較例

最後に、ECモールやショッピングカートの有名サービスをご紹介します。さまざなサービスが増えてきたので、多くの選択肢があるのはユーザーにとって嬉しいことです。
提供しているサービスの種類や、販売規模など、自分のスタイルにあったサービスを選ぶようにしましょう。

初期費用が抑えられる!Yahoo!ショッピング(ECモール)

Yahoo!が運営するECモールとして有名なYahoo!ショッピング。知名度の高いECモールですが、料金体系が特徴的です。初期費用や月額の固定料金がなく、売上に対するロイヤリティもありません。

お店の運営コストとしてかかるのは、商品購入者につくポイントやアフィリエイト報酬の費用です。開店直後で売り上げが少ないときは、コストを抑えられます。
※アフィリエイトとは、インターネットの「成果報酬型の広告」のことです。お店や企業などは、成功報酬型広告を配信するアフィリエイト・サービス・プロバイダ(ASP)を通してアフィリエイト広告を出稿します。消費者がアフィリエイト広告をクリックし、広告出稿主の定めた成果条件を満たした場合、サイトの運営者に報酬が支払われる仕組みです。

初期費用 無料
月額費用 無料
特徴 商品購入者につくポイント分の原資・アフィリエイト報酬をお店が負担する

会員1億人!集客力が魅力の楽天市場(ECモール)

日本のECモールの草分け的存在である楽天市場。楽天会員は1億人を突破しており、圧倒的な集客力が最大のメリットです。銀行、携帯電話、クレジットカードなど、楽天経済圏と呼ばれる系列サービスが充実し、そこで貯まったポイントで買い物をする人が多くいます。

また、ECコンサルタントがお店のパートナーとして、ネットショップならではの戦略を提案。アクセス数や売上データに基づいた分析で、お店の経営を強力にバックアップしてくれるなど、お店を繁盛させるための手厚いサポートも魅力の一つです。

初期費用 179,400円※1〜
月額費用 月額19,500円※2〜
特徴 高い集客力と手厚いサポート体制

※金額は税別
※1「ライトプラン」(契約期間3ヶ月)の場合。月額出店料39,800円×3ヶ月分+初期登録費用60,000円
※2「がんばれ!プラン」の場合

出店数120万ショップ突破!BASE(ショッピングカート)

出店数が120万ショップを突破したショッピングカート、BASE。ショップを開設するときに、初期費用や月額費用はかかりません。商品が売れたときの決済手数料や、サービス利用料(注文ごとに3%)が主なコストです。その他、売上金の振込を申請する際に手数料がかかります。

BASEは、SNSからショップへの流入をサポートする機能が充実しています。Instagram、Twitter、FacebookなどのSNSから、どれだけお客さんが流れてきたか分析が可能。注文の平均単価、売上金額、注文数、閲覧数などの重要データは自動集計され、お店の経営状態を一目で把握できます。

初期費用 無料
月額費用 無料
特徴 120万ショップ突破の開設実績

ネットショップ運営 攻略大全

多機能で選べて嬉しい!STORES(ショッピングカート)

さまざまな決済手段や多機能に定評のあるSTORES。クレジットカード、コンビニ決済、翌月後払いなど、豊富な決済手段が利用可能です。STORESで出店にかかるコストは、基本的に「決済手数料」「振込手数料」の2つ。加えて、ショップ機能を充実させるための月額プランも用意されており、ショップへのアクセス解析や、代引き支払いの機能を追加できます。

STORESの特徴は、便利な機能を使った幅広い販売戦略です。予約販売や定期販売など、お客さんのニーズに合わせた販売方法を選択できます。購入履歴や問い合わせ内容を記録できるので、きめ細かい顧客管理が可能です。

オンライン上の電子チケットも発行できるので、ライブ、勉強会、セミナーなど、イベントの決済にネットショップを利用できます。

初期費用 無料
月額費用 0円〜
特徴 予約販売、定期販売、電子チケットなど、豊富な便利機能

 

BASE(ベイス)やStores.jp(ストアーズ)で、ネットショップを無料でサクサク作成して、がっつり儲ける作成と運営の方法!

ネットで自分のお店を持とう!

ECモール、ショッピングカートにかかわらず、ネットショップは比較的簡単に開設できます。目的や用途に合わせて自分に適した出店方法を模索しましょう。迷っているなら、無料で利用できるサービスをとりあえず使ってみるのもおすすめです!

※掲載情報は2020/12/15時点

おうちネットショップ®