売り上げや商品価格、さらには販売数の平均など、エクセルのAVERAGE(平均)を使えば、どれも簡単に求めることができます。

AVERAGE(平均)の数式

エクセル関数は、基本的にセルに「=関数名(範囲や値など)」と記入します。

<例>

AVERAGE関数の記入例

上記では使用する関数が「AVERAGE」なので、関数名に「AVERAGE」と入力しています。

AVERAGE(平均)を使ってみよう!

では、実際にAVERAGE(平均)を使って、商品価格の平均値を出してみましょう。

<例>

image02.png
まず、平均価格を記入したいセル(ここでは「B11」)をクリックします。

次に「数式」のタブの中から「オートSUM▼」をクリックして、「平均(A)」を選びます。
※「ホーム」タブ内にも「オートSUM▼」があります。

image03.png

「平均(A)」をクリックすると、自動的に範囲が選択されます。
計算範囲を変更したい場合は、()内のセルの選択範囲を変更しましょう。

変更する必要がなければエンターキーを押します。

image04.png

「B11」セルにジュースの購入価格の平均値が表示されています。これでもう、購入価格の平均は「131.86」円であることが分かりましたね。

簡単に活用できる便利な関数ですので、ぜひ使ってみてください。

古いOffice製品を使っていませんか?

買い切り型のMicrosoft Office製品を利用している方は、以下の点に注意が必要です。

  • ライセンス管理が必要
  • サポートが終了している(セキュリティが最新ではない )可能性がある
  • iOSやAndroid端末では使えない

これからパソコンやOfficeの買い替えを検討している方には、Microsoft 365がオススメです。Microsoft 365とは、クラウドでMicrosoft Office製品を利用することができるサブスクリプション型のサービスです。

今まで主流だった買い切り型の永続ライセンスとは違い、月額料金を支払うことで常に最新バージョンのOffice製品を使うことができるので、セキュリティも安心。また、サポート終了の心配もありません。

BIGLOBEでは、個人事業主や法人の方向けにMicrosoft 365を月額900円(税別)から提供しています。
※別途BIGLOBEオフィスサービス(有料)の契約が必要です。

利用するサービスによって月額料金は異なりますので、詳しくは以下のページからご確認ください。

Microsoft 365

BIGLOBEの法人向けMicrosoft 365