太字にする 〔Ctrl〕+〔B〕

太字にするショートカットは〔Ctrl〕+〔B〕になります。

WordやExcelなどで「B」というボタンがあると思いますが、これは「Bold=太い」の頭文字からきています。

下線をつける 〔Ctrl〕+〔U〕

下線をつけるショートカットは〔Ctrl〕+〔U〕になります。

では、この「U」は何からきているのでしょうか。

答えは「下線=Underline」の頭文字です。

斜体にする 〔Ctrl〕+〔I〕

斜体のショートカットは〔Ctrl〕+〔I〕になります。

この「I」は「Italic=イタリック体」の頭文字で、傾斜のついた書体を意味します。

フォントのサイズを大きくする〔Ctrl〕+〔Shift〕+〔>〕

フォントサイズを大きくするには〔Ctrl〕+〔Shift〕+〔>〕になります。

フォントのサイズを小さくする〔Ctrl〕+〔Shift〕+〔<〕

フォントサイズを小さくするには〔Ctrl〕+〔Shift〕+〔<〕になります。

見出しなど、本文よりもサイズを大きくしたいときには重宝しそうです。

※ Microsoft Office Word 365におけるキーボードショートカットをご紹介しています。

Office使うなら月額払いのOffice 365がオススメ

Office 365とは、クラウドでMicrosoft Officeを利用できるサービスです。

今まで主流だった買い切り型の永続ライセンスとは違い、月額料金を支払うことで常に最新バージョンのOffice製品を使うことができるので、セキュリティも安心。また、サポート終了の心配もありません。

BIGLOBEでは、個人事業主や法人の方向けにOffice 365を月額900円(税別)で提供しています。

※別途BIGLOBEオフィスサービス(有料)の契約が必要です。

利用するサービスによって月額料金は異なりますので、詳しくは以下のページからご確認ください。

BIGLOBEの法人向けOffice 365