今回は、覚えておくと便利なスクリーンショットのショートカットキーをご紹介します。WindowsとMacでは少し操作が異なりますので、チェックしてみてください。

※本記事の解説で使用しているキーボードとみなさまがお使いのキーボードでは、キーの位置が異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

Windows 10の場合

〔Print Screen〕キーで「画面全体」のスクリーンショット

〔Print Screen〕キーは、表示されている画面イメージをクリップボードにコピーしたいときに使用します。〔Print Screen〕キーを押すだけで、PCのディスプレイに表示されている画面全体のスクリーンショットを撮ることができます。

「アクティブウィンドウ(選択中のウィンドウ)」をスクリーンショット

スクリーンショットを撮りたいウィンドウを開いた状態で、〔Alt〕キーを押しながら〔PrintScreen〕キーを押します。

「画面の一部」をはじめ、いろんなスクリーンショットが撮れる

スクリーンショットを撮る方法は、いくつかありますが、Windows 10の場合、以下のショートカットが便利です。

〔Windowsキー〕+〔Shift〕+〔S〕キー

そうすると「切り取り&スケッチ」アプリが起動、スクリーンショットメニューが画面の上に出てきます。
※アプリはWindows 10以降のバージョンに搭載されています。

ボタンを押して、そこから好きな範囲をスクリーンショットできます。

ボタンは左から、以下のようになっています。

  • 四角形の領域の切り取り
  • フリーフォーム領域の切り取り
  • ウィンドウの領域の切り取り
  • 全画面表示の領域の切り取り
    ※「ウィンドウの領域の切り取り」は「Windows 10 May 2019 Update」で追加

画面の一部をスクリーンショットしたいときは「四角形の領域の切り取り」を、全画面のときは「全画面表示の領域の切り取り」を選べばOKです。

スクリーンショットすると、右下にポップアップが表示されるのでクリック。

そうすると「切り取り&スケッチアプリ」が起動するので、必要に応じて編集した後、画像を保存します。

スクリーンショットを自動で保存

〔Windows〕キーと〔PrintScreen〕を押すと、全画面のスクリーンショットが[ピクチャ]フォルダー内の[スクリーンショット]フォルダに自動で保存されます。

できるポケット 時短の王道 ショートカットキー全事典 改訂版 できるポケットシリーズ

Macの場合

「画面全体」をスクリーンショット

〔shift〕+〔command〕+〔3〕の 3 つのキーを同時に長押しします。

Macの場合、画面の隅にサムネイルが表示されるので、それをクリックするとスクリーンショットを編集できます。

「アクティブウィンドウ」をスクリーンショット

スクリーンショットを撮りたいウィンドウを開いた状態で、 〔shift〕+〔command〕+〔4〕+〔spaceバー〕を同時に長押しします。 ポインタの形状がカメラアイコンに変わります。

「画面の一部」をスクリーンショット

〔shift〕+〔command〕+〔4〕を同時に長押しします。十字型のカーソルをドラッグして範囲選択します。

Macの場合、特にショートカットキー操作不要で、デフォルトでスクリーンショットはデスクトップに保存されます。

ページ全体のスクリーンショットの撮り方

Webサイトのページ全体を縦長にスクリーンショットしたい場合は、以下の記事を参考にしてください。

ショートカットを上手に使いこなそう!

よく使う操作だけでもショートカットを覚えておくと、仕事の効率がアップします。ぜひ今日から活用してみてください。

古いOffice製品を使っていませんか?

買い切り型のMicrosoft Office製品を利用している方は、以下の点に注意が必要です。

  • ライセンス管理が必要
  • サポートが終了している(セキュリティが最新ではない )可能性がある
  • iOSやAndroid端末では使えない

これからパソコンやOfficeの買い替えを検討している方には、Microsoft 365がオススメです。Microsoft 365とは、クラウドでMicrosoft Office製品を利用することができるサブスクリプション型のサービスです。

今まで主流だった買い切り型の永続ライセンスとは違い、月額料金を支払うことで常に最新バージョンのOffice製品を使うことができるので、セキュリティも安心。また、サポート終了の心配もありません。

BIGLOBEでは、個人事業主や法人の方向けにMicrosoft 365を月額900円(税別)から提供しています。
※別途BIGLOBEオフィスサービス(有料)の契約が必要です。

利用するサービスによって月額料金は異なりますので、詳しくは以下のページからご確認ください。

BIGLOBEの法人向けMicrosoft 365

ショートカットキー時短ワザ大全 早く帰るコツは“手元”にあった!

ショートカットキー超速時短術