Wordではページ設定で1行あたりの文字数、1ページあたりの行数を決めることができます。この設定は、文字数が決められている原稿を書くときに非常に便利です。

ただ、ときどき困るのが実際に書いてみたときに、指定した文字数や行数と違うこと。例えば、ページ全体で400文字になるように行数と文字数を設定したのに「実際にカウントしてみると、どちらもその通りにならない!」という経験をしている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、設定した文字数どおりにならない理由と、試してみたい対策を紹介します。

※この記事ではWindows10、Word 2019(Microsoft 365)を使用しています。

設定した文字数・行数にならない場合の理由と対策

実際の文字数通りにカウントされないときの対策ですが、まずは以下の5つを試してみるといいでしょう。

  1. 半角文字を全角文字に変換
  2. フォントを「プロポーショナル」、「メイリオ」「游明朝」「游ゴシック」以外に設定
  3. 「カーニングを行う」のチェックを外す
  4. 「ページ設定で指定した1行の文字数を使用する」にチェックを入れる
  5. 行間の設定を「1行」に設定

これらの対策をそれぞれ紹介していきます。

対策① 半角文字を全角文字に変換

文章内に「半角」と「全角」がまじっていると、実際に入力される文字数が設定と異なってしまいます。Wordの「ページ設定」で指定した文字数は、あくまで「全角」が基準になっています。

半角文字を全角文字に変換

まずは、文章中の半角文字を全角に変換しておきましょう。そうすることで、1行あたりの文字数が設定通りになります。

「Ctrl+A」を押して文章全体を選択します。

半角文字を全角に変換する方法①

次に「ホーム」タブの「文字種の変換」ボタンを選択し、出てくるメニューの「全角」を選択してください。

半角文字を全角に変換する方法②

半角文字を全角に変換する方法③

これで、文章の中に半角と全角が混じることによる文字数設定の食い違いを防ぐことができます。

対策② フォントをP(プロポーショナル)以外に設定

また、使っているフォントも原因となります。フォント名に「P」がついているフォント(「MS P明朝」や「MS Pゴシック」)は「プロポーショナルフォント」といい、文字によって大きさが違うことから、設定した文字数にはなりません。

そのためには、フォントを選択する際に、フォント名に「P」がついていないものを選びます。MSの明朝フォントなら「MS P 明朝」ではなく「MS 明朝」を選ぶといった具合です。

フォントをP(プロポーショナル)以外に設定する方法①

フォントをP(プロポーショナル)以外に設定する方法②

また、Pがついていないフォント名でもプロポーショナルフォントに分類されることがあるものもあります。Wordを使う方にとって代表的なものとしては「メイリオ」「游明朝」や「游ゴシック」などが挙げられます。

「プロポーショナルフォント」と「メイリオ」「游明朝」や「游ゴシック」を選ばなければ、フォントによって文字数が変わることは避けられるでしょう。

対策③ 「カーニングを行う」のチェックを外す

フォント設定によっても、1行あたり文字数が合わないことがあります。その一つが「カーニング」です。

カーニングとは、区切り文字(句読点、カッコ)や半角英数字などの間隔を自動的に詰めてくれる機能です。これがONになっていると、1行あたりの文字数が設定した通りになりません。機能がオフになっているか確認しておきましょう。

まず「レイアウト」タブの右端にある矢印(ページ設定のメニュー)を選択します。

「カーニングを行う」のチェックを外す方法①

ページ設定のメニューが出てきたら「フォントの設定」ボタンをクリックしましょう。

「カーニングを行う」のチェックを外す方法②

「詳細設定」タブを選択して「カーニングを行う」のチェックを外します。

「カーニングを行う」のチェックを外す方法③

あとは「OK」ボタンを押せば完了です。これで文字幅が自動調整されることによる食い違いはなくなるはずです。

対策④ 「ページ設定で指定した1行の文字数を使用する」にチェックを入れる

カーニングのオフとセットでやっておきたいのが、『ページ設定で指定した1行の文字数を使用する」にチェックを入れる』ことです。ここにチェックを入れておかないと、そもそも「ページ設定」で指定した文字数になってくれません。

「ページ設定で指定した1行の文字数を使用する」にチェックを入れる

対策⑤ 行間の設定を「1行」に設定する

最後は、行数の設定が変わってしまうことへの対策です。行間の設定で「1行」を設定するようにしましょう。1ページあたりの行数を設定するときに、行間が「1行」になっていないと、1ページが設定した行数通りになりません。

まずは「Ctrl+A」を押して文章全体を選択します。次に「ホーム」タブから「段落」設定のメニューアイコンをクリックします。

行間の設定を「1行」に設定する方法①

設定メニューの「インデントと行間隔」タブの「間隔」にある「行間」を「1行」に設定します。

行間の設定を「1行」に設定する方法②

文章を作る前にあらかじめの設定がオススメ!

Wordは高機能で色々な設定が関係してきますので、紹介した対策で全部OKとはいえませんが、ほとんどの場合で解決するはずです。

対策は文章を作った後でもいいですが、あらかじめ設定しておくと効率が良くなります。Wordの設定に是非取り入れてみてください。

古いOffice製品を使っていませんか?

買い切り型のMicrosoft Office製品を利用している方は、以下の点に注意が必要です。

  • ライセンス管理が必要
  • サポートが終了している(セキュリティが最新ではない )可能性がある
  • iOSやAndroid端末では使えない

これからパソコンやOfficeの買い替えを検討している方には、Microsoft 365がオススメです。Microsoft 365とは、クラウドでMicrosoft Office製品を利用することができるサブスクリプション型のサービスです。

今まで主流だった買い切り型の永続ライセンスとは違い、月額料金を支払うことで常に最新バージョンのOffice製品を使うことができるので、セキュリティも安心。また、サポート終了の心配もありません。

BIGLOBEでは、個人事業主や法人の方向けにMicrosoft 365を月額900円(税別)から提供しています。
※別途BIGLOBEオフィスサービス(有料)の契約が必要です。

利用するサービスによって月額料金は異なりますので、詳しくは以下のページからご確認ください。

Microsoft 365

BIGLOBEの法人向けMicrosoft 365