「パソコンに入っている大事なファイルをうっかり削除してしまった!」という経験はないでしょうか。1日かけて作った大事なドキュメント、想い出の写真などを気づかないうちに消しまった……となると、すごく焦ってしまいますよね。

しかし、Windows10には、救済策があります。この記事では救済策として「うっかりファイルを削除してしまった場合の復元方法」を紹介します。
※この記事ではWindows10 Home(20H2)を使用しています。

削除した直後なら「ごみ箱を元に戻す」で復元

まず最初に試したいのが「ごみ箱を元に戻す」です。

Windowsではファイルを削除した直後(初期設定では30日以内)は、ごみ箱フォルダーに移動されます。その期間「ごみ箱を空にする」という作業をしていなければ復元が可能です。

以下の3ステップで復元できます。

  1. ごみ箱アイコンをクリック
  2. 「ごみ箱ツール」を選択
  3. ごみ箱の画面上にある「選択した項目を元に戻す」をクリック

ゴミ箱からファイルを復元する方法

これで、間違って削除してしまったファイルが元あったフォルダーに復活します。

Windows10の「ファイル履歴」を有効にしておく

問題は、すでにごみ箱にはないときです。「ごみ箱を元に戻す」をしても復元しません。

この場合は「ファイル履歴」から復元できる可能性があります。

ちなみに「ファイル履歴」は、一定時間ごとに個人用フォルダー(マイドキュメント、デスクトップ、ダウンロードなど)を自動バックアップしてくれる機能です。

この機能を有効にしておけば、ファイルを削除する前の状態に戻せます。さらに間違ってファイルを上書きしてしまった場合にも有効です。ただし、この機能を使う場合には外付けハードディスクが必要です。

この機能は、初期設定でONになっていません。「ファイル履歴」を使うには、有効にしておく必要があります。

Windows10の「設定」から「更新とセキュリティ」を選択、「バックアップ」メニューに表示されている「その他のオプション」を選びます。

「ファイル履歴」を有効にする方法

バックアップオプションの画面に移ったら、ドライブの追加ボタンがあるので、そこから外付けハードディスク(Cドライブ)などを指定します。

次に、以下を決めていきます。

  1. ファイルのバックアップの実行(バックアップのタイミング)
  2. バックアップを保持(ファイルの保持期間)
  3. バックアップ対象のフォルダー
  4. 除外するフォルダー(3のフォルダー内で除外するモノ)

これはどういったタイミングでどのくらいの期間、ファイルをバックアップするかの設定です。

初期設定だと、タイミングは1時間、ファイルの保持期間は無制限となっています。ここは目的や好みに応じて決めましょう。

バックアップのタイミングや期間は好みで設定

ちなみに「バックアップ対象のフォルダー」の「+」ボタンをクリックして、対象を追加できます。

バックアップ対象を追加

フォルダーアイコンをクリックしたら出てくる「取り出し」をクリックすると、対象から外せるようになっています。

バックアップ対象から外す方法

バックアップしておきたい対象のフォルダーを選びましょう。

設定ができたら「今すぐバックアップ」で試しにバックアップしてみます。

「今すぐバックアップ」で初回バックアップを開始

バックアップが終わると、復元ができるようになっています。

バックアップオプション画面を下にスクロールして、関連設定の「現在のバックアップからファイルを復元」をクリック。

「現在のバックアップからファイルを復元」

バックアップされたファイル一覧が出てくるので、復元したいフォルダーを選んで復元ボタンをクリック。

復元したいフォルダーを選んで復元ボタンをクリック

これでごみ箱を空にしてしまったときでも、ファイルの復元ができるようになりました。

なお、復元している最中、ファイルの上書きを聞かれたときは「ファイルは置き換えずスキップする」を選ぶのがオススメです。上書きしてしまうと、復元したくない最新のファイルまで古い日付の物になってしまうからです。

復元している最中、ファイルの上書きを聞かれたときは「ファイルは置き換えずスキップする」を選ぶのがオススメ

最後の手段は「Windows File Recovery」

最後に「ごみ箱にはすでにない」「ファイル履歴も有効にしていない」という時に試したいのが、「Windows File Recovery」です。

これはドライブごとスキャンして、特定のファイルを復元するMicrosoftの公式ツールです。ハードディスクに情報が残っていれば、ファイルを復活してくれます。標準では搭載されていないので、プログラムを「Microsoftストア」からダウンロードします。

このツールは「コマンドプロンプト」で動作します。ツールバーの検索アイコンをクリックして、入力欄に「cmd」と入力しましょう。

コマンドプロンプトのメニューが表示されるので「管理者として実行」を選択し、コマンドプロンプトを起動します。

コマンドプロンプトを起動

起動したらコマンドを入力します。

基本的には、「winfr 復元するドライブ: 保存先のドライブ:」となります。

例えば、「winfr c: d:」と入力した場合、「Cドライブ全体を復元して、Dドライブに保存」されます。ただ、これではドライブ全体が復元されてしまいます。

加えて後ろに、「/n *.ファイルの拡張子」と入力します。こうすることで特定の拡張子のファイルのみ復元することができます。

例えば、CドライブのエクセルファイルをDドライブに復元するのなら、「winfr c: d: /n *.xlsx」と入力すればOKです。

winfr c: d: /n *.xlsxと入力

コマンド入力画面

あとは、プログラムが起動するので「Continue?(y/n)」と聞かれたら、「Y」キーを押します。

「Y」キーを押す

復元対象があると「View recovered files?(y/n)」と聞かれるので、「Y」キーを押しましょう。

「Y」キーを押す

処理が終わると、保存先ドライブに実行日付のフォルダーができているので、復元できたかファイルをチェックします。

復元フォルダーをチェック

うっかり削除の対策にぜひ!

どの対策も100%の保証はありませんが、覚えておくといざという時に安心です。ファイルを削除してしまう前に事前に準備できるものは、是非試してみてください。

古いOffice製品を使っていませんか?

買い切り型のMicrosoft Office製品を利用している方は、以下の点に注意が必要です。

  • ライセンス管理が必要
  • サポートが終了している(セキュリティが最新ではない )可能性がある
  • iOSやAndroid端末では使えない

これからパソコンやOfficeの買い替えを検討している方には、Microsoft 365がオススメです。Microsoft 365とは、クラウドでMicrosoft Office製品を利用することができるサブスクリプション型のサービスです。

今まで主流だった買い切り型の永続ライセンスとは違い、月額料金を支払うことで常に最新バージョンのOffice製品を使うことができるので、セキュリティも安心。また、サポート終了の心配もありません。

BIGLOBEでは、個人事業主や法人の方向けにMicrosoft 365を月額900円(税別)から提供しています。
※別途BIGLOBEオフィスサービス(有料)の契約が必要です。

利用するサービスによって月額料金は異なりますので、詳しくは以下のページからご確認ください。

Microsoft 365

BIGLOBEの法人向けMicrosoft 365