単語登録ってどんな機能?

単語登録とは、よく使う文章や変換されにくい単語などを登録しておく機能です。登録された単語や文章は、より簡単な操作で記述できるようになります。

例えば、メールでよく使う「お世話になっております。」という文章。これを単語登録すれば、「おせわ」と入力しただけで、変換候補に「お世話になっております。」と表示させることが可能になるのです。

単語登録するメリット

単語登録には、こんなメリットがあります。

  • 文字を全て入力しなくても定型文が入力できる
  • 変換しづらい単語や珍しい苗字などもすぐに変換できる
  • よく連絡を取り合う人のメールアドレスをすぐに入力できる

このように、単語登録は単に便利なだけでなく、タイプ時間やタイプミスの軽減にもつながるのです。

よく使う単語の登録方法

まず、「言語バー(IMEツールバー)」を右クリックして表示されるオプションで、「単語の登録」をクリックします。

言語バー(IMEツールバー)

言語バー(IMEツールバー)のオプション

「単語」の欄に登録したい単語を入力します。60文字まで登録できるので、文章でも可能です。

単語登録.jpg

「よみ」の欄に、登録した単語を予測変換で表示させる文字を入力します。上記の例では、「よろ」と入力したら、「よろしくお願いします。」と表示されるようになります。

変換の時により精度が上がるようになるため、品詞も選んでおきましょう。そして「登録」ボタンをクリックしたら完了です。

これまでひとつひとつ漢字変換して繋げていた方の名前や企業名も、これで一発変換できるようになります。

単語登録を利用する際の注意点

単語登録はとても便利な機能ですが、便利であるがゆえに注意しておきたい点があります。

  • メールアドレスを登録する場合には、似たアドレスに注意する(送信前には必ず確認する)
  • 単語を登録しすぎない(場合によっては逆に使いづらくなることも)
  • 他のパソコンでは登録されている単語が異なるため、単語登録に依存しすぎない

これらの注意点に気を付ければ、単語登録はとても便利な機能です。上手に活用して、業務効率化を図りましょう。

古いOffice製品を使っていませんか?

買い切り型のMicrosoft Office製品を利用している方は、以下の点に注意が必要です。

  • ライセンス管理が必要
  • サポートが終了している(セキュリティが最新ではない )可能性がある
  • iOSやAndroid端末では使えない

これからパソコンやOfficeの買い替えを検討している方には、Microsoft 365がオススメです。Microsoft 365とは、クラウドでMicrosoft Office製品を利用することができるサブスクリプション型のサービスです。

今まで主流だった買い切り型の永続ライセンスとは違い、月額料金を支払うことで常に最新バージョンのOffice製品を使うことができるので、セキュリティも安心。また、サポート終了の心配もありません。

BIGLOBEでは、個人事業主や法人の方向けにMicrosoft 365を月額900円(税別)から提供しています。
※別途BIGLOBEオフィスサービス(有料)の契約が必要です。

利用するサービスによって月額料金は異なりますので、詳しくは以下のページからご確認ください。

Microsoft 365

BIGLOBEの法人向けMicrosoft 365