文字を再変換する〔Ctrl〕+〔Backspace〕

文字を変換し、確定した直後に〔Ctrl〕+〔Backspace〕キーを押してみましょう。すると再変換が可能になります。(※1)

例えば「好景気」と打ちたいのに「後継機」と変換してしまった場合、その直後に〔Ctrl〕+〔Backspace〕キーを押すと、「後継機」と下線が付き変換可能な状態に戻ります。そこで〔Space〕キーを押せば、別の候補「好景気」に変換し直すことができるのです。このショートカットを使えば、変換ミスをした単語を一度消してわざわざ「こうけいき」と打ちなおす必要がなくなりとても便利です。

また〔Ctrl〕+〔Backspace〕キーには、Wordで機能するもうひとつの働きがあるので、そちらもご紹介します。

左に1単語削除する〔Ctrl〕+〔Backspace〕

〔Ctrl〕+〔Backspace〕キーを押すと、左に1単語削除することができます。ただし文字変換を確定した直後に限っては、先に述べた「文字の再変換」が優先されるので注意が必要です。

右に1単語削除する 〔Ctrl〕+〔Del〕

またその逆として、〔Ctrl〕+〔Del〕キーを押すと、右に1単語削除することができます。使い道としては、書き終えた文章の校正をする際、不要な単語を削除したいときなどに向いています。

ちなみに今回は「Wordでのショートカット」ということでご紹介しましたが、お使いのメールソフトやテキストエディタによっては、上記のショートカットで同様の働きをしてくれるものもありますので、気になる方はぜひ一度お試しください!

※ Microsoft Office 365 における方法をご紹介しています。
※1 文字変換直後でなければ正常に機能しません。日本語入力システムMicrosoft IME 98以降のバージョンでお使い頂けます。

Office使うなら月額払いのOffice 365がオススメ

Office 365とは、クラウドでMicrosoft Officeを利用できるサービスです。

今まで主流だった買い切り型の永続ライセンスとは違い、月額料金を支払うことで常に最新バージョンのOffice製品を使うことができるので、セキュリティも安心。また、サポート終了の心配もありません。

BIGLOBEでは、個人事業主や法人の方向けにOffice 365を月額900円(税別)で提供しています。

※別途BIGLOBEオフィスサービス(有料)の契約が必要です。

利用するサービスによって月額料金は異なりますので、詳しくは以下のページからご確認ください。

BIGLOBEの法人向けOffice 365