ページや文書内でテキスト検索するショートカット

情報量が多すぎて、自分の探している単語や文章をなかなか見つけることができない…。そんなときに便利なのが、検索のショートカットです。これは、Webページを閲覧するブラウザやWord、Excel、PowerPointで使うことができます。

Windowsの場合

〔Ctrl〕キーを押しながら、〔F〕キーを押します。

ページ(文書)内検索で使うショートカットキー(Windows)

ショートカットキーを使うと、検索ウィンドウが立ち上がります。単語や文章を入力して検索すれば、その単語や文章が挿入されている場所を探し出すことができます。

Webページ内検索をしたときの画面イメージ

Macの場合

〔command〕キーを押しながら、〔F〕キーを押します。

ページ(文書)内検索で使うショートカットキー(Mac)

検索ダイアログが表示されたら、検索文字列の欄に検索したい単語や文章を入力しましょう。

テキストを置換するショートカット

過去に作成したプレゼン資料を活用するため、文中の「2020年」を全て「2021年」に書き換えたい…。そんなときには、「置換」のショートカットが便利です。ひとつひとつ書き換えていく手間が省けるだけでなく、地道な手作業による見落としもなくなります。

Windowsの場合

〔Ctrl〕キーを押しながら、〔H〕キーを押します。

文書内置換で使うショートカットキー(Windows)

先ほどの例なら、検索する文字列に「2020年」、置換後の文字列に「2021年」と入力し、「すべて置換」もしくは「置換」をクリックしましょう。

image04.JPG

Macの場合

置換のショートカットキーは、検索と同じ〔command〕+〔F〕キーです。

検索ダイアログが表示されたら、検索する文字列と置換文字列の欄に入力し、「すべて置き換え」もしくは「置き換え」をクリックしましょう。

ジャンプのショートカット

膨大なデータを取り扱うExcelファイルで作業をしていると、目的のセルまでたどり着くのに結構手間がかかります。そんなときは、「ジャンプ」のショートカットがおすすめです。

Windowsの場合

〔Ctrl〕キーを押しながら、〔G〕キーを押します。

ジャンプのショートカットキー(Windows)

ダイアログが表示されたら、セル番号をダイレクトに入力してもいいですし、選択オプションで選ぶのもいいでしょう。

ジャンプダイアログ

Macの場合

ジャンプのダイアログは〔F5〕キーで表示できます。

ジャンプのショートカットキー(Mac)

今回ご紹介した「検索」「置換」「ジャンプ」は、セットで覚えるととても便利です。

古いOffice製品を使っていませんか?

買い切り型のMicrosoft Office製品を利用している方は、以下の点に注意が必要です。

  • ライセンス管理が必要
  • サポートが終了している(セキュリティが最新ではない )可能性がある
  • iOSやAndroid端末では使えない

これからパソコンやOfficeの買い替えを検討している方には、Microsoft 365がおすすめです。Microsoft 365とは、クラウドでMicrosoft Office製品を利用することができるサブスクリプション型のサービスです。

今まで主流だった買い切り型の永続ライセンスとは違い、月額料金を支払うことで常に最新バージョンのOffice製品を使うことができるので、セキュリティも安心。また、サポート終了の心配もありません。

BIGLOBEでは、個人事業主や法人の方向けにMicrosoft 365を月額900円(税別)から提供しています。
※別途BIGLOBEオフィスサービス(有料)の契約が必要です。

利用するサービスによって月額料金は異なりますので、詳しくは以下のページからご確認ください。

Microsoft 365

BIGLOBEの法人向けMicrosoft 365