スタートアップの設定方法

パソコン起動時にアプリケーションを自動的に立ち上げるには、「スタートアップ」という機能を使います。アプリケーションの起動はもちろんですが、特定のフォルダへのショートカットなどにも設定しておくことが可能です。毎日同じフォルダで作業する方におすすめです。

スタートアップの設定方法

  1. 画面左下の[スタート]ボタンを右クリックし、[ファイル名を指定して実行]を選択します。

  2. [ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスが立ち上がりますので、[名前]に「shell:startup」と入力し、[Enter]キー、または[OK]を押します。

  3. [スタートアップ]フォルダが表示されるので、あとはここに自動的に立ち上げたいアプリケーションや開きたいフォルダのショートカットアイコンをドラッグすれば完了です。

※ 上記の画像はWindows10での設定シーンです。

Office使うなら月額払いのOffice 365がオススメ

Office 365とは、クラウドでMicrosoft Officeを利用できるサービスです。

今まで主流だった買い切り型の永続ライセンスとは違い、月額料金を支払うことで常に最新バージョンのOffice製品を使うことができるので、セキュリティも安心。また、サポート終了の心配もありません。

BIGLOBEでは、個人事業主や法人の方向けにOffice 365を月額900円(税別)で提供しています。

※別途BIGLOBEオフィスサービス(有料)の契約が必要です。

利用するサービスによって月額料金は異なりますので、詳しくは以下のページからご確認ください。

BIGLOBEの法人向けOffice 365