図形を編集して希望の図形を作る方法

今回は吹き出しや強調アイコンとして使うことも多い図形「爆発: 8 pt」を使用します。

sample.jpg

図形をつかう

  1. まずリボンの〔挿入〕をクリックし、〔図形〕の「爆発: 8 pt」を選択して図を挿入します。

    step01_01.jpg

  2. 挿入した図を選択し、リボンの〔書式〕をクリックした後〔図形の挿入〕にある〔図形の編集〕から〔頂点の編集〕を選びます。

    step01_03.jpg

  3. 図が黒い点と枠に囲まれた状態になりますが、この黒い点である〔頂点〕が変更できる対象です。変更したい箇所の頂点をドラッグして移動させてみましょう。

    step01_03.jpg

  4. 図の形が変化しましたが、数箇所移動させているうちに一部が歪んでしまいした。そんな時は白枠の点〔ハンドル〕を移動させて、角度を調整してみてください。そうすることで形を整えることができます。

    step01_04.jpg

    角度調整前、図の下部が歪んでいる

    step01_04-02.jpg

    角度調整後、歪みの無い状態に修正されている

  5. もっと頂点を増やしたいときは〔Ctrl〕キーを押しながら、黒線の上をクリックしてみましょう。新しい頂点が追加されますので、STEP3~4と同様に形を整えていけば完成です。

    step01_05.jpg

    頂点の追加

    step01_05-02.jpg

    追加した頂点の調整後

角度調整の連動設定

「頂点を追加して形を変更しようとしたら、頂点を挟んで左右のハンドルが連動してしまい自由に形が作れない!」というときの解決方法をご紹介します。

  1. 〔Alt〕キーを押しながら動かすと、連動はせず押した側だけ動かすことができます。

    step02_01.jpg

    ハンドルが連動した時

    step02_02.jpg

    〔Alt〕キーで連動を解除した時

  2. 再度連動させたいときは〔Shift〕キーを押しながら動かしましょう。また幅は連動させず、角度だけを連動させたいときは〔Ctrl〕キーを押しながら動かします。

    step02_03.jpg

    〔Shift〕キーを押しながら動かすと、連動して両方の角度・大きさが変更される。

    step02_04.jpg

    〔Ctrl〕キーを押しながら動かすと角度は連動し、大きさは押した側だけ動かせる。

いかがでしたか?頂点の編集を使えば、企画書などの内容に合わせて最適な図形が作れますよ。

※ Microsoft Office 365 における方法をご紹介しています。

Office使うなら月額払いのOffice 365がオススメ

Office 365とは、クラウドでMicrosoft Officeを利用できるサービスです。

今まで主流だった買い切り型の永続ライセンスとは違い、月額料金を支払うことで常に最新バージョンのOffice製品を使うことができるので、セキュリティも安心。また、サポート終了の心配もありません。

BIGLOBEでは、個人事業主や法人の方向けにOffice 365を月額900円(税別)で提供しています。

※別途BIGLOBEオフィスサービス(有料)の契約が必要です。

利用するサービスによって月額料金は異なりますので、詳しくは以下のページからご確認ください。

BIGLOBEの法人向けOffice 365