Wordで使える便利なショートカットキーをご紹介!今回は、太字・下線・斜体・フォントサイズの変更です。WindowsとMacでは少し操作が異なりますので、チェックしてみてください。

※本記事の解説で使用しているキーボードとみなさまがお使いのキーボードでは、キーの位置が異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

太字にする

Windowsの場合

〔Ctrl〕キーを押しながら、〔B〕キーを押します。

太字にするショートカット(Windows)

WordやExcelなどで「B」というボタンがあると思いますが、これは「Bold=太い」の頭文字からきています。

Macの場合

〔command〕キーを押しながら、〔B〕キーを押します。

太字にするショートカット(Mac)

下線をつける

Windowsの場合

〔Ctrl〕キーを押しながら、〔U〕キーを押します。

下線を付けるショートカット(Windows)

この「U」は、「下線=Underline」の頭文字からきています。

Macの場合

〔command〕キーを押しながら、〔U〕キーを押します。

下線をつけるショートカット(Mac)

斜体にする

Windowsの場合

〔Ctrl〕キーを押しながら、〔I〕キーを押します。

斜体にするショートカット(Windows)

この「I」は「Italic=イタリック体」の頭文字で、傾斜のついた書体を意味します。

Macの場合

〔command〕キーを押しながら、〔I〕キーを押します。

斜体にするショートカット(Mac)

フォントのサイズを大きくする

Windowsの場合

〔Ctrl〕キーと〔Shift〕キーを押しながら、〔>〕キーを押します。

フォントサイズを大きくするショートカット(Windows)

Macの場合

〔command〕キーと〔shift〕キーを押しながら、〔>〕キーを押します。

フォントサイズを大きくするショートカット(Mac)

フォントのサイズを小さくする

Windowsの場合

〔Ctrl〕キーと〔Shift〕キーを押しながら、〔<〕キーを押します。

フォントサイズを小さくするショートカット(Windows)

Macの場合

〔command〕キーと〔shift〕キーを押しながら、〔<〕キーを押します。

フォントサイズを小さくするショートカット(Mac)

ショートカットを上手に使いこなそう!

よく使う操作だけでもショートカットを覚えておくと、仕事の効率がアップします。ぜひ今日から活用してみてください。

古いOffice製品を使っていませんか?

買い切り型のMicrosoft Office製品を利用している方は、以下の点に注意が必要です。

  • ライセンス管理が必要
  • サポートが終了している(セキュリティが最新ではない )可能性がある
  • iOSやAndroid端末では使えない

これからパソコンやOfficeの買い替えを検討している方には、Microsoft 365がオススメです。Microsoft 365とは、クラウドでMicrosoft Office製品を利用することができるサブスクリプション型のサービスです。

今まで主流だった買い切り型の永続ライセンスとは違い、月額料金を支払うことで常に最新バージョンのOffice製品を使うことができるので、セキュリティも安心。また、サポート終了の心配もありません。

BIGLOBEでは、個人事業主や法人の方向けにMicrosoft 365を月額900円(税別)から提供しています。
※別途BIGLOBEオフィスサービス(有料)の契約が必要です。

利用するサービスによって月額料金は異なりますので、詳しくは以下のページからご確認ください。

Microsoft 365

BIGLOBEの法人向けMicrosoft 365