今回は、以下の写真画像を加工してみましょう。

今回加工する画像素材

画像の彩度やトーン・色を変える方法

まず画像を挿入し、それを選択した状態にします。

画像を選択した状態

次に、リボンの〔書式〕をクリックし、〔色〕から好みのスタイルを選択します。

〔書式〕の〔色〕から好みのスタイルを選択

今回は「色の変更、青、アクセント5(淡)」を選択します。画像が爽やかな青色に変化しました。

画像の色味を変更した画像

一覧にない色を使いたいときは、「その他の色」から選べます。

色の変更方法

他にも色の彩度を変えることで画像の色合いを「鮮やか」もしくは「鈍く」したり、色のトーンで「温かみ」や「冷たさ」のある色にしたりすることができます。

色の彩度・色のトーン・色の変更が可能

色のトーンや彩度を組み合わせて使うことで、様々な表現が可能となります。

office45_07.jpg

色のトーン「湿度:11200K」

office45_08.jpg

色の彩度「彩度33%」

office45_09.jpg

色のトーン(湿度:3884K)と彩度(再度:286%)の組み合わせ

画像の明るさやコントラスト・シャープさを変える方法

「色を変更してみたけれど、風合いも変えたい」という時には、〔修整〕や〔アート効果〕で好みに合わせて調整することができます。

まず、リボンの〔書式〕にある〔修整〕をクリックします。

画像のシャープネスや明るさ/コントラストを調整する画面

〔シャープネス〕で画像全体に「淡いぼかし」を入れたり、「色鮮やかにはっきり」見えるようにしたりすることができます。

また、〔明るさ/コントラスト〕では画像の「明暗」や「明るい部分と暗い部分の差」を変更することができます。

より細かい調整をしたい場合は、〔図の修整オプション〕から行いましょう。

図の修整オプション

「シャープネス」と「明るさ/コントラスト」を組み合わせることで、様々な表現が可能になります。

シャープネス「ソフトネス:50%」で加工した画像

シャープネス「ソフトネス:50%」

明るさ/コントラスト「明るさ:-40%、コントラスト:+40%」で加工した画像

明るさ/コントラスト「明るさ:-40%、コントラスト:+40%」

シャープネスと明るさ/コントラスト「シャープネス:70%、明るさ:+25%、コントラスト:-55%」の組み合わせで加工した画像

シャープネスと明るさ/コントラスト「シャープネス:70%、明るさ:+25%、コントラスト:-55%」の組み合わせ

さらに〔書式〕の中にある〔アート効果〕で、様々な効果を追加できるので、好みに合わせて調整をかけてみてください。

アート効果選択画面

下図は特徴的なアート効果をピックアップしていますが、他にもたくさんの効果があります。企画書などの雰囲気に合わせて効果を選んでみてください。

代表的なアート効果①

代表的なアート効果②

代表的なアート効果③

このように画像加工ソフトがなくても、写真画像の色やテイストを変えることができます。便利な機能を有効活用して、より魅力的な資料を作ってみましょう。

古いOffice製品を使っていませんか?

買い切り型のMicrosoft Office製品を利用している方は、以下の点に注意が必要です。

  • ライセンス管理が必要
  • サポートが終了している(セキュリティが最新ではない )可能性がある
  • iOSやAndroid端末では使えない

これからパソコンやOfficeの買い替えを検討している方には、Microsoft 365がオススメです。Microsoft 365とは、クラウドでMicrosoft Office製品を利用することができるサブスクリプション型のサービスです。

今まで主流だった買い切り型の永続ライセンスとは違い、月額料金を支払うことで常に最新バージョンのOffice製品を使うことができるので、セキュリティも安心。また、サポート終了の心配もありません。

BIGLOBEでは、個人事業主や法人の方向けにMicrosoft 365を月額900円(税別)から提供しています。
※別途BIGLOBEオフィスサービス(有料)の契約が必要です。

利用するサービスによって月額料金は異なりますので、詳しくは以下のページからご確認ください。

Microsoft 365

BIGLOBEの法人向けMicrosoft 365