今回は、以下の画像を様々な形に切り抜いてみましょう。

office43_00.jpg

PowerPointの基本のトリミング方法

  1. まず画像を挿入し、その画像を選択した状態にします。

    画像を選択した状態

  2. リボンの〔書式〕から〔トリミング〕をクリックします。

    bluesky_trimming2.jpg

  3. 写真の周りに太い枠が表示されるので、これをドラッグすると写真の一部が灰色に変化します。この灰色の部分が削除される部分です。このように四角形の範囲で、自由に画像を切り抜くことができます。

    office43_03.jpg

縦横比を合わせたトリミング

縦横比 1:1 の正方形、3:2 のフィルム写真、4:3 のデジタル写真やA4用紙など、馴染みある縦横比で画像を切り抜くこともできます。

 

  1. 画像を選択した状態で、リボンの〔書式〕をクリックします。
  2. 〔トリミング〕の▼をクリックして表示されるメニューで、〔縦横比〕から使用したいものを選択します。

    トリミングする画像の縦横比を選択する画面

  3. 以下は 1:1 を選択したときの画像です。正方形に切り抜かれました。

    正方形に切り抜かれた画像

図形に合わせたトリミング

画像を丸く切り抜いたり、立体的にしたりできる便利な機能もあります。PowerPointの仕上がりも断然良くなるイチオシのトリミング方法です。

 

  1. 画像を選択した状態にして、リボンの〔書式〕をクリックします。
  2. 〔トリミング〕の▼をクリックして表示されるメニューから、〔図形に合わせてトリミング〕を選択します。使いたい図形を選択しましょう。

    図形に合わせてトリミングの設定画面

     

  3. 以下は、直方体を選択したときの画像です。元画像の縦横比に合わせて表示されます。

    直方体にトリミングした画像

  4. さらに形を調整したい場合は、再度〔トリミング〕をクリックし、ドラッグすることで自由に調整できます。

    通常の画像トリミング

  5. また、立方体にしたいときは、〔トリミング〕 メニューで 1:1 の縦横比を選びましょう。

    1:1の立方体にトリミングした画像

写真やクリップアートなど、使いたい内容に合わせて最適な形に画像を切り抜くことができれば、見栄えが断然違ってきます。ぜひ活用してみてください。

古いOffice製品を使っていませんか?

買い切り型のMicrosoft Office製品を利用している方は、以下の点に注意が必要です。

  • ライセンス管理が必要
  • サポートが終了している(セキュリティが最新ではない )可能性がある
  • iOSやAndroid端末では使えない

これからパソコンやOfficeの買い替えを検討している方には、Microsoft 365がオススメです。Microsoft 365とは、クラウドでMicrosoft Office製品を利用することができるサブスクリプション型のサービスです。

今まで主流だった買い切り型の永続ライセンスとは違い、月額料金を支払うことで常に最新バージョンのOffice製品を使うことができるので、セキュリティも安心。また、サポート終了の心配もありません。

BIGLOBEでは、個人事業主や法人の方向けにMicrosoft 365を月額900円(税別)から提供しています。
※別途BIGLOBEオフィスサービス(有料)の契約が必要です。

利用するサービスによって月額料金は異なりますので、詳しくは以下のページからご確認ください。

Microsoft 365

BIGLOBEの法人向けMicrosoft 365