セルの書式設定ダイアログを表示 〔Ctrl〕+〔1〕

〔Ctrl〕+〔1〕を押すと、「セルの書式設定」を呼び出すことができます。

このダイアログでは色やサイズ、スタイルなどの書式を設定することができます。

太字にする 〔Ctrl〕+〔2〕

〔Ctrl〕+〔2〕を押すことで、セルの文字をよく使われる「太字」表示にすることができます。

斜体にする 〔Ctrl〕+〔3〕

注釈に使うという方も多い「斜体」ですが、ショートカットの〔Ctrl〕+〔3〕で設定することができます。

下線をつける 〔Ctrl〕+〔4〕

〔Ctrl〕+〔4〕を押せば、セルの文字列に下線をつけることができます。

ハイパーリンクの下線も、このショートカットで操作が可能です。

いかがでしたか? 上記を覚えるだけでも、Excel作業の効率がグンと上がりそうですよね。書式のショートカットは設定だけでなく、解除をすることも可能なので「設定してみたけどやっぱり戻したい!」というときも便利にですよ。

※ Microsoft Office 365 におけるキーボードショートカットをご紹介しています。

Office使うなら月額払いのOffice 365がオススメ

Office 365とは、クラウドでMicrosoft Officeを利用できるサービスです。

今まで主流だった買い切り型の永続ライセンスとは違い、月額料金を支払うことで常に最新バージョンのOffice製品を使うことができるので、セキュリティも安心。また、サポート終了の心配もありません。

BIGLOBEでは、個人事業主や法人の方向けにOffice 365を月額900円(税別)で提供しています。

※別途BIGLOBEオフィスサービス(有料)の契約が必要です。

利用するサービスによって月額料金は異なりますので、詳しくは以下のページからご確認ください。

BIGLOBEの法人向けOffice 365