近年、インターネットやスマートフォンの普及によって顧客行動が大きく変化しています。そのため、Webマーケティングの重要性が以前よりもさらに増しており、オウンドメディアを利用したマーケティングに取り組む企業も増加しています。中には、低コストで大幅な集客アップに成功した企業もあります。

今回はそんなオウンドメディアについて解説します。オウンドメディアが注目されている背景やメリット、作成時のポイントなどをご紹介します。

オウンドメディアとは

オウンドメディアとは「自社が管理するメディア」という意味です。具体的には、自社で運営するHPやブログ、SNSなどのことを指し、商品やサービスの情報を発信し、拡販につなげます。商品の開発背景や裏話、商品開発者のインタビューなど、自社でしか発信できない情報を掲載することで、顧客の興味関心を引き、顧客とのより強固な関係性を築くことが期待できます。顧客ロイヤルティを高めるのにも有効です。

「トリプルメディア」の一角

オウンドメディアの説明に欠かせないのが、「トリプルメディア」というキーワードです。トリプルメディアとは、メディアを「オウンドメディア」「ペイドメディア」「アーンドメディア」の3つに分類した呼び方です。

ペイドメディア

ペイドメディアとは、企業が広告費を払うメディアのことです。テレビCMや新聞・雑誌の広告、ネット広告などの従来型のメディアを指します。ペイドメディアは、不特定多数の消費者に自社の商品やサービスを認知させることができるという特長があります。いままで顧客ではなかった層にもリーチできるので、潜在顧客の開拓も期待できます。

効率良くユーザーの流入を増やすためにも、ペイドメディアをうまく利用するのがポイントですが、以下のようなデメリットもあります。

  • 多額の広告費がかかる
  • 一時的な集客に偏ってしまう
  • 消費者が「広告」として捉えてしまう

アーンドメディア

アーンドメディアとは、消費者などによって情報が自然に拡散するメディアのことです。SNSやテレビ番組、キュレーションメディアなどを指します。

アーンドメディアで拡散されれば、コストをほとんどかけずに宣伝でき、ユーザー流入の大幅な増加も期待できます。FacebookやTwitterなど拡散力のあるメディアで広がる消費者の生の声(口コミ)は、SNSを重点的に使う若い層を中心に最も影響力や信頼性があると言われています。

他方で、情報の拡散を企業側で制御できない点に注意が必要です。悪い口コミなどが拡散されてしまうと、企業価値の毀損や売上低下などにもつながるおそれがあります。

トリプルメディアを上手に使うことで相乗効果が生まれる

従来はメディアと言えば旧来型の「ペイドメディア」が主流でした。しかし現在は、「オウンドメディア」と「アーンドメディア」も合わせて使うことで、より効果的な宣伝が可能です。それぞれのメディアを目的に合わせて上手に使い分けることが重要です。

オウンドメディアが注目されている背景

オウンドメディアが注目され始めたのは、SNSが普及したころです。当時は海外製のSNSがブームになり、SNSユーザーが一気に増加しました。そしてそれを機に多くの企業が、SNSをビジネスに活用しようとしたのです。しかし、SNSだけではなかなか成果につなげることができませんでした。

そこで自社のWebサイトをコンテンツメディア化し、SEO対策を行い、自社のSNSと連携させることで、成果を出しやすくしたのです。

オウンドメディアのメリット

次に、オウンドメディアのメリットについてご紹介しましょう。オウンドメディアには以下のようなメリットがあります。

広告宣伝費の抑制

ペイドメディアの場合、大きな宣伝効果は期待できますが、その分コストも増大します。オウンドメディアは初期コストがある程度かかるものの、ペイドメディアに比べるとコストを抑えて運用できます。

また、オウンドメディアはコンテンツをストックしていけるので、それらが資産となり、一定のアクセスを維持できるのも特徴です。さらにSEO対策やSNSでの拡散がうまくいけば、ほとんどコストをかけることなく、PVを増やすこともできます。

ブランディングにつながる

オウンドメディアでは自由に自社の製品をアピールしたり、自社が持つノウハウを提供したりすることができます。高い専門性があり、読者にとって有益な情報が多く掲載されていれば、「多くのノウハウを持つ会社」として認識され、自社のブランド力がアップするはずです。自社固有の情報を発信することで、競合他社との差別化を図ることもできます。見込み顧客を取り込むとともに、顧客との接点を強化することで「ファン化」させることができれば、売り上げの向上も期待できます。

また、eBookやホワイトペーパーのダウンロードなどを通して、顧客のリードを獲得するなど、Webサイトを柔軟に活用できるのも強みです。Cookie情報や会員情報を取得することで、効果的なWebマーケティングの施策に生かすことも可能です。

地域に縛られない

インターネットには県境も国境もありません。オウンドメディアを利用すれば日本だけでなく、世界中にアピールすることが可能です。実際にオウンドメディアを通じて、地方の企業と都心の企業が取引を行ったり、海外の顧客を獲得したりする事例もあります。

企業間競争が激しくなっている中では、新しい顧客層の開拓や新市場の創出は、企業が成長するために重要になります。新しい地域、市場、客層など、今までリーチできていなかった領域に、比較的容易にチャレンジできるのもオウンドメディアの強みと言えるでしょう。

オウンドメディア作成時のポイント

次は、オウンドメディアを作成する際のポイントについて解説しましょう。ここでは、オウンドメディアの代表的な手法である「ブログ」の作成を例に挙げて説明します。

目的の設定

まずは、「なぜブログを立ち上げるのか」をはっきりさせましょう。自社製品の認知度を向上させるためなのか、見込み顧客を増やすためなのか、ブランド力のアップにつなげるためなのか、コンバージョンを増やすためなのかなど、目的によって最適な戦略も異なるからです。

ペルソナの設定

ペルソナとは、ターゲットとなる一人の「仮想ユーザー」のことです。ペルソナを設定することでユーザーの視点に立ち、細かなニーズが見えてきます。ペルソナは、性別や年齢、住所、職業だけでなく、収入、性格、行動パターン、趣味など、細かい設定を行うことがポイントです。

▼参考記事▼
ペルソナとは?マーケティングにおける活用方法やメリット・設定時の注意点

しっかりとリサーチしたうえでのSEO対策

インターネットの世界でアクセスを増やすためには、検索エンジンで上位表示を目指すSEO対策が欠かせません。そして効果的なSEO対策を行うためには、入念なリサーチが必要です。キーワード選定、タグ設定、ページの表示スピードなど、さまざまなSEO対策を行うことで、より多くのユーザーにリーチできます。

また事前対策に加えて、ページを公開した後のフォローも大切です。どのくらい読まれているのか(読まれていないのか)、どんなキーワードで検索されているのか、コンバージョン率などについても分析し、随時コンテンツの修正や更新が必要です。

▼参考記事▼
SEOの基礎知識と考え方|具体的な対策方法と便利なツールを紹介

内容が予想できる分かりやすい見出し

ブログで価値のある記事を書く場合は、一定のボリュームはもちろん、見出しにも気をつけなければなりません。見出しだけである程度内容が把握できるようなものが、効果的だと言われています。Webサイトや記事を制作する際には、ユーザーの視点に立って作ることが何よりも大切です。

読み手に配慮した表現やレイアウト

日本語の記事では、漢字・ひらがな・カタカナの他、数字やアルファベットも使われます。これらをバランス良く組み合わせ、読みやすい表現にすることがポイントです。また、改行や段落、文字の大きさや画像の位置など、レイアウトも読みやすさに影響するので、制作時に意識するようにしましょう。

さらに近年は、パソコンに加えてスマートフォン、タブレットなど、デバイスも多様化しています。それぞれのデバイスに適したWebサイトの表示が必要になります。誰が、いつ、どのようなシチュエーションで記事やWebサイトを見るかということも意識して制作することが大切です。特にスマートフォンでの閲読性は、これまで以上に留意する必要があるでしょう。

オウンドメディアの運用ノウハウを持つ事業者の活用も

オウンドメディアをうまく活用すれば、会社や商品の認知度を向上させ、顧客を倍増させることも不可能ではありません。ただ、オウンドメディアは制作すれば良いという単純なものではありません。競争は年々激化していますから、コストをかけて作成しても、結果が伴わないこともあるでしょう。実際、検索で上位に食い込むのは簡単ではなく、随時コンテンツの修正や更新が必要です。オウンドメディアの運用ノウハウを持つ信頼できる企業にご相談することをおすすめします。

クラウド型CMSを導入するならPattern Style CMS