Excelのセル入力でちょっとだけ不便に感じるのが、入力したデータをそのまま編集したいとき。データ入力後、Enterを押すとアクティブセルが下に移動してしまいますが、場合によっては、移動せず「フォントや文字色を変えたい」という時もありますよね。

そんな時に便利なのが「Ctrl+Enter」(Macの場合 Command+Enter)のショートカットです。このショートカットを使えば、入力したセルがアクティブになり、そのまま編集できます。

また、複数のセルに同じデータを一括で入力することも可能です。

この記事では、そんな覚えて損なし、Excelでの「Ctrl+Enter」のショートカットの使い方を画像付きで解説します。

※この記事では、2021/9/13時点でのWindows10 Homeを使用して解説。バージョン等によって一部仕様が異なる場合があります。

入力後にセルを移動しないでデータを編集する

Excelの初期設定では、セルにデータを入力した後に「Enter」キーを押すと、アクティブなセルは1つ下に移動します。

セルにデータを入力した後に「Enter」キーを押す

アクティブなセルは1つ下に移動

しかし、入力後にアクティブなセルを移動したくないこともあります。例えば「フォントや文字色を変えたい」といったときです。

そんなときは、セルにデータを入力した後に「Ctrl+Enter」キーを押すと、セルを移動させないで編集することができます。

まずはセルにデータを入力、その後に「Ctrl+Enter」を押してみましょう。

「Ctrl+Enter」ならアクティブなセルが下に移動せず、データをそのまま編集できる

そうするとアクティブなセルが下に移動せず、データをそのまま編集できるようになります。

例えば、上の状態でツールバーからフォントや色を選べば、好みの文字に編集できます。

アクティブなセルが移動しないので、そのまま編集が可能

このように文字入力後、アクティブなセルを動かしたくないときに、「Ctrl+Enter」はとても便利です。

複数のセルに同じデータを一括入力する

「Ctrl+Enter」でもう1つ便利なのが、複数のセルに同じデータを一括入力できることです。

例えば、以下のような担当リストがあり、1行目、3行目、5行目に同じデータを入力したいとなったとき。標準の操作では、1行目に名前を入力、コピーして3、5行目に貼り付けする必要があります。

複数のセルに同じデータを入力したい場合

通常なら、それぞれのセルにコピペが必要

しかし、貼り付けはセルごとにしなければならず、数が多いと大変です。

こういった飛び飛びの位置にあるセルに同じデータを入力するときでも「Ctrl+Enter」を使えば一発で入力ができます。

使い方ですが、まず「Ctrl」キーを押したまま一括入力したいセルを選びます。
(Macの場合「Command」キーとなります。)

一括入力したいセルを選択する

セルを選択したら、最後に選択したセルにカーソルがあたっている状態で、データを入力します。

最後に選択したセルにデータを入力

その状態で「Ctrl+Enter」を押します。これでデータが一括入力できます。

「Ctrl+Enter」で選択したセルに一括で同じデータを入力できる

このように、選択したセル全てに同じデータが入力されました。コピーして貼り付けするよりも、早く作業をこなせて便利です。

Excel作業のスピードアップにぜひ活用を!

以上、Excelで使うと便利なショートカット「Ctrl+Enter」を使ったデータ入力のコツの紹介でした!

今回紹介したショートカットは、データ入力の効率化につながりますので、ぜひ活用してみてください。

古いOffice製品を使っていませんか?

買い切り型のMicrosoft Office製品を利用している方は、以下の点に注意が必要です。

  • ライセンス管理が必要
  • サポートが終了している(セキュリティが最新ではない )可能性がある
  • iOSやAndroid端末では使えない

これからパソコンやOfficeの買い替えを検討している方には、Microsoft 365がオススメです。Microsoft 365とは、クラウドでMicrosoft Office製品を利用することができるサブスクリプション型のサービスです。

今まで主流だった買い切り型の永続ライセンスとは違い、月額料金を支払うことで常に最新バージョンのOffice製品を使うことができるので、セキュリティも安心。また、サポート終了の心配もありません。

BIGLOBEでは、個人事業主や法人の方向けにMicrosoft 365を月額900円(税別)から提供しています。
※別途BIGLOBEオフィスサービス(有料)の契約が必要です。

利用するサービスによって月額料金は異なりますので、詳しくは以下のページからご確認ください。

Microsoft 365

BIGLOBEの法人向けMicrosoft 365