上書き保存のショートカット〔Ctrl〕+〔S〕

“こまめに保存が面倒だと感じてしまうのは、その都度マウスに持ち替えなければならないからです。そこで便利なのがショートカットの〔Ctrl+S〕です。これは「上書き保存」のショートカットです。 「上書き」という名前から、新規作成で作ったファイルには使えないのではないかと思われがちですが、実はそれも〔Ctrl+S〕できてしまうのです。つまり、一度も保存していないファイルに対しては、「名前を付けて保存」の役目があり、一度以上保存しているファイルに対しては、「上書き保存」の役目があるのです。これは便利ですね。そしてキーの位置にも注目です。〔Ctrl〕と〔S〕、両キー同士がとても近い上に、左手のわずかな動きで行えるようになっているのです。以前に紹介した「コピー」「貼り付け」「全選択」や「元に戻す」などもそうですが、このショートカットに対するプライオリティーの高さが伺えます。よく使うショートカットキーとして、ぜひ覚えておいてください。

新規作成のショートカット〔Ctrl〕+〔N〕

上記で出てきた「新規作成」のショートカットは〔Ctrl+N〕です。

これは「新規=New」の〔N〕と覚えましょう。

ファイルを開くのショートカット〔Ctrl〕+〔O〕

製作途中のファイルを開くときの「開く」は〔Ctrl+O〕です。

「開く=Open」の〔O〕と覚えましょう。

ファイルを閉じるショートカット〔Ctrl〕+〔W〕

ファイルを「閉じる」場合には、〔Ctrl+W〕です。

「作業ウィンドウ=Window」の〔W〕と覚えましょう。

また、保存していないファイルで〔Ctrl+W〕を押したとき、「保存しますか?」というダイアログが出てビックリすることがありますが、そうならないためにも〔Ctrl+S〕でこまめに保存をお忘れなく!

※ アプリケーションによっては動作しない、または別の動作をする場合があります。

Office使うなら月額払いのOffice 365がオススメ

Office 365とは、クラウドでMicrosoft Officeを利用できるサービスです。

今まで主流だった買い切り型の永続ライセンスとは違い、月額料金を支払うことで常に最新バージョンのOffice製品を使うことができるので、セキュリティも安心。また、サポート終了の心配もありません。

BIGLOBEでは、個人事業主や法人の方向けにOffice 365を月額900円(税別)で提供しています。

※別途BIGLOBEオフィスサービス(有料)の契約が必要です。

利用するサービスによって月額料金は異なりますので、詳しくは以下のページからご確認ください。

BIGLOBEの法人向けOffice 365