インターネットを使ったマーケティングに、「O2O」という手法があるのをご存知でしょうか? 聞いたことはあっても、詳しい意味や仕組みについては、知らない人も多いのでは?

そこでこの記事では、基本的な考え方から具体例まで、知っているようで意外と知らないO2Oについて、分かりやすく解説いたします。

そもそもO2Oって何の略?

そもそも「O2O」は「Online to Offline」の略で、「オーツーオー」と読みます。インターネット上で情報を発信して、ユーザーをWebサイトやスマホアプリなどの「オンライン」から、実際の店舗などの「オフライン」へ誘導し、来店や購買を促すマーケティング手法のことです。2010年にアメリカで生まれた言葉で、「On2Off」と表記されることもあります。

O2Oの役割とは?

O2Oが誕生した背景には、オンラインショッピングの普及による「ショールーミング」の影響があるといわれています。ショールーミングとは、実際の店舗で商品を確認した後、ネット上で店頭よりも安い価格で売られているのを見つけて購入することです。もともとO2Oは、こうした実店舗の「ショールーム」化を防ぐための対策として考案されたといわれています。

しかしスマートフォンが普及し、多くの消費者がオンラインで情報を得るようになった現在では、ウェブ上で見つけた商品を実物の確認ができる実店舗で購入する「ウェブルーミング」も一般化してきました。そのためO2Oも、オンラインでコストを抑えながら効率よく実店舗へ集客するための手法として、積極的に活用されるようになっています。

O2Oとオムニチャネルの違い

O2Oと混同されがちな言葉に、「オムニチャネル」があります。オムニチャネルは「すべての経路」意味し、実店舗やECサイトなど、お客さんとの接点になるすべての販売・流通経路を連携させるマーケティング方法です。

具体的には、実際の店舗とオンラインストアで同じ商品やサービスを購入できるようにすることを指します。オンラインとオフラインを区別することなく、どちらの経路からも商品やサービスにアクセスできる環境を作ることで、顧客満足度を高めてユーザーを囲い込むことがオムニチャネルの目的です。

さらにはサイトで購入した商品を店舗で受け取れるようにしたり、ポイントを共通で使えるようにしたりと、オンライン・オフライン双方のメリットをかけ合わせていくことで、長期的な売り上げの向上が期待できます。

一方、O2Oが目的としているのは、オンラインからオフラインへの送客です。つまり、インターネット上でユーザーが実際に来店したくなるような情報を提供し、実店舗の顧客獲得を図るのがO2Oです。

O2Oのメリット

O2Oのメリットには、比較的予算をかけずに広範囲なマーケティングが行える点が挙げられます。Webサイトやスマホアプリ、SNSなどを用いて、地域を問わず手軽に情報発信ができるため、広い範囲から新規顧客やリピーター層の獲得が期待できます。

また、情報をリアルタイムで発信・取得できることから、効果に即効性があるのも魅力の一つです。期間限定のセール告知やクーポン配布など、対象期間の短い情報を提供することで、短期間での集客アップも狙えます。

アクセスログや各検索エンジンのデータを活用できるため、効果測定も容易。効果を数値化して分析することで、顧客ひとりひとりのニーズに合わせた施策を立てることも可能です。

O2Oの具体例

それでは実際には、どのような手法で活用されているのでしょうか?具体的には次のような例が考えられます。

SNSの活用

最も手軽にできるのは、SNSを使った告知です。商品やイベントの情報をTwitterやInstagram、Facebookなどから発信することで、実際に来店してもらえるように促します。いいねやリツイートなどで情報が拡散されれば、不特定多数の人へ広く情報をシェアしてもらえる可能性もあります。

また、お客さんと直接コミュニケーションを取れるほか、指定のハッシュタグをつけて投稿することでポイントやプレゼントがもらえるキャンペーンの開催といった使い方もできます。

オンラインクーポンの配布

インターネット上でのクーポン券の配布も、O2Oの代表的な手法の一つです。メルマガやLINE、Twitterなどを通じて実店舗で使えるクーポンを発行して集客につなげます。

お店側にとっては、効果が分かりやすいのも大きなメリットです。実際にお客さんが持ってきたクーポンの枚数を数えればいいので、ITが苦手だというオーナーさんでも、その効果を簡単に実感・把握することが可能です。

位置情報の活用

スマートフォンのGPS機能をはじめとした、位置情報もO2Oに活用することができます。お店の近くや最寄り駅まで来た人にプッシュ通知でクーポンを配布するなど、来店につながる可能性の高い人に情報を届けることができます。

また、訪れてくれたお客さんに来店ポイントを与える方法も考えられます。集めたポイントに応じてランクアップするといった遊び要素を加えることで、お客さんにゲーム感覚で楽しみながら来店してもらうができます。

▼参考記事▼
スマホのポイントカードアプリを活用してリピーターを増やす方法

O2Oの活用で集客力の向上を!

このようにインターネットでの情報発信を活用し、実店舗への来店を促すのがO2Oです。近年ではO2Oをサポートしてくれる専門のサービスやアプリもあるので、本格的に取り組みたい方は、導入を検討してみるのもいいでしょう。ぜひ皆さんも集客力アップのため、O2Oを活用してみてください!