作業効率を左右するのが、サブモニターの有無。オフィスではデスクトップPCをデュアルディスプレイで使っていたり、ノートPCにサブモニターをつなげたり、表示領域を広げることで、作業の効率化を図っている方も多いのでは?

とはいえ、Withコロナ時代では出勤せずに自宅でテレワークを行うこともしばしば。一人暮らしなら問題なくても、家族と暮らしていると、仕事用スペースを確保できず、サブモニターを置けないと考える人もいることでしょう。

でも、諦めるのはまだ早いです。なぜなら、一部のビジネスパーソンのものだと考えられていたモバイルディスプレイが一般化してきたからです。

今回は、モバイルディスプレイの便利さと、選び方のコツを紹介します。

ノートPCにつないだモバイルディスプレイ

モバイルディスプレイとは?

モバイルディスプレイとは、その名のとおり、携帯できるディスプレイのこと。据え置き型と異なり、AC電源を必要としないのが特徴です。

サイズは10インチ前後から16インチ前後までさまざま。15.6インチのものが、多く出回っています。解像度はフルHDや4Kなど。そして、タッチ操作できるものとできないものが存在します。

搭載しているポートは、ミニHDMIやUSB Type-C、USB Type-A、3.5mmステレオミニプラグなど。USB Type-Cポートはあるけど、ミニHDMIはない、ミニHDMIはあるけど、USB Type-Aポートはない、など機種によってさまざまな組み合わせがあります。

出力ポートの種類

外で使うことを念頭にデザインされているため、USB Type-Cケーブル1本でノートPCと接続できるものが多い、というのも特徴のひとつでしょう。

モバイルディスプレイのメリットとは?

すぐに使い始められる

上述のように、モバイルディスプレイの多くは、USB Type-Cケーブル一本でノートPCの画面を拡張できます。映像や音声などのデータのほか、電力もノートPCから受け取れるのです。

そのため、ノートPCとモバイルディスプレイをテーブルやこたつなどの上に置いたら、あとはケーブルをつなぐだけでサブモニターの準備は完了。コンセントの口数が余分に要らないのがいいですね。

モバイルディスプレイによっては、電源用(PD対応)のUSB Type-Cポートを別に用意しているものもあります。この場合、電源→モバイルディスプレイ→ノートPCへと電力を供給できるので、長時間の作業も安心して行えますね。

すぐに片付けられる

USB Type-Cケーブルで接続できるものであれば、ノートPCとモバイルディスプレイをつないでいるのは、ケーブル1本。外してたたむ(または、たたんで外す)だけで片付けの完了です。急遽、食事のためののテーブルセッティングをしなければいけないような場合でも慌てずに済みます。

モバイルディスプレイならすぐに片付けられるのもポイント

HDMI出力しかできないノートPCでも、接続に使うケーブルはビデオ出力用と電力用の2本。据え置き型と比べると、圧倒的にスピーディーに片付けられます。

モバイルディスプレイは圧倒的に準備や片付けが楽

表示できる情報量が増えて高効率化につながる

27インチなど大型の据え置き型サブモニターを設置できる専用デスク、専用スペースがなくても、サブモニターの恩恵に預かれるのは大きなメリットといえます。13インチや15インチなど、ノートPCのディスプレイだけでは表示できる情報量に限りがあるからです。

調査系の仕事や、表計算系の仕事などでは、ソフトやWebブラウザのウィンドウとタブを多く開きながら作業することでしょう。参照したい情報を見るたびに、ショートカットキー「Alt」+「Tab」や、マウス操作などでウィンドウを切り替えるのはお世辞にも効率が良いといえません。

でも、モバイルディスプレイというサブモニターがあれば、参照したい情報をモバイルディスプレイに表示させておくことができます。これで、わざわざウィンドウを切り替えることなく、正確な入力ができるようになります。ウィンドウ間を、何度も行ったり来たりするより、はるかに効率よく作業できることでしょう。

モバイルディスプレイを活用すれば、表示できる情報量が増えて仕事も効率的

外に持ち出せる

現状では、新型コロナウイルス感染の恐れがあるため、作業の大半を自宅で行わざるを得ませんが、モバイルディスプレイがあれば、カフェや、アウトドアなど、外へ持ち出せます。“今”だけでなく、将来的にも有用な投資になるのです。

モバイルディスプレイならコンパクトなので外にも持ち出せる

Windows 10ならタッチ操作可能な場合も

会社から支給されているノートPCであれば、価格を抑えたタッチ非対応のものが多いことでしょう。

でも、搭載しているOSがWindows 10なら、タッチ操作対応のモバイルディスプレイをつなげることで、モバイルディスプレイ側だけではありますが、タッチすることで操作できるようになります。

つまり、Windowsアクセサリーの中にプリインストールされているペイントなどのソフト上に、マウスではなくタッチで描けるようになる、というわけです。ちょっとした図や地図などの描画をする際、便利だと感じられますよ。

購入するときのポイントは?

モバイルディスプレイの便利さはわかりましたが、AmazonなどのECサイトにはさまざまなメーカーのモバイルディスプレイが並んでいます。どれを選べば良いのでしょうか。

サイズを確認

モバイルディスプレイには、7インチという小さなものから、17インチ超という大きなものまであります。

自宅内でのみ使うのであれば、17インチクラスでも全然問題ありません。逆に、将来、持ち歩くことを考えているのであれば、15インチ(正確には15.6インチ)以下のものが現実的です。ほとんどのビジネス向けバックパックが、15.6インチまでのノートPCを入れられるように設計されているからです。

バックに入るサイズがおすすめ

また、サイズと重量はおおよそ比例関係にあります。持ち運べる重量という点でも、15インチ以下のものが良いでしょう。

解像度を確認

ディスプレイサイズが大きくても、解像度が低ければ、表示できる情報量は少なくなってしまいます。少なくとも、フルHD(1,920×1,080)以上のものを選びたいところです。

なお、小さなディスプレイサイズで4K(3,840×2,160)解像度のものを選んでしまうと、文字などがかなり小さく表示されてしまいます。目や首、肩の疲労につながるので、4K解像度が良いのであれば、ある程度ディスプレイサイズは大きなものを選びたいところです。

タッチ操作の可否を確認

タッチ操作可能なモバイルディスプレイもあり

モバイルディスプレイの中には、10点マルチタッチ操作のできるものがあります。

ディスプレイが2つになると、マウスポインタの移動距離が長くなってしまいますよね。そのため、何度もマウスを台から持ち上げて移動させる……という操作が必要になるのです。

でも、モバイルディスプレイがタッチ操作に対応していれば、軽くタッチするだけでモバイルディスプレイ側に表示されているファイルやフォルダを開いたり、ウィンドウを閉じたりすることができます。そして、メインであるディスプレイ(ここではノートPCのディスプレイ)に戻りたい場合は、大抵はマウスを動かすだけで済みます。ほんのわずかですが、時短につながることでしょう。

とはいえ、タッチ操作対応モバイルディスプレイは、非対応のものに比べて価格が上がりがち。自分の使い方では「いらない」と思うのであれば、比較的価格の低い、タッチ非対応のものを選ぶ、というのもありでしょう。

ポート類を確認

今使っているノートPCの出力端子や、購入したいモバイルディスプレイのポート類を確認しましょう。

というのも、モバイルディスプレイにUSB Type-Cポートしか搭載していないと、HDMI出力しかできないノートPCでは使えません。同様に、HDMIやDisplay Portしか搭載していないモバイルディスプレイの場合、USB Type-C Portsしか使えないノートPCでは別途アダプターが必要になってしまいます。

自分のPCの出力端子にあうポートを搭載したモバイルディスプレイを選ぼう

新しいインテルのCPUが、標準でThunderbolt 3に対応する一方で、ビデオ信号を出力するためのHDMIポートを廃止しているものも増えてきています。

HDMIポートがないPCも増えてきている

とはいえ、USB Type-CとHDMIの両方を搭載しているものが多いので、できれば汎用性の高いものを選びたいものです。

購入後に「しまった!」とならないように、事前にしっかりと確認しておきましょう。

まとめ

サブモニターがあれば、作業効率は飛躍的にアップします。筆者は、仕事柄、専用の作業デスクを持っていますが、出先で作業するときに、シングルモニターで作業しなければいけないことが、何年もの間ストレスとなっていました。でも、モバイルディスプレイを導入してから、操作でのイライラが減りましたし、3割ほどスピードアップしたと感じています。

作業環境がオフィスと異なり、整っていない自宅であっても、モバイルディスプレイがあれば、ウィンドウを行ったり来たりするストレスがぐっと減り、作業効率も上がることでしょう。快適なリモートワークのために、導入してみてはいかがでしょうか。

 

健康的な体作りなら「RIZAP(ライザップ)」