大きな表になると、横や縦にスクロールしていくと見出しが隠れてしまうことがあります。そんなときは、Excelの「表示」設定で、行と列の見出しを固定してみましょう。

行と列の見出しを固定する方法

1行目とA列を見出しとして固定してみましょう。まず、固定したい行と列、両方に隣接するセル(下の図ではB列2行目のセル)をクリックします。

ウィンドウ枠を固定する方法

次にツールバーから「表示」タブをクリックし、「ウインドウ枠の固定」をクリックします。すると、選択ウインドウがあらわれるので、「ウインドウ枠の固定」をクリックします。

これで設定完了です!

A列と1行目が見出しとして固定された画面

表を右方向、下方向にスクロールしてみましょう。いままでなら、A列や1行目が隠れてしまいましたが、常に表示された状態になります。

同じ方法で、「行だけ」あるいは「列だけ」を固定することもできます。

見出しの固定を解除するには

ウィンドウ枠の固定を解除するには、「表示」タブの「ウインドウ枠の固定」をクリックし、「ウインドウ枠の固定の解除」をクリックします。

ウィンドウ枠の固定を解除する方法

ウィンドウ枠の固定を活用して業務効率化

見出しを固定すると、資料も見やすくなるため、作業効率がアップします。早速活用して、業務効率を上げましょう。

古いOffice製品を使っていませんか?

買い切り型のMicrosoft Office製品を利用している方は、以下の点に注意が必要です。

  • ライセンス管理が必要
  • サポートが終了している(セキュリティが最新ではない )可能性がある
  • iOSやAndroid端末では使えない

これからパソコンやOfficeの買い替えを検討している方には、Microsoft 365がオススメです。Microsoft 365とは、クラウドでMicrosoft Office製品を利用することができるサブスクリプション型のサービスです。

今まで主流だった買い切り型の永続ライセンスとは違い、月額料金を支払うことで常に最新バージョンのOffice製品を使うことができるので、セキュリティも安心。また、サポート終了の心配もありません。

BIGLOBEでは、個人事業主や法人の方向けにMicrosoft 365を月額900円(税別)から提供しています。
※別途BIGLOBEオフィスサービス(有料)の契約が必要です。

利用するサービスによって月額料金は異なりますので、詳しくは以下のページからご確認ください。

Microsoft 365

BIGLOBEの法人向けMicrosoft 365