Excelで日付や曜日・時間を1つ1つ手入力しているという方は、ぜひ今回ご紹介する方法を活用してみてください。作業効率が大幅にアップするかもしれません。

今日の日付を入力する

ショートカットキーを使うなら

セルを選択した状態で、〔Ctrl〕キーを押しながら〔;〕キーを押します。

今日の日付を入力するショートカット

TODAY関数を使うなら

以下の関数を入力して、今日の日付を入力することもできます。()内はカラの状態でOKです。

=TODAY()

日付の表示形式を変更する

表示形式を変更したいセルを選択した状態で、〔Ctrl〕キーを押しながら〔1〕キーを押します。

「セルの書式設定」ダイアログを表示するショートカット

「セルの書式設定」ダイアログが表示されるので、日付の表示形式を選択し、「OK」をクリックしましょう。

「セルの書式設定」ダイアログで日付の表示形式を変更

カレンダーやシフト用に日付を一気に入力する

日付の入力方法はいろいろありますが、例えば今日の日付を基準にスケジュールを作成するなら、以下の方法が手軽です。

  1. 〔Ctrl〕+〔;〕で今日の日付を入力する
  2. 日付を入力したセルの右下にカーソルを合わせて、任意の方向にドラッグする

ドラッグするだけで、日付が一気に入力できる

右もしくは下にドラッグすると、基準となる日付以降の日付が自動で入力されます。

左もしくは上にドラッグすると、基準となる日付以前の日付が自動で入力されます。

このように、基準となる日付を1つ入力するだけで、簡単にカレンダーやシフトのようなものも作成可能になります。

日付と対応する曜日を入力する方法

曜日の入力には、以下のWEEKDAY関数を使用します。()には、日付のセルを入力します。

=WEEKDAY()

WEEKDAY関数の使い方

関数を入力したら、セルを選択した状態で右クリックして、「セルの書式設定」を表示します。

セルの書式設定

「表示形式」で「ユーザー定義」を選択し、「種類」に「aaaa」と入力して、「OK」をクリックすると曜日表示に変換されます。

表示形式を変更して曜日表示する方法

今の時間を入力するショートカット

時間を入力したいセルを選択した状態で、〔Ctrl〕キーを押しながら〔:〕キーを押します。

現在時刻を入力するショートカット

【応用編】シフト表の作り方

今回ご紹介した方法を活用して、カレンダーやシフト表などを簡単に作ることができるようになります。

以下の記事で「シフト表の作り方」を丁寧に解説しておりますので、応用編にもチャレンジしたいという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【初心者向け】エクセルでシフト表を作る方法|便利な関数も紹介

古いOffice製品を使っていませんか?

買い切り型のMicrosoft Office製品を利用している方は、以下の点に注意が必要です。

  • ライセンス管理が必要
  • サポートが終了している(セキュリティが最新ではない )可能性がある
  • iOSやAndroid端末では使えない

これからパソコンやOfficeの買い替えを検討している方には、Microsoft 365がオススメです。Microsoft 365とは、クラウドでMicrosoft Office製品を利用することができるサブスクリプション型のサービスです。

今まで主流だった買い切り型の永続ライセンスとは違い、月額料金を支払うことで常に最新バージョンのOffice製品を使うことができるので、セキュリティも安心。また、サポート終了の心配もありません。

BIGLOBEでは、個人事業主や法人の方向けにMicrosoft 365を月額900円(税別)から提供しています。
※別途BIGLOBEオフィスサービス(有料)の契約が必要です。

利用するサービスによって月額料金は異なりますので、詳しくは以下のページからご確認ください。

Microsoft 365

BIGLOBEの法人向けMicrosoft 365