Excelで使える便利なショートカットキーをご紹介!今回は、フォントやサイズの変更・太字・下線・斜体です。WindowsとMacでは少し操作が異なりますので、チェックしてみてください。

※本記事の解説で使用しているキーボードとみなさまがお使いのキーボードでは、キーの位置が異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

フォントやフォントサイズの変更

フォントの種類やフォントサイズの変更ができる「セルの書式設定」ダイアログを表示するショートカットキーです。このダイアログを開くと、フォントの設定変更だけでなく、表示形式の変更などもできて便利です。

セルの書式設定ダイアログ

Windowsの場合

フォントの設定を変更したいセルを選択した状態で、〔Ctrl〕キーを押しながら〔1〕キーをクリックします。

セルの書式設定ダイアログを表示するショートカットキー(Windows)

Macの場合

フォントの設定を変更したいセルを選択した状態で、〔command〕キーを押しながら〔1〕キーをクリックします。

セルの書式設定ダイアログを表示するショートカットキー(Mac)

太字

Windowsの場合

太字にしたいセルを選択した状態で、〔Ctrl〕キーを押しながら〔B〕キーをクリックします。太字を解除したいときも同じショートカットキーで操作します。

太字にするショートカット(Windows)

Macの場合

太字にしたいセルを選択した状態で、〔command〕キーを押しながら〔B〕キーをクリックします。

太字にするショートカット(Mac)

斜体

Windowsの場合

斜体にしたいセルを選択した状態で、〔Ctrl〕キーを押しながら〔I〕キーをクリックします。斜体を解除したいときも同じショートカットキーで操作します。

斜体にするショートカット(Windows)

Macの場合

斜体にしたいセルを選択した状態で、〔command〕キーを押しながら〔I〕キーをクリックします。

斜体にするショートカット(Mac)

下線

Windowsの場合

下線をつけたいセルを選択した状態で、〔Ctrl〕キーを押しながら〔U〕キーをクリックします。下線を解除したいときも同じショートカットキーで操作します。

下線を付けるショートカット(Windows)

Macの場合

下線にしたいセルを選択した状態で、〔command〕キーを押しながら〔U〕キーをクリックします。

下線をつけるショートカット(Mac)

今回ご紹介したショートカットキーを活用すると、Excelの作業効率が上がります。

特に太字・斜体・下線のショートカットキーは、〔Ctrl〕もしくは〔command〕キーと各フォント設定アイコンのアルファベットの組み合わせなので、覚えやすいです。ぜひ活用してみてください。

古いOffice製品を使っていませんか?

買い切り型のMicrosoft Office製品を利用している方は、以下の点に注意が必要です。

  • ライセンス管理が必要
  • サポートが終了している(セキュリティが最新ではない )可能性がある
  • iOSやAndroid端末では使えない

これからパソコンやOfficeの買い替えを検討している方には、Microsoft 365がオススメです。Microsoft 365とは、クラウドでMicrosoft Office製品を利用することができるサブスクリプション型のサービスです。

今まで主流だった買い切り型の永続ライセンスとは違い、月額料金を支払うことで常に最新バージョンのOffice製品を使うことができるので、セキュリティも安心。また、サポート終了の心配もありません。

BIGLOBEでは、個人事業主や法人の方向けにMicrosoft 365を月額900円(税別)から提供しています。
※別途BIGLOBEオフィスサービス(有料)の契約が必要です。

利用するサービスによって月額料金は異なりますので、詳しくは以下のページからご確認ください。

Microsoft 365

BIGLOBEの法人向けMicrosoft 365