図形を編集して自分の好きな図形を作成する方法

今回は吹き出しや強調アイコンとして使うことが多い、以下の図形「爆発: 8 pt」を使用します。

よく使用する図形「爆発: 8 pt」

まず、リボンの〔挿入〕をクリックし、〔図形〕の「爆発: 8 pt」を選択して図を挿入します。

図形を挿入

挿入した図を選択した状態で、〔書式〕の〔図形の編集〕から〔頂点の編集〕を選びます。

〔図形の編集〕から〔頂点の編集〕を選択

図が黒い点と枠に囲まれた状態になります。この黒い点である〔頂点〕が変更できる対象です。変更したい箇所の頂点をドラッグして移動させてみましょう。

頂点(黒い点)をドラッグして形を調整できる

頂点を移動させているうちに一部が歪んでしまった場合は、白枠の点〔ハンドル〕を移動させて、角度を調整してみてください。形を整えることができます。

角度調整前:図の下部が歪んでいる

角度調整前:図の下部が歪んでいる

角度調整後:歪みのない状態に修正されている

角度調整後:歪みのない状態に修正されている

もっと頂点を増やしたいときは〔Ctrl〕キーを押しながら、黒線の上をクリックしましょう。新しい頂点が追加されますので、同様に形を整えれば完成です。

逆に頂点を減らしたいときは、〔Ctrl〕キーを押しながら、頂点の上をクリックしましょう。

頂点の調整がうまくいかないときの解決方法

ハンドルが左右で連動してしまう

例えば、円の頂点を調整中に表示される「ハンドル」が左右で連動してしまい、思い通りの形が作れない、という場合には、〔Alt〕キーを押しながら操作しましょう。すると、片方のハンドルのみ動かせるようになります。

ハンドルが連動している時

ハンドルが連動している時

〔Alt〕キーで連動を解除した時

〔Alt〕キーで連動を解除した時

再度ハンドルを連動させたいときは〔Shift〕キーを押しながら動かしましょう。

ハンドルの幅が連動してしまう

ハンドルを使って調整するときに、幅の大きさは連動させず、角度だけを連動させたいときには、〔Ctrl〕キーを押しながら操作します。

〔Shift〕キーを押しながら動かすと、連動して左右の角度・大きさが変更される

〔Shift〕キーを押しながら動かすと、連動して左右の角度・大きさが変更される

〔Ctrl〕キーを押しながら動かすと角度は連動し、大きさは押した側だけ動かせる

〔Ctrl〕キーを押しながら動かすと角度は連動し、大きさは動かした側だけ変えられる

このように頂点の編集を使えば、企画書などの内容に合わせて最適な図形が自由に作れます。ぜひ試してみてくださいね。

古いOffice製品を使っていませんか?

買い切り型のMicrosoft Office製品を利用している方は、以下の点に注意が必要です。

  • ライセンス管理が必要
  • サポートが終了している(セキュリティが最新ではない )可能性がある
  • iOSやAndroid端末では使えない

これからパソコンやOfficeの買い替えを検討している方には、Microsoft 365がオススメです。Microsoft 365とは、クラウドでMicrosoft Office製品を利用することができるサブスクリプション型のサービスです。

今まで主流だった買い切り型の永続ライセンスとは違い、月額料金を支払うことで常に最新バージョンのOffice製品を使うことができるので、セキュリティも安心。また、サポート終了の心配もありません。

BIGLOBEでは、個人事業主や法人の方向けにMicrosoft 365を月額900円(税別)から提供しています。
※別途BIGLOBEオフィスサービス(有料)の契約が必要です。

利用するサービスによって月額料金は異なりますので、詳しくは以下のページからご確認ください。

Microsoft 365

BIGLOBEの法人向けMicrosoft 365