ぶら下げインデントのショートカット

ぶら下げインデントとは?

段落の1行目に対して2行目以降の行頭を下げることを「ぶら下げインデント」といいます。1行目にタブを入れることで、そのタブ位置と2行目以降を揃えることができます。

今回はそのぶら下げインデントのショートカットついてご紹介します。

  1. まず文章を入力します。ここでは見出しとなる言葉に続けて、その本文(説明)を入力します。

    step01.jpg

  2. ぶら下げインデントを適用したい段落を選択し、〔Shift〕を押しながらルーラーの〔ぶら下げインデント〕マークを右にドラッグします。 ショートカット〔Ctrl〕+〔T〕で行うことも可能です。その場合、見出しの長さに応じてショートカットの押す回数を調整しましょう。

    step02.jpg

  3. 調整することで、各段落の2行目以降がインデントされます。

    step03.jpg

  4. 最後にそれぞれの見出しのうしろにカーソルをおき、〔TAB〕キーを押して完了です。

    step04.jpg

    いかがでしたか?〔ぶら下げインデント〕を使えば、より見やすいWord文書を作ることができます。他の記事では関連のショートカットも掲載していますので、ぜひ合わせてマスターしてみてくださいね!

    ※ Microsoft Office 365 における方法をご紹介しています。

    Office使うなら月額払いのOffice 365がオススメ

    Office 365とは、クラウドでMicrosoft Officeを利用できるサービスです。

    今まで主流だった買い切り型の永続ライセンスとは違い、月額料金を支払うことで常に最新バージョンのOffice製品を使うことができるので、セキュリティも安心。また、サポート終了の心配もありません。

    BIGLOBEでは、個人事業主や法人の方向けにOffice 365を月額900円(税別)で提供しています。

    ※別途BIGLOBEオフィスサービス(有料)の契約が必要です。

    利用するサービスによって月額料金は異なりますので、詳しくは以下のページからご確認ください。

    BIGLOBEの法人向けOffice 365