PowerPointで画像に透明グラデーションをかける方法 今回は、以下の画像に色やテイストの変化をつけてみましょう。

今回加工する画像

  1. まず画像を挿入し、その画像を選択した状態にします。画像を挿入し、選択した状態

2. 画像サイズを知りたいので、リボンの〔書式〕をクリックして、〔サイズ〕に表示された写真の高さと幅を確認します。忘れないようにメモしておきましょう。

画像のサイズを確認

3. 次にリボンの〔挿入〕をクリックし、〔図形〕で四角形を選択して、図を挿入します。

四角形を挿入

4. 挿入した図を選択し、〔書式〕をクリックします。先ほどメモした数字を〔サイズ〕の高さと幅に入力して、図形を画像と同じサイズにしましょう。

挿入した図形と画像のサイズを合わせる

5. 画像と図形の両方を選択した状態で、〔書式〕にある〔配置〕から「左揃え」と「下揃え」を一度づつ選んで、画像と図形を完全に重ねます。

画像と図形を完全に上下左右そろえる

6. 画像と図形の選択を解除したら、今度は図形のみ選択して右クリックします。〔オブジェクトの書式設定〕を開きましょう。 図形のオブジェクトの書式設定を開く

7. 書式設定で「線なし」「塗りつぶし(グラデーション)」を選びます。

図形のグラデーション設定

8. 「方向」からグラデーションを選びましょう。今回は「右方向」を選択します。

図形のグラデーション設定

9. 「グラデーションの分岐点」で分岐点が2つになるよう、余分なものは削除します。

グラデーションを設定するにあたって、余分な分岐点は削除

10. スライドの背景色と図形を同じ色にします。ここを別の色にすると綺麗なグラデーションにならないので気をつけてください。

図形の色はスライドの背景と同じ色に

11. 画像が見えるようにしたい側の「グラデーションの分岐点」を選択し、透明度を100%に変更します。これでグラデーションのかかった画像ができあがります。

透明度を調整

グラデーションの細かい調整方法

グラデーションの幅を短くして、もっと自然なグラデーションにしたい、といったより細かい調整も可能です。 グラデーションの幅は〔図形の書式設定〕で「グラデーションの分岐点」を動かすことで調整可能です。

グラデーションのより詳細な設定方法

自然なグラデーションにするなら、「グラデーションの分岐点」で、3つの分岐を使用しましょう。画像が見えるようにしたい側から透明度を100%、35%、0%に設定するのがおすすめです。

通常のグラデーション

通常のグラデーション

分岐を3つ使用したグラデーション

分岐を3つ使用したグラデーション

画像加工ソフトを使わなくてもできる、便利な裏技をぜひ活用してみてください。

古いOffice製品を使っていませんか?

買い切り型のMicrosoft Office製品を利用している方は、以下の点に注意が必要です。

  • ライセンス管理が必要
  • サポートが終了している(セキュリティが最新ではない )可能性がある
  • iOSやAndroid端末では使えない

これからパソコンやOfficeの買い替えを検討している方には、Microsoft 365がオススメです。Microsoft 365とは、クラウドでMicrosoft Office製品を利用することができるサブスクリプション型のサービスです。

今まで主流だった買い切り型の永続ライセンスとは違い、月額料金を支払うことで常に最新バージョンのOffice製品を使うことができるので、セキュリティも安心。また、サポート終了の心配もありません。

BIGLOBEでは、個人事業主や法人の方向けにMicrosoft 365を月額900円(税別)から提供しています。
※別途BIGLOBEオフィスサービス(有料)の契約が必要です。

利用するサービスによって月額料金は異なりますので、詳しくは以下のページからご確認ください。

Microsoft 365

BIGLOBEの法人向けMicrosoft 365