セル移動〔Ctrl〕+〔方向キー〕

〔Ctrl〕+〔方向キー〕を押すと、データの途切れるセルに移動することができます。つまり空白セルを無視して、何かしらのデータが入力されているセルへとジャンプしていきます。

下図で説明すると、「1」と入力されたセルをスタート地点に〔Ctrl〕+〔↓〕を押していくと、「4、6、10、13」の順にセルを移動していきます。黄色く塗られているセルのような背景色があったとしても、セルにデータが入力されていない限りは中継しません。

step01.jpg

ワークシートを1画面分スクロール(縦方向)〔FN〕+〔PageUp〕

〔FN〕+〔PageUp〕キーを押すと、ワークシートを1画面分上にスクロールします。

逆に〔FN〕+〔PageDown〕キーを押すと、ワークシートを1画面分下にスクロールします。

ワークシートを1画面分スクロール(左右)〔FN〕+〔Alt〕+〔PageUp〕

〔FN〕+〔Alt〕+〔PageUp〕キーを押すと、ワークシートを1画面分左にスクロールします。

逆に〔FN〕+〔Alt〕+〔PageDown〕キーを押すと、ワークシートを1画面分右にスクロールします。

通常のマウスホイールは縦方向のスクロールには対応していますが、横方向のスクロールには非対応のものが多いため、とりわけ横に長くなりやすいExcelにおいては〔Alt〕+〔PageUp〕と〔Alt〕+〔PageDown〕を覚えておくと便利です。ぜひマスターしてください!

※ Microsoft Office 365 における方法をご紹介しています。
※ お使いのパソコンによってショートカットキーの設定が異なる場合があります。

Office使うなら月額払いのOffice 365がオススメ

Office 365とは、クラウドでMicrosoft Officeを利用できるサービスです。

今まで主流だった買い切り型の永続ライセンスとは違い、月額料金を支払うことで常に最新バージョンのOffice製品を使うことができるので、セキュリティも安心。また、サポート終了の心配もありません。

BIGLOBEでは、個人事業主や法人の方向けにOffice 365を月額900円(税別)で提供しています。

※別途BIGLOBEオフィスサービス(有料)の契約が必要です。

利用するサービスによって月額料金は異なりますので、詳しくは以下のページからご確認ください。

BIGLOBEの法人向けOffice 365