今回はPowerPointで、この写真に枠や影を付けたり、ぼかしなどの装飾をしてみましょう。

今回PowerPointで加工する画像素材

PowerPointで画像に枠を付ける方法

  1. まず画像を挿入し、その画像を選択した状態にします。

    加工する画像素材を選択した状態

  2. 次に、リボンの〔書式〕をクリックし、〔図の枠線〕から枠線の色や太さなどを選択します。

枠線の色や太さなどを選択する画面

PowerPointで画像に影を付ける方法

  1. 影を付けたい画像を選択した状態にします。
  2. リボンの〔書式〕をクリックし、〔図の効果〕の〔影〕から好みのスタイルを選択します。

影の装飾を選択する画面

〔影のオプション〕から、影の色や透明度・角度など、さらに細かい設定をすることができます。

影のオプションでさらに細かい設定も可能

PowerPointで画像の輪郭をぼかす方法

  1. ぼかしを付けたい画像を選択した状態にします。
  2. リボンの〔書式〕をクリックし、〔図の効果〕の〔ぼかし〕から好みのスタイルを選択します。

ぼかしの装飾を選択する画面

〔ぼかしのオプション〕から、ぼかしのサイズなど、さらに細かい調整をすることができます。

ぼかしのオプションでさらに細かい設定も可能

もっと手軽に画像に枠や影・ぼかしを付けるなら

ここまでご紹介した方法で、枠や影・ぼかしを付けることも可能ですが、以下の方法で一気にまとめて好みの装飾をつけることもできます。

 

  1. 装飾したい画像を選択した状態にします。
  2. リボンの〔書式〕をクリックし、〔図のスタイル〕から好みのスタイルを選択します。

image06.png

図のスタイルには、あらかじめ枠や影・ぼかしなどの加工が設定されています。好みのものを選んでクリックするだけで画像が装飾されます。

おしゃれに画像をレイアウトする方法

画像を見栄えよく表示したいときは、レイアウトを利用すると手軽に表現できます。

 

  1. まず画像を挿入し、それを選択した状態にします。
  2. リボンの〔書式〕をクリックして、〔図のレイアウト〕から好みのレイアウトを選択します。

画像をおしゃれにレイアウトするときの設定画面

以下は、「蜂の巣状の六角形」を使用したものです。

レイアウトで「蜂の巣状の六角形」を選択したとき

複数枚の画像を選択してレイアウトを適応することで、はめ込みを行う枠を増やすことも可能です。

複数枚の画像を選択してレイアウトを適応したときのイメージ

写真や画像に装飾をつけることができれば、見栄えも断然違ってきます。ぜひ活用してみてください!

古いOffice製品を使っていませんか?

買い切り型のMicrosoft Office製品を利用している方は、以下の点に注意が必要です。

  • ライセンス管理が必要
  • サポートが終了している(セキュリティが最新ではない )可能性がある
  • iOSやAndroid端末では使えない

これからパソコンやOfficeの買い替えを検討している方には、Microsoft 365がオススメです。Microsoft 365とは、クラウドでMicrosoft Office製品を利用することができるサブスクリプション型のサービスです。

今まで主流だった買い切り型の永続ライセンスとは違い、月額料金を支払うことで常に最新バージョンのOffice製品を使うことができるので、セキュリティも安心。また、サポート終了の心配もありません。

BIGLOBEでは、個人事業主や法人の方向けにMicrosoft 365を月額900円(税別)から提供しています。
※別途BIGLOBEオフィスサービス(有料)の契約が必要です。

利用するサービスによって月額料金は異なりますので、詳しくは以下のページからご確認ください。

Microsoft 365

BIGLOBEの法人向けMicrosoft 365