画像の不要な部分を削除する方法

今回は下図の「スマートフォントを持つ手」から、背景を削除してみましょう。

office42_00.jpg

  1. まず写真を挿入し、その写真を選択した状態にします。

    office42_01.jpg

  2. その状態でリボンの〔書式〕をクリックし、〔背景の削除〕をクリックします。

    phon_2.jpg

  3. 写真の一部が紫色に変化しますが、この紫色の部分が削除する対象になります。今のままだと袖の部分が少し切れてしまっているので、こちらを修正していきます。

    office42_03.jpg

  4. リボンの〔保持する領域としてマーク〕をクリックします。

    名称未設定 7.jpg

  5. 保持したい箇所をマウスでドラッグすると、保持する対象を増やすことができます。

    office42_04.jpg

  6. 意図しない箇所が選択された場合はリボンの〔削除する領域としてマーク〕で削除したい箇所をドラッグし、選択領域を増やしたい場合は〔保存する領域としてマーク〕で残したい箇所をドラックしてください。削除する箇所がすべて指定できたら、リボンの〔変更を保持〕を押しましょう。

    office42_05.jpg

  7. 背景が削除され、「スマートフォントを持つ手」だけが残りました。これで完成です!

    office42_06.jpg

特殊な画像処理ソフトを使わなくても、PowerPointでできてしまう便利な機能です。もちろん背景だけではなくクリップアートの一部を消すこともできます。

例1:クリップアートの一部を消す

下図のように、重なりあった本を一番上にある一冊だけにすることができます。

office42_07.jpg

例2:スマートフォンの画面を入れ替える。

下図のスマートフォンの画面部分を削除すると、削除された箇所は透過になります。その場所に別の画像を差し込むことで、画面を入れ替えることが可能です。

office42_08.jpg

いかがでしたか?写真やクリップアートなど画像の不要な部分を消すことができれば、使える画像の幅も増えてPowerPointの仕上がりも見違えるようになります。ぜひマスターしてくださいね!

※ Microsoft Office 365 における方法をご紹介しています。

Office使うなら月額払いのOffice 365がオススメ

Office 365とは、クラウドでMicrosoft Officeを利用できるサービスです。

今まで主流だった買い切り型の永続ライセンスとは違い、月額料金を支払うことで常に最新バージョンのOffice製品を使うことができるので、セキュリティも安心。また、サポート終了の心配もありません。

BIGLOBEでは、個人事業主や法人の方向けにOffice 365を月額900円(税別)で提供しています。

※別途BIGLOBEオフィスサービス(有料)の契約が必要です。

利用するサービスによって月額料金は異なりますので、詳しくは以下のページからご確認ください。

BIGLOBEの法人向けOffice 365