ワイヤレス防犯カメラを防犯対策に使っている店舗が増えてきました。少人数で運営している店舗では、店内はともかく、屋外にまで目が届かないこともあるはず。その目を補ってくれるのがワイヤレス防犯カメラです。

今回は小規模な店舗を経営している方に向けて、ワイヤレス防犯カメラの概要やメリット・デメリット、導入する場所と目的、選ぶ際のポイントなどをご紹介します。

ワイヤレス防犯カメラとは

ワイヤレス防犯カメラとは、録画した映像を保存するレコーダーを接続しておらず、撮影したデータをWi-Fiやインターネット回線で送信する防犯カメラです。撮影した映像は、パソコンやスマホ、タブレットから見ることができます。

屋外で使用できる防水防塵タイプも多く、配線工事の必要がなく設置が簡単なので、小規模な企業や店舗にもおすすめです。

ワイヤレス防犯カメラの主な機能

ワイヤレス防犯カメラには、次のような機能があります。

  • 音声通話

    音声通話機能があれば、撮影している相手とのコミュニケーションも可能です。

  • 動体検知

    動くものを感知すると自動的に撮影・録画を開始する機能です。動くものを感知するまでは待ち受け状態なので、撮影時間が少なく、データ容量を小さくできます。定休日や休業中など、長時間の撮影も可能です。追跡機能があり、動くものを追いかけて撮影することができるタイプもあります。

  • スマホ連携

    スマホと連携してさまざまな使い方ができる機能です。撮影した映像をスマホに送信して確認したり、スマホからカメラのON/OFFや画角(写る範囲の広さを角度で示したもの)調整などの操作を行ったり、動体検知や音声通話など特定の機能が作動するとスマホに通知するといった機能があります。
    ただし、映像や通知の送信にはWi-Fi回線を利用するので、防犯カメラの近くにWi-Fi環境が必要です。

ワイヤレス防犯カメラのメリットとデメリット

防犯カメラの設置には、犯罪や不正の監視、犯罪の抑止など、さまざまな効果があります。また、ワイヤレスならではのデメリットもあります。

ワイヤレス防犯カメラのメリット

  • 犯罪抑止効果

    防犯カメラが設置してあることで、犯罪や不正行為を抑止する効果があります。もちろん、発生した犯罪や不正行為を素早く発見したり、証拠として使ったりすることも可能です。

  • 配線不要で設置が簡単

    ワイヤレス防犯カメラはカメラとモニターを配線でつなぐ必要がありません。そのため、配線しにくい場所でも簡単に設置可能です。ただし、機種によっては電源までの配線は必要です。

  • 工事不要で低コスト

    ワイヤレス防犯カメラは配線の必要がなく、設置するだけなので、工事は不要です。その分のコストを抑えることができます。壁に穴を開ける必要もありません。
    配線が見えないので、店舗や駐車場など景観を重視したい場所にも向いています。

  • モバイル端末でも映像を見ることができる

    ワイヤレス防犯カメラの多くはスマホ連携機能があるので、スマホから操作したり映像を確認したりすることができます。責任者が店舗から離れられない場合でも映像を確認でき、何かがあってもスピーディーに対応可能です。

ワイヤレス防犯カメラのデメリット

  • 通信速度があまり速くない

    ワイヤレス防犯カメラの通信速度はWi-Fi回線程度です。あまり速くないので、高画質な映像はスムーズに送信できません。

  • 周囲の影響を受けて電波が途切れやすい

    ワイヤレス通信は周囲の影響を受けやすいものです。周囲の電波が干渉して途切れることもあり、また、壁の材質や厚さによっては電波が届きにくくもなります。安定した通信を確保するためには、設置場所に注意が必要です。

ワイヤレス防犯カメラをどのように店舗経営に導入するか

いまや防犯カメラはどこにでも当たり前に設置されています。小規模な店舗経営にはどのように生かすことができるでしょうか。導入する場所と目的を見てみましょう。

駐車場

駐車場は無人になる時間が多く、比較的広い場所なので防犯対策に防犯カメラがあると便利になります。店舗に対する犯罪だけでなく、当て逃げや車上荒らしなど駐車場独特の犯罪も多いからです。

夜間無人になる店舗

夜間は無人になるうえに暗いので、犯罪に巻き込まれることも多いもの。出入り口や事務所に防犯カメラを設置しておけば安心です。

営業中に無人になる場所

昼間でも無人の場所があれば、泥棒に侵入されたり、いたずらされたりします。犯罪防止と抑止を兼ねて、防犯カメラが必要です。

ワイヤレス防犯カメラの選び方

目的、設置場所、用途によって最適な防犯カメラは変わります。

屋外に設置する場合は防塵防水機能を重視

駐車場や出入口など屋外に設置する場合は、雨や砂にも耐えられる防塵、防水、防風タイプで耐久性の強いものを選びましょう。防水防塵機能については、「IP66」という等級表示があるものを選べば安心です。防水にも防塵にも高い効果があります。

設置場所によっては電源が取れないこともありますが、その場合は電池を利用するタイプを選びましょう。ただし、定期的な電池交換や充電が必要です。

店舗の中に設置する場合はデザイン性も重視

店舗内に設置する防犯カメラは、顧客や取引先の目にも触れるもの。店舗の雰囲気を壊さないためには、デザイン性の高いものがおすすめ。「ドーム型」と呼ばれる半球形のものは、防犯カメラらしくないデザインで設置しやすく、広範囲の撮影が可能です。

場所によってはあえてドーム型よりも防犯カメラらしい形のものを選び、抑止効果を狙うこともできます。

トータルの予算から選ぶ

防犯カメラはいくつかを組み合わせて使うことも多いので、予算は重要な要素です。設置場所と必要な数から、設置できるカメラの種類も決まってきます。

必要な機能で選ぶ

防犯カメラには、さまざまな機能があります。設置場所によっては重視すべき機能が異なるので、必要な機能を備えたものを選んでください。

  • 画素数

    画素数が上がると、映像が鮮明になります。例えば100万画素以上あれば、犯人の服装や顔も見えるものです。ただし、画素数が上がると防犯カメラの値段だけでなく、撮影データの容量も大きくなります。

  • 夜間撮影機能

    夜間の防犯を重視するなら、夜間撮影機能が重要です。設置する場所により、低照度カメラや赤外線カメラなどから目的に合うものを選びます。

  • カメラの画角調整機能

    機種によっては、バリフォーカルレンズを使用して画角を調整できるタイプもあります。設置場所や角度によっては必要な機能です。

  • 音声録音機能

    無人の場所での防犯目的なら、音声録音機能があると便利です。不審者や来客にも対応できますし、音声も証拠として残すことができます。

店舗にも防犯カメラを設置するのが当たり前の時代に

最近は、さまざまな場所で防犯カメラや監視カメラが使われています。カメラで録画されているだけで犯罪抑止効果があったり、トラブルが起きたときも映像があれば解決がしやすくなったりして、その有用性も高く評価されていると言えるでしょう。多くの人が出入りする店舗には、防犯カメラを導入することをおすすめします。

BIGLOBEは「屋外用防犯カメラ with BIGLOBEモバイル」のように店舗に導入しやすいサービスを提供しています。防犯カメラに格安SIMを利用したモバイル回線とルータ、映像を保存するSDカードやクラウドサービスなど、必要なものがセットになったサービスです。

電源があれば配線工事不要で、鮮明な映像を残すことができます。スマホやタブレットで映像を見たり、設定を変更したりすることも可能で、異常があれば通知も受け取れます。

防犯カメラの設置を検討する場合、回線もセットになったものを選ぶとスムーズに設置できそうですね。

※本記事内の情報は2020年1月9日現在のものです。

屋外用防犯カメラ with BIGLOBEモバイル