Google Chromeのシークレットモードとは

Google Chromeには、シークレットモードという機能が搭載されています。通常、Webブラウザを使用すると、閲覧履歴やCookie、サービスのID/PW、自動入力フォームなどの情報が保存されます。シークレットモードは、これらの情報がブラウザに保存されない機能です。

このシークレットモードの機能は、Chrome以外のブラウザでも実装されています。ブラウザごとに呼び方は異なりますが、機能はほぼ同じです。Internet Explore(IE)やEdgeでは「InPrivateブラウズ」、Firefoxでは「プライベートブラウジング」、Safariでは「プライベートブラウズモード」と呼ばれています。

シークレットモードはどんな時に便利?

シークレットモードは、家族など誰かと共有しているPCやタブレットなどの端末を使用するときに便利です。「家族に個人的な趣味嗜好を知られたくない」「子供が親のクレジットカード情報を使ってトラブルに巻き込まれることを避けたい」などの目的で活用できます。

また、ブラウザを同時に立ち上げて、Googleアカウントを仕事用とプライベート用で使い分けたいときなどにも便利です。

Google Chromeのシークレットモードの使い方

シークレットウィンドウを開く

使い方は、ブラウザの右上にある「設定」から「シークレットウィンドウを開く」をクリックするだけ。

image01.png
以下のショートカットでも、シークレットウィンドウを開けます。

〔Ctrl〕+〔Shift〕+〔P〕

シークレットウィンドウを開くショートカットキー

シークレットモードの解除

シークレットモードを解除するには、シークレットウィンドウを閉じるだけでOK。そのほかの操作は特に必要ありません。

シークレットモード利用の注意点

シークレットモードはプライベートな情報を守ってくれるという意味では、便利な機能ですが、いくつか注意点があります。

1.端末内には情報は残らないが接続の履歴は残る

これまでご説明した通り、PCやタブレットなど、シークレットモードを使って閲覧した端末には、閲覧履歴などの情報は残りません。

ただし、プロバイダやWebサイトを閲覧するために接続したサーバーには、接続履歴が残ります。例えば、社内の回線でWebページを閲覧した場合、シークレットモードを利用していても、ネットワーク管理者には閲覧したサイトの情報が分かるようになっています。

2.ダウンロードデータは残る

シークレットモードのブラウザでファイルなどをダウンロードすれば、そのデータは端末に残ります。

3.ブックマークやパスワードなどの管理に注意する

シークレットモードでは、普段使っているサイトのURL(ブックマーク情報)やサービスのID/PWなどの情報が保続されていないため、それらを事前に確認・用意しておく必要があります。その際、ID/PWの管理には注意しましょう。

4.使用後は必ずシークレットウィンドウを閉じる

シークレットモードでサービスにログインして、ブラウザを開いたままにしていると、セキュリティの観点で通常のブラウザを使っているのと変わりません。使用後は必ずウィンドウを閉じるようにしましょう。

このように、シークレットモードはプライベート情報を守りながら安心して利用することができる便利な機能です。注意すべき点に気を付けながら、ぜひ活用してみてください。