画像補正とは、画像の「明るさ」や「暗さ」「コントラスト」「色味」を調整することです。そしてPhotoshopで画像補正をするとき、使い方を知っていると便利なのが「トーンカーブ」です。

一度使い方を覚えてしまえば、画像の「明るさ」や「暗さ」「コントラスト」「色味」を直感的にしかも素早く調整できるようになるオススメの機能です。

この記事では、「トーンカーブ」の基本について解説。また、読んだ後、すぐに活用できる使い方を紹介します!

Photoshopの「トーンカーブ」機能とは?

「トーンカーブ」とは、写真の明るさや暗さ、コントラストなどを補正する機能です。

トーンカーブというのは、グラフになっている曲線のこと。実際には以下のようなグラフで表示されます。

Photoshopの「トーンカーブ」

グラフは下の部分が「入力値」となっていて、画像が元々持っている明るさの情報を示しています。

入力値=元々の明るさ

左側が「出力値」といって、変更後の明るさの情報となります。

出力値=編集後の明るさ

グラフを変えると出力の情報が変化します。入力と出力の情報は、以下を意味します。

  • 入力<出力=元の画像より明るい
  • 入力>出力=元の画像より暗い

トーンカーブの背景にあるのは「ヒストグラム」で、画像に含まれる明るさの分布をグラフで示したものです。

向かって右側が明るい部分、左側が暗い部分を指します。山の高さが情報量(ピクセル数)となります。右の山が多いほど「明るい部分が多い画像」ということを意味します。

ヒストグラムの見方解説

このトーンカーブでは線を上下していくことで、画像の色調を補正することができます。

例えば、画像を明るく補正したい場合にはグラフを上に上げていきます。

こちらが、補正していない状態の画像です。

補正前の画像

グラフの線を上げると画像全体が明るく補正されます。

補正後の画像

そして上にあげると、グラフ下の値も「入力<出力」となりました。

明るくすると、グラフ下の値が「入力<出力」となる

逆にグラフの線を下げると暗く補正されます。

グラフを下げると暗く補正される

グラフ下の値も今度は「入力>出力」となりました。

暗くするとグラフ下の値も「入力>出力」となる

トーンカーブでは、ある一点を上下するとグラフも変化。画像全体が補正され、写真として違和感が出ないようになっています。

グラフの1点を下げると、グラフ全体も自動で下がる

線を変えるポイントは「コントロールポイント」と呼ばれ、複数つけることが可能です。

「コントロールポイント」は複数つけることが可能

このポイントを複数つけてグラフを上下していくことで、「明るいところはより明るく」「暗いところはより暗く」といった微修正が行えるようになっています。

コントロールポイントを複数つけることで画像の明るさの微修正が可能に

明るさやコントラストの補正は、Photoshopの「明るさ・コントラスト」「レベル補正」機能でもできます。

しかし、トーンカーブなら、線上にコントロールポイントをつけて線を移動するだけでOK。上下左右に動かすだけで補正ができるので、初心者でも直感的に色調補正ができる機能となっています。

「トーンカーブ」の基本的な使い方

最初に「トーンカーブ」の基本的な使い方を説明していきます。

画像を開いて「背景レイヤー」がある状態にする

まずは、Photoshopを起動して編集する画像を開きましょう。画像を開いた状態で「背景レイヤー」になっていることを確認します。

開いた画像が「背景レイヤー」になっていることを確認

「トーンカーブ」レイヤーを作成する

次にトーンカーブツールを起動します。「色調補正」パネルから「トーンカーブ」を選択しましょう。以下の赤い枠にあるグラフのようなアイコンです。

「色調補正」で「トーンカーブ」を選択

クリックして「トーンカーブレイヤー」が追加されたことを確認します。

「トーンカーブレイヤー」が追加されたことを確認

これでトーンカーブを使う準備ができました。

「ポイント」を上下して「明るさ(暗さ)」を調整する

それでは実際に、画像の明るさを調整する操作を行っていきます。

まず線の上にポイントを指定します。指定はマウスをクリックするだけでOK。ポイントを作ると線を上下できるようになります。

グラフの線の上をクリックしてポイントを指定

試しに動かしてみてください。

トーンカーブでは上方向へのスライドで画像が明るくなり、下方向へのスライドで暗くなるようになっています。

画像は、右半分だけにトーンカーブの色調補正を適用した状態です。

右半分を明るく色調補正した画像

右半分を暗く色調補正した画像

「指先ツール」を使って補正したい箇所をピンポイントで見つける

トーンカーブを使うときは「コントロールポイント」を指定していきますが、この時便利なのが「指先ツール」です。

これは画像のどの位置に、グラフのポイントがあるのかを簡単に見つけられる機能です。

まず、トーンカーブパネルの「指アイコン」をクリックします。

「指アイコン」をクリック

ツールを選択すると、スポイトアイコンが出てくるので、補正したい箇所をクリックしてみてください。

そうするとトーンカーブ上に該当部分のポイントが表示されます。

画像をクリックするとグラフ上にポイントが表示される

そこをコントロールポイントにすれば、クリックした箇所を基準に補正を行えます。

ちなみにコントロールポイントは最大14個までつけられます。

コントロールポイントは最大14個までつけられる

あとは、コントロールポイント毎に線を上下していけば、明るさやコントラストを微修正できます。

コントロールポイントの削除は、ポイントを選んだ状態でDeleteキーを押せばOKです。

ポイントを選んだ状態でDeleteキーを押せばコントロールポイントを削除できる

以上が、一番基本的なトーンカーブの使い方でした。

以下のポイントさえ覚えておけば、「明るさ(暗さ)」の補正は自在に行えるようになるはずです。

  • 補正したい箇所を指先ツールでポイント指定
  • 指定した色を明るくするには上にスライド
  • 暗くしたいなら下にスライド

トーンカーブ操作で覚えておくと便利な2つのコツ

次に、基本的なトーンカーブ操作にプラスして、覚えておくと便利に使えるちょっとしたオススメ技をご紹介します。

コツ① ビフォー・アフターを確認しながら作る

1つめは「ビフォー・アフターを確認しながら作る」ことです。

画像全体を補正すると「元の画像からどれくらい変わったか?」がわかりにくくなります。元の画像を開き直すのも面倒です。

そこで「ビフォー・アフター」を確認できるようにしておくと、比較が楽になります。

Photoshopでは、「レイヤー」を非表示にできます。
画像補正を行ったら、「トーンカーブレイヤー」を表示したり、非表示にしたりしてビフォーアフターを確認するといいでしょう。

操作は簡単。レイヤーパネルの「目のアイコン」をクリックするだけです。

「目のアイコン」をクリック

そうすると、レイヤーが非表示の状態になります。

レイヤーが非表示の状態になった

こうすることで、補正前の画像のみが表示され、比較が可能となります。

元画像と比較しながら調整できる

非表示にしたレイヤーを再度表示したい場合は、また「目のアイコン」をクリックすればOKです。

レイヤーの表示、非表示を使ってビフォーアフターを比べながら補正していくと、作業がスムーズになります。

コツ② ポイントを「3点」にしてS字曲線を意識する

次は、トーンカーブのポイントをつけるときにオススメしたいコツです。

いざポイントを指定しようとしても「どこを修正すればいいかわからない」となりがちです。

そのようなときにオススメなのが、以下のようにしてS字曲線を作ることです。

  • ポイントを右上、真ん中、左下の「3点」に決め打ち
  • 右上のポイントは上方向にスライド
  • 左下のポイントは下方向にスライド

こうすることで、中間の部分はそのまま、明るい部分は明るく、暗い部分はより暗くなり、いい具合にコントラストが調整されます。

ポイントを決め打ちする

トーンカーブを「S字」にしておけば、高コントラストでメリハリのある画像ができあがります。

トーンカーブを「S字」にする

あとはここから、微修正をしていけばOK。

まずはメリハリのある画像を作って、微調整していく。そうすると、自然と素早く仕上げることができるのでオススメです。

トーンカーブは直感的に画像補正ができてオススメ

トーンカーブは、線(カーブ)を上下するだけで直感的に、かつ細かく画像補正ができる便利なツールです。今回、紹介したコツを使うだけでも、作業が楽になりますので、是非試してみてください!

ちなみに、高度な画像編集やフォトレタッチ、写真の加工をしたいならココナラがオススメです。業界最安水準の価格でプロに作業を依頼できます。