Excelでアンケートやチェックリストを作成するとき、チェックボックスやラジオボタン、プルダウンは簡単に設置できます。ぜひ参考にしてみてください。

まずはリボンに「開発」タブを追加しよう

チェックボックスを作るためには、まずExcelのリボンに「開発」タブを追加しなければなりません。

「ファイル」の「オプション」をクリックします。

「ファイル」の「オプション」

「リボンのユーザー設定」を選び、右側のボックスから「開発」にチェックを入れます。

Excelのオプションから「開発」タブを追加

チェックを入れたら、「OK」をクリックしましょう。これで「開発」タブが追加されました。

開発タブが追加された画面

チェックボックスの追加方法

「開発」タブの「挿入」から、チェックボックスを選択します。

チェックボックスを選択

チェックボックスを表示させたいセルをクリックすると、チェックボックスが表示されます。

チェックボックスの隣には、仮のテキストが挿入されています。テキストを変更もしくは削除したい場合は、右クリックして「テキストの編集」をクリックしましょう。

チェックボックスのテキスト編集

チェックボックスを挿入したセルを選択して(この時はマウスよりキーボードのカーソルキーを使うほうがおすすめです)、セルの右下にマウスカーソルを合わせてそのまま下にドラッグすると、チェックボックスがコピーされます。

チェックボックスのコピー

チェックボックスのコピー完了画面

これでチェックボックスの完成です!

もしチェックボックスを削除したい場合は、右クリックして「切り取り」で削除できます。

ラジオボタンの追加方法

複数の選択肢からひとつを選ぶ「ラジオボタン」も作成してみましょう。

「開発」タブの「挿入」から、オプションボタンをクリックします。

ラジオボタンの選択

ラジオボタンを表示させたいセルをクリックすると、ラジオボタンが表示されます。

ラジオボタンを挿入したセルを選択して、セルの右下にマウスカーソルを合わせて右にドラッグすると、ラジオボタンがコピーされます。

ラジオボタンをコピー

ラジオボタンのコピー完了画面

先ほどのチェックボックス同様、ラジオボタンには仮のテキストが挿入されていますので、右クリックして「テキストの編集」からテキストを変更しましょう。 ほかのラジオボタンのテキストも同様に変更すれば、完成です!

ラジオボタンのテキストを変更して完了

プルダウンメニューの作成方法

最後は、複数の選択肢からひとつを選ぶ「プルダウンメニュー」です。

まず、プルダウンを作成したいセルを選択した状態で、「データ」タブの「データの入力規則」をクリックします。

「データ」タブの「データの入力規則」をクリック

ポップアップウィンドウの「設定」タブにある「入力値の種類」で「リスト」を選択します。

データの入力規則で「リスト」を選択

「元の値」の欄にプルダウン選択に表示したい選択肢をカンマ(,)区切りで入力します。選択肢は、あらかじめシートに入力しておき、範囲指定して入力する方法もあります。

入力を終えたら、OKをクリックしてプルダウンの完成です!

プルダウン作成完了画面

リストを変更するには「データの入力規則」を再度開いて、リストに修正を加えてください。

エクセルでチェックボックスやラジオボタンが作れると、使い方の幅が広がります。ぜひ活用してみてくださいね。

古いOffice製品を使っていませんか?

買い切り型のMicrosoft Office製品を利用している方は、以下の点に注意が必要です。

  • ライセンス管理が必要
  • サポートが終了している(セキュリティが最新ではない )可能性がある
  • iOSやAndroid端末では使えない

これからパソコンやOfficeの買い替えを検討している方には、Microsoft 365がオススメです。Microsoft 365とは、クラウドでMicrosoft Office製品を利用することができるサブスクリプション型のサービスです。

今まで主流だった買い切り型の永続ライセンスとは違い、月額料金を支払うことで常に最新バージョンのOffice製品を使うことができるので、セキュリティも安心。また、サポート終了の心配もありません。

BIGLOBEでは、個人事業主や法人の方向けにMicrosoft 365を月額900円(税別)から提供しています。
※別途BIGLOBEオフィスサービス(有料)の契約が必要です。

利用するサービスによって月額料金は異なりますので、詳しくは以下のページからご確認ください。

Microsoft 365

BIGLOBEの法人向けMicrosoft 365