「Prt Sc」「Scr Lk」「Caps Lock」etc……

キーボードには英語で表記された、読み方や使い方がわからない謎のキーが多い!と思っている人はいませんか?でも、今更人に聞くのもちょっと……という人に向けて、今回は、あまり使われていないけれど、活用すると便利なキーボードについてご紹介します!

キーの名称と機能

ではさっそくキーを見ていきましょう。基本的に、キーの名前は「どんな機能なのか」がつけられています。多くが英語や略字の表記なので、すぐに意味を把握するのは難しいかもしれませんが、便利そうなキーがあったら覚えてしまいましょう!

ちなみにキーボードの種類はかなり多様です。Windows、Macでも違いがありますので、以下にご紹介するキーが、使用しているキーボードにはない場合もあります。

表記 名前(読み方) 機能
Esc エスケープ プログラムを「停止」「キャンセル」「中断」する。「Ctrl + Esc」でスタートメニューを開くショートカットキーになる。
Tab タブ 「tabulate(表にする)」の略。文字揃えや入力フォームなどのカーソル移動に使う。「Ctrl + Alt + Tab」で「開いているアプリを切り替える」ショートカットキーになる。
Caps Lock キャプスロック Capsは「Capital letters(大文字)」の略。アルファベットの小文字/大文字入力を切り替える。
Shift シフト 「切り替える」の意味で、入力文字を切り替える。たとえば「Shift + 1 = !」「Shift + 3 = #」「Shift + / = ?」などの記号入力に使われる。
option
(Macのみ)
オプション 他のキーと同時押しで、さまざまな機能を実行する。Mac OS向けのキーボードに配置され、Windowsのキーボードにはない。「option + ¥ = \」でバックスラッシュの入力ができる(Mac OS向けキーボードには「\」の表示がない)。
command
(Macのみ)
コマンド 他のキーと同時押しで、さまざまな機能を実行する。Mac OSのキーボードに配列され、「⌘」マークがついている。「command + F」で文字検索など、ショートカットキーで頻繁に使われる。
Ctrl コントロール 他のキーと同時押しで、さまざまな機能を実行する。Windows系のOSでよく使われる。コピーは「Ctrl + C 」ペーストは「Ctrl + V」。
Alt オルト 「alternate(代替の)」の略。他のキーと同時押しで、さまざまな機能を実行する。ログイン画面の呼び出し「Ctrl + Alt + Delete」などで使われる。
Enter エンター Returnキーとも呼ばれる。「決定」「改行」などを行う。「⏎(リターン記号)」の表示がある場合もあり、キー自体が大きく作られていて、頻繁に利用される。
Back space バックスペース カーソルの直前の文字やスペースを削除する。対してDeleteキーはカーソルの直後の文字が削除される。
Prt Sc(Print Screen) プリントスクリーン 画面全体のスクリーンショットを撮り、クリップボードにコピーする。Mac OSではこのキーがないので「command + Shift + 3」というショートカットキーになる。
Scr Lk(Scroll Lock) スクロールロック 表示のスクロールをロックする。使用頻度が低いため、そもそもキーが搭載されていないキーボードも多い。
Sys Rq シスリク 「System Request(システムリクエスト)」の略。Altと同時押しで、現在使用中のウィンドウのスクリーンショットを撮る。
Pause / Break ポーズブレーク もとは処理を途中で止めるためのキー。現在ではほとんど使われない。「Windowsキー + Pause / Break」でWindowsのシステムウィンドウを開くショートカットキーになる。
Insert インサート 文字入力の「挿入モード」と「上書きモード」を切り替える。「挿入」はテキスト内でカーソル位置に文字が挿入され、カーソル位置にあった文字は後ろに移動する。「上書き」はカーソル位置に文字が入力され、カーソル位置にあった文字は上書きされていく。
Delete デリート 「削除する」の意。文字を削除する。「Shift + Delete」でファイルを完全に削除する(ゴミ箱に入らない)。Mac OSでは「command + option + Delete」になる(Mac OSのDeleteは×が書かれたキー。通常カーソル前の文字やスペースを削除するときに使う)。
Nm Lk(NumLock) ナムロック Numは「Numeric(数字)」の略。テンキーに配列されている。オン状態だとテンキーで数字入力、オフ状態だとテンキーでカーソルキーなどの別機能を使えるようになる。
Home ホーム カーソルを先頭に移動する。「Shift + Home」でカーソル位置から文頭までハイライト(選択)できる。
End エンド カーソルを末尾に移動する。「Shift + End」でカーソル位置から文末までハイライト(選択)できる。
Pg Up(Page Up) ページアップ 上にスクロールする。「Shift + Page Up(Page Down) 」でカーソル位置からスクロールしたすべての範囲をハイライト(選択)できる。
Pg Dn(Page Down) ページダウン 下にスクロールする。「Ctrl + Page Down(Page Up)」でブラウザのタブやExcelのシートを移動できる。
F1〜F12 ファンクション 「機能」の意。機能を自由に設定できる汎用的なキー。利用するアプリケーションによってさまざまな機能が割り当てられている。
Fn エフエヌ(ファンクション) 他のキーと同時押しで、さまざまな機能を実行する。Mac OSでは「fnを2回押す」で音声入力のショートカットキーになっている。
※「システム環境設定」で音声入力をオンに設定する必要がある

便利にキーを使いこなせば仕事がはかどる!

キーが持つ意味を理解すると、キーの読み方や使い方も覚えやすくなるのではないでしょうか。また、キーの意味を知っておくと、ショートカットキーを覚えるときにも役立ちます。ショートカットキーを使えば、作業効率アップにも繋がります。ぜひいろんなキーを使いこなしてください!

古いOffice製品を使っていませんか?

買い切り型のMicrosoft Office製品を利用している方は、以下の点に注意が必要です。

  • ライセンス管理が必要
  • サポートが終了している(セキュリティが最新ではない )可能性がある
  • iOSやAndroid端末では使えない

これからパソコンやOfficeの買い替えを検討している方には、Microsoft 365がオススメです。Microsoft 365とは、クラウドでMicrosoft Office製品を利用することができるサブスクリプション型のサービスです。

今まで主流だった買い切り型の永続ライセンスとは違い、月額料金を支払うことで常に最新バージョンのOffice製品を使うことができるので、セキュリティも安心。また、サポート終了の心配もありません。

BIGLOBEでは、個人事業主や法人の方向けにMicrosoft 365を月額900円(税別)から提供しています。
※別途BIGLOBEオフィスサービス(有料)の契約が必要です。

利用するサービスによって月額料金は異なりますので、詳しくは以下のページからご確認ください。

Microsoft 365

BIGLOBEの法人向けMicrosoft 365