Google Chromeのシークレットモードとは

シークレットモードとは、Google Chromeのブラウザモードの一種で、閲覧履歴やcookieなどの情報がブラウザに保存されない機能です。

通常、Webブラウザを使用すると、閲覧履歴やcookie 、サービスのID/ PW、自動入力フォームなどの情報が保存されます。PCやタブレットなどを共用している、などの事情から、「個人情報を守りたい」という場合に有効な機能と言えます。

このシークレットモードの機能は、Chrome以外のブラウザでも実装されています。ブラウザごとに呼び方は異なりますが、機能はほぼ同じです。Internet Explore(IE)やEdgeでは「InPrivateブラウズ」、Firefoxでは「プライベートブラウジング」、Safariでは「プライベートブラウズモード」と呼ばれています。

シークレットモードはどんな時に便利?

先ほど触れた通り、シークレットモードは家族など、誰かと共有しているPCやタブレットなどの端末を使用するときに便利です。「家族に個人的な趣味嗜好を知られたくない」「子供が親のクレジットカード情報を使ってトラブルに巻き込まれることを避けたい」などの目的で活用できます。

また、ブラウザを同時に立ち上げて、Googleアカウントを仕事用とプライベート用で使い分けたいときなどにも便利です。

Google Chromeのシークレットモードの使い方

シークレットウィンドウを開く

【PCの場合】

シークレットウィンドウを開くには、ブラウザの右上にある「設定」から「シークレットウィンドウを開く」をクリックするだけ。

image01.png
ショートカット〔Ctrl〕+〔Shift〕+〔N〕 キーでも、シークレットウィンドウを開けます。

【AndroidもしくはiOS端末の場合】

Google Chromeアプリを起動し、右上のメニューから「新しいシークレットタブ」をタップすればOKです。

※iOSの場合、メニューは右下にあります。

AndroidもしくはiOS端末のシークレットモードの使い方

シークレットモードの解除

シークレットモードを解除するには、シークレットウィンドウを閉じるだけでOK。そのほかの操作は特に必要ありません。

シークレットモード利用の注意点

シークレットモードはプライベートな情報を守ってくれるという意味では、便利な機能ですが、いくつか注意点があります。

1.端末内には情報は残らないが接続の履歴は残る

これまでご説明した通り、PCやタブレットなど、シークレットモードを使って閲覧した端末には、閲覧履歴などの情報は残りません。

ただし、プロバイダやWebサイトを閲覧するために接続したサーバーには、接続履歴が残ります。例えば、社内の回線でWebページを閲覧した場合、シークレットモードを利用していても、ネットワーク管理者には閲覧したサイトの情報が分かるようになっています。

2.ダウンロードデータは残る

シークレットモードのブラウザでファイルなどをダウンロードすれば、そのファイルは端末に残ります。

3.ブックマークやパスワードなどの管理に注意する

シークレットモードでは、普段使っているサイトのURL(ブックマーク情報)やサービスのID/PWなどの情報が保続されていないため、それらを事前に確認・用意しておく必要があります。その際、ID/PWの管理には注意しましょう。

4.使用後は必ずシークレットウィンドウを閉じる

家族や会社で共有している端末の場合、シークレットモードでサービスにログインしても、そのブラウザを開いたままにしておけば、当然ほかのユーザーに情報を見られてしまう可能性があります。使用後は必ずウィンドウを閉じるようにしましょう。

このように、シークレットモードはプライベート情報を守りながら利用することができる便利な機能です。注意すべき点に気を付けながら、ぜひ活用してみてください。

※掲載情報は2021/6/14時点