オートコンプリート機能について

Wordには書き手の意図を察知してくれる、オートコンプリート機能というものがあります。 例えば「令和」と入力して確定すると、「この人は日付を入力するつもりだ」とWordが認識し、あとに続く言葉として令和から始まるその日の日付を下記のようにポップヒントで提示してくれます。

「令和」と入力して確定し、続けて「Enter」キーを押します。

office17_01.jpg

このように、たとえ今日の日付を知らなくとも日付の挿入ができます。 この日付入力には下記のバリエーションがあります。シーンや好みに応じて使い分けてみてください。

入力 挿入される語句
「令和」 令和2年1月9日
「2020年」(西暦で半角数字4桁) 2020年1月9日
「2020年」(西暦で全角数字4桁) 2020年1月9日

※ 2020年1月9日を想定しています。
※ 実際はお使いのパソコンで設定されている日付に準じて挿入されます。

ちなみにポップヒントが出るタイミングは「平成」や「2019年」の文字を打ちこみ、〔Enter〕キーで確定を行ったあとです。変換しただけでは現れませんのでご注意ください。

※ Microsoft Office 365 における方法をご紹介しています。

Office使うなら月額払いのOffice 365がオススメ

Office 365とは、クラウドでMicrosoft Officeを利用できるサービスです。

今まで主流だった買い切り型の永続ライセンスとは違い、月額料金を支払うことで常に最新バージョンのOffice製品を使うことができるので、セキュリティも安心。また、サポート終了の心配もありません。

BIGLOBEでは、個人事業主や法人の方向けにOffice 365を月額900円(税別)で提供しています。

※別途BIGLOBEオフィスサービス(有料)の契約が必要です。

利用するサービスによって月額料金は異なりますので、詳しくは以下のページからご確認ください。

BIGLOBEの法人向けOffice 365